FC2ブログ

内視鏡検査入院(2017.11.20)

こんばんわ☆
気が付けば、もう11月も終わりですね(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)!!

本日、人生初の胃がん健診を受けて、バリウムをガッツリ
飲んできました(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

たっぷり入ったバリウムを全部飲み切れる自信が無くて、
飲んでいる途中で、検査員のオジ様に

「これ、全部飲んでしまって大丈夫ですか?
 (心の声:これ、半分くらい残してもいいですか?)」


と尋ねたところ、
えぇ!!おかわりもたくさんあるので、
 安心して飲んでくださいv(o゚∀゚o)v
と笑顔で切り返されましたゎ・・・(=∀=)
さすがベテラン検査員のオジ様ですゎ。。。

前日夜9時~何も食べてませんでしたが、おかげ様で、
バリウムで胃がいっぱいになりました(ノ´▽`*)b


さてさて、最近の出来事を書かせていただきます。
先週、おかげさまで内視鏡検査が無事に終わりました(^-^)/
正直、検査入院の日まで、体調を崩さないかハラハラでした。

変な目のいぶき

 ↑ 突然、目の形のシールを、自分の目に貼ったいぶき・・・
    最近、ひょうきん者になってきました(*´~`*)


昨年は、入院前まで風邪をひいたりしていて、万全な体調と
自信を持って言える状態ではなかったので、入院するまでに
お医者さんなどから診察受けたり等、大層苦労しました・・・( ノД`)

今回は体調面では特に問題なくクリアして、スムーズに受付が
進んだのですが・・・今年もやはり、入院受付近くにある
アンパンマンの自販機との格闘は避けられませんでした(=∀=)

昨年もすぐ脱走していたのですが、脱走癖に磨きがかかり、
受付と自販機の間をひたすら親子でダッシュ!!
を繰り返していたため、受付の看護師さんに苦笑されてました。


ちなみに、昨年の入院は、こんな感じでした(´∀`*;)ゞ ↓

<2016年の内視鏡入院記事>
検査入院(2016.09.07)① ~入院受付にてアンパンマン自販機と闘う~
検査入院(2016.09.07)② ~内視鏡に関する説明~
検査入院(2016.09.07)③ ~いぶきの検査結果&食道静脈瘤に関する補足情報~


今回の入院でも、朝食は7時半まで。以後は飲食禁止。
9時半、入院受付ということだったのですが、
受付がスムーズに済んだので、10時半には病棟に来れました。
(昨年は、なんだかんだで11時半まで病棟に来れず、
 入院受付だけでぐったりでした・・・汗)

前回同様、11時に脱水予防用の最後のお茶をいただき、
検査の説明を、麻酔科の先生と主治医の先生から受け、
色々な同意書にサインしたりしましたが、11時半にはすべての
準備が完了し、自由時間になりました(*´~`*)
昨年とは大違いです・・・ォ━━(#゚Д゚#)━━!!
やっぱり、入院前の体調管理は大事ですね・・・(涙)。


内視鏡に関する説明内容などは、昨年と同様だったので
割愛します。
(上記の『検査入院(2016.09.07)② ~内視鏡に関する説明~』
 に内視鏡検査に関する詳しい説明を記載してありますので、
 気になる方は見てくださいね☆)


自由時間になるとすぐに、いぶきはプレイルームに行きたがり、
1時頃まで遊んでいました。

本当はもっと遊びたそうだったのですが、私の方が眠くなってしまい、
無理矢理、病室に連れて行きました(笑)。
検査が終わるまで絶食なので、とりあえず他の子達が食べている
時間だけでも、ご飯関係のものが見えないプレイルームに避難
できていたので、まぁ、良いでしょう・・・(。-_-。)

昨年は検査の時間が1時からだったのですが、
今回は3時からだったので、時間が潰せるか心配でしたが、
ベッドで少し遊んでから、検査直前までお昼寝してくれました。

朝7時半に食べて以降、何も食べていなかったので、
寝付きが大層悪く、グズリながらのお昼寝でしたが・・・:(´◦ω◦`):

予定時間は3時からだったのですが、前に行われていた手術などが
早く終わったらしく、2時半からの開始になりました(*≧∪≦)
開始が早まって、良かったです!!

検査室には昨年同様、抱っこをした状態で入室。
手術着の先生達にたくさん囲まれていたせいか、
昨年の記憶があったのかわかりませんが、少し暴れてました。

お昼寝もしてしまったので、ちゃんと寝るのか心配でしたが、
麻酔のマスクしてしばらくしたら、ちゃんと寝ました(笑)。

麻酔前に、看護師さんがお腹周りとか確認していたのですが、
やはり、皮膚移植で皮を剥いだ場所が気になったみたいで、
聞かれました・・・( ノД`)

健診とか、裸になる機会があるたびに聞かれる質問なんですが、
聞かれるたびに、やはり肩身の狭い思いをしております(汗)。

皮膚移植によるものだと言うと、先生たちが
「こんなに綺麗に元に戻るものなんだねぇ!!」
と感心しておりました(´∀`*;)ゞ

1時間ほどの予定で、検査が開始されたので、遅めのお昼を食べ、
病室で検査終了のお知らせが来るのを待ちました。
処置した場合は、時間が伸びるため、終了予定時間の頃は
ソワソワしながら待っていました(=∀=)

内視鏡検査2017

↑ 検査後のいぶき。麻酔で寝てます。


検査は、無事、予定時間で終わりました。
いぶきは、眠らせた状態で戻ってきました。

先生から説明を受けた検査結果としては、

・今回は処置をせずに、検査だけで終了した。
 ただし、食道静脈瘤が1本成長しているようだったので、
 半年後に、もう一度検査が必要。

・内視鏡を入れた際に、結構、咳き込んだため、やはりノドが弱い
 可能性が高い。
 食道静脈瘤の治療として、βブロッカーを使用したいが、
 ちょっと難しいかもしれない。

・今回の検査では、咳き込みを抑えるために、ノドを拡張させる作用
 がある薬を使用して処置を行った。


ということでした。

半年後の検査ということで、若干の不安は残りますが、
でも今回の検査は、無事にパスできたということで、一安心でした。


主治医の先生からの説明の後に、オペ室の担当看護師の方が
来てくださったので、今まで不安に思っていた
『食道静脈瘤が破裂した場合、どうすればいいのか?』
ということを聞いてみました。

看護師さん曰く、
「とりあえず、落ち着いて、救急車を呼ぶこと」
ということでした。
(当たり前と言えば、当たり前かもですが・・・
 火傷をした際の経験上、実際にコトが起こるとパニックで、
 正常な判断が迅速にできなくなってしまうことがあるので、
 とりあえず落ち着くこと。そして救急車を呼ぶこと。
 が大事なのだと肝に銘じました)

食道静脈瘤は、10代くらいだと結構な血を吐くので、
見ている方は結構、ビックリするそうです。

ただ子どもの場合は、命に関わることは少ないそうです。
(大人の場合は、血管が太くて硬いので、致命傷になる)

そしてお腹の中での出血であるので、普通の止血と違って、
専門機関でないと止血できないため、救急車を呼ぶ必要が
あるということです。
(普通、手のケガであれば、ケガの箇所を圧迫するなどして
 血を止めるのだが、お腹の中なので、お腹を押さえても止血
 することはできず、専門機関で口から管?を入れて、
 お腹の中で、バルーンを膨らませて、内側から圧迫することで
 止血するので、専門機関での処置が必要とのこと)

だから、もし食道静脈瘤が破裂したら、
『命に関わる状態ではない』と、まず心を落ち着かせ、そして
『病院での処置が必要』なので、救急車を呼ぶという行動をする。

・・・う~ん・・・とはいえ、実際に自分がテキパキ行動できるかは
自信ないけど、とりあえず、どういう行動をすればいいのか
改めて確認できたのは良かったです(*・`ω´・)ゞ


いぶきは何だかんだで、検査後、5時半くらいまで、寝ててくれました。

起きてから、お茶を飲み、吐いたりしないか経過観察しながら、
問題なさそうであれば夕食開始ということになりました。

普段、あまりお茶を飲まないのですが、さすがに半日近く絶食状態
だったためか、喜んで飲んでました。

半分飲んで、残そうとしてましたが、看護師さんから
「全部飲み切らないと、夕食をあげられない」ということを聞くと、
未だかつてないスピードでお茶を飲み干しておりましたΣ(´Д`*)

本気出せば、こんなに早く飲めるんだね・・・
普段もぜひとも、これくらいのスピードで飲んでくれれば楽なのに・・・

そして飲み終えたらすぐにご飯!!・・・と思いきや・・・
「30分経って、吐いたりとかしなければ、ご飯持ってきますね☆」
と言う看護師さん・・・(゚д゚)!!

いぶきはご飯がすぐもらえると思っていたので、待っている間の30分が
超絶うるさかった・・・ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!

「ご・・・はん・・・ご・・・はん・・・」と繰り返し訴えてきてたけど、
どうすることもできず・・・(汗)。

最終的に、「ご飯、ください」って、看護師さんにお願いする練習をする
ように促し、「ご・はん・・・サイ!!」って、一生懸命、繰り返してました。

夕飯持ってきた看護師さんに、「ご・はん・・・サイ!!」を必死に言ってて、
必死過ぎて看護師さんも笑ってました。


夕飯を食べさせた後、パパと交代し、パパが泊まり込み&退院まで
してくれて、私はあかりと帰宅。

あかりもパパが帰宅するまで、ご近所さんに預かっててもらったり、
早朝預かりで幼稚園に行ったこともあり、ぐったりしてました(つω-`。)。

今回の検査入院、一泊二日でしたが、本当に色々な人の手助けを得て、
何とか乗り越えたという感じで、改めて周りの人にも感謝感謝でした☆


スポンサーサイト

歯科大へ健診に行ってきました

こんばんわ☆
今日は歯科大へ、いぶきの歯の健診に行ってきました。

5月に虫歯の進行止めを塗ってもらって以来、
8月・11月と、3カ月ごとに健診を受けて、
歯の様子を随時チェックしている状態です(=∀=)


まだ2歳なのに虫歯で、しかも進行止めを塗っていることもあり、
歯がハッキリと黒くなっているので、よく子ども達から、
「何で歯が黒いの~?」と無邪気に聞かれます・・・:(´◦ω◦`):

心の中で
『何でって・・・親である私が、歯の手入れを怠っていたからだよ( ノД`)』
と思い、毎回、罪悪感に駆られますが、質問した子には丁寧に(?)、
「これは虫歯でね。。。ちゃんと歯磨きしていないと、
 こういう風になって、大変なことになるんだよ・・・
 これから歯を削って治療しなきゃいけないんだぁ~( ゚Д゚)」
って教えてあげると、だいたい顔を硬直させてくれます(笑)。

そぅ。。。いぶきは虫歯の進行止めを塗っているものの、今後、
おとなしく治療を受けられる年齢になったら(3~4歳くらい)、
虫歯の箇所を削って、治療しなきゃならないのです。。。ヽ( ̄д ̄;)ノ

虫歯が悪化していないか、新たな虫歯ができていないか心配
だったのですが、今回は大丈夫とのことで、ホッとしました(ノω`*)ノ

また3か月後の健診に向けて、虫歯を作らないように気をつけなくては!


いぶきも来月で2歳半になりますが、最近、やっと歯磨きに慣れてきて
くれたようで、少しは磨かせてくれるようになりました。

以前は、大暴れしながらの歯磨きタイムで、いぶきの両手を
自分の両足を使って抑え込み、体を固定した状態で、
ほぼ無理矢理、口に歯ブラシを入れて磨こうとするも、
いぶきが歯でガッチリ、歯ブラシを噛み、全然動かせないような状態で、
歯を磨かせてくれませんでした・・・
しかも大泣きで抵抗するので、気持ち的にも滅入りました。。。

そして全然歯磨きできない割に、ガッツリ噛んでくれるので、歯ブラシは
すぐに毛先が全開になって使い物にならなくなるという・・・Σ(´Д`*)

しかし今では、大泣きして大暴れということが減ってくれたのと、
歯ブラシを噛んで磨かせてくれないということが減ったので、
だいぶ歯磨きらしくなっていました(´ω`人)

依然、両手を両足でブロックして、体を固定してからの歯磨きタイムで
あることは変わりませんが。。。○| ̄|_

そして最近は、小芝居をしながらの歯磨きタイムが気にっているようで、
大人しく口を開けて磨かせてもらうために、ひたすら私がバカみたいに
一人二役の小芝居を演じながら磨いてます。

いぶきはアンパンマンが好きなので、歯ブラシをアンパンマンに見立て、
「奥歯にバイキンマンがいるぞぉ~ぅ・・・
  アーンパーンチヽ(`ω´*)ノ彡☆!!」
「バイバイキーン(@゚Д゚)@。Д。)ッ!!!!!!」
「こんなところに、ホラーマンがっΣ( ̄。 ̄ノ)ノ!!」
とか言いながら、ヘタな小芝居をしつつ、だましだまし歯磨きさせてます。
(気分次第で設定が、トーマスやゴジラになったりもします・・・笑)

本当に、『何やってんだろ・・・自分・・・』とか頭の片隅で思いますけどね。
この小芝居、いつまで続くのだろう。。。疲れる(笑)
(おそらく、この小芝居が、一日のうちで一番ムダにテンション高い状態)

明後日、19日に31歳になりますが、こんな30代で大丈夫だろうか。。。

そして、”おかあさんといっしょ”で上手に歯磨きしている子達がいるけど、
どうしたらそんなに大人しく、ちゃんと歯磨きしてくれるのか、
是非とも親御さんに聞いてみたいわぁ・・・w( ̄o ̄)w


あかりも以前は大暴れしてたけど(・・・とはいえ、いぶきの暴れっぷりには
かなわないけど)、今はちゃんと歯磨きできるようになったから、
いぶきもできるようになるのかしらん((((;´・ω・`)))???

虫歯になってから思っても遅いんだけど、健診に行くたびに、
歯磨きは大事だわぁ~って思う。。。
そしてできることなら、時間よ戻れ!!
二年くらい前の自分に説教してやりてぇ!!!
虫歯のない、歯の生えたばかりのいぶきに戻ってほしい。。。

いやでも、それは無理な話なので、せめてこれ以上悪化しないように、
できれば永久歯が虫歯にならないように
(もう口の中に虫歯菌がいる状態なので厳しいけどね・・・(つω-`。))
歯磨き頑張るしかないですわぁぁぁΣ(´Д`lll)エエ!!
よし!!頑張れ、自分!!!



☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  ポチリと、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村


おすすめのブログ紹介☆

こんにちは(・Д・)ノ11月に入りましたね☆
今年も残すところ、あと2カ月を切りました!!
この一年、やり残したことだらけですゎ(笑)


捨てねこゴッコ

↑ ”捨て猫ごっこ”ということで、ダンボールに入っている
   イタズラ猫2匹。。。○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o



今回は、胆道閉鎖症の子を持つ家族のブログを紹介する
記事を書きたいと思います。

紹介したいブログはコチラ ↓

お父さんは働かないで飯が食いたい!
http://unearnedincome-please.com/

ブログ名からは「!?」とビックリしますが、
お子さんが胆道閉鎖症だとわかる前に立ち上げたブログのため、
胆道閉鎖症とは関係なさそうなブログ名なのだと思います(;^ω^)

私がリンクさせるサイトを間違えて貼り付けてしまったという
わけではないので、安心してクリック&閲覧してくださいね(笑)☆


こちらのブログでは、胆道閉鎖症と分かって入院してから、
葛西手術、そして生体肝移植の体験談などが書かれています。

お子さんはまだ1歳前の赤ちゃんで、小さな体で2度の大きな手術、
本当によく頑張ったなぁ・・・と、心の底から思いました(。pω-。)

そしてそんなお子さんの看病を支えながら、ブログ更新してて
スゲェや((((;゚Д゚)))))))!!って、ホント思います。

ブログの内容も、色々なことが詳細に書かれていて、
同じ病気を持つ家族にとって役に立つ情報が多いです!!

例えば、『薬』のこととか、詳しく書いてくれてあります!
薬を処方される際、一応、お医者さんから色々と説明を受けますが、
私の場合、右から左へ説明が抜けていってしまい、
「はて?これは何に効く薬だったかしらん?」などと思いつつ、
とりあえず指示された回数、薬を飲ませるので精一杯でした(笑)。

(いや。。。お薬手帳とかね、色々、見ればいいっっていう話だけど、
 色々面倒くさくてね)

こちらのブログでは、薬の作用とか飲ませ方などが詳細に書かれて
いるので、色々、参考になると思います。

勿論、その子によって処方される薬が違うので、全部が同じというわけ
ではないです。

私も記事を読みながら、「あ~。。。コレ飲んでたわぁ~」と思うものから、
「これは飲ませたことない」とか、「うちが飲んでる薬、載ってない」と
思ったりしながら記事を読ませてもらったので・・・。

結局、この病気の子たちは、病状に個人差があるため、
先生達も、その子の状況に合わせて薬を処方しているんだなぁと
改めて思いました。

長くなりましたが、とにかく、分かりやすくまとめられているため、
『今後、胆道閉鎖症だと分かった家族の役に立つ記事だなぁ』
と感心しつつ、読ませてもらいました。

薬のことは私も記事にしたいと思いつつ、結局、今まで
手つかず・・・だったので、ホントすごいなぁと思いましたょ(゚∀゚)


そして私の最近の関心事項の一つでもある”生体肝移植”のこと。

いぶきも今のところは元気に過ごせてはいますが、いつどうなるか
なんて分からないですし、正直、1か月後も元気でいるかすら
分からず、毎日、石橋を叩きまっくて、なるべく体調が良い状態を
キープできるように気をつけながら過ごしている状態なので。。。

まぁ、うちだけではなく、この病気の子を持つ家族の皆さんは
みんなそうだと思うので、いつかそれを”当たり前のこと”として、
あまりストレスなく、石橋を叩く日々を受けれられたら。。。
とは思いますが、手術から2年も経つのに、未だに受け入れられず、
悩んだりすることが多々あるという・・・(苦笑)。

話が脱線しました。。。

そう!生体肝移植のことも詳しく書かれているので、読んでいて
色々と参考になりました☆

移植に対する心構えができるというか、移植に対しての希望が
持てるというか・・・

どう言ったらいいか難しいのですが、
病気が見つかり、初めて移植の可能性を示唆された時は、
移植が未知のものすぎて『怖い』という感情ばかりでしたが、
色々な情報を得るにつれて、冷静に考えられるようになってきた
という感じでしょうか?

やっぱり実際に移植と向き合ったご家族の体験談というのは、
参考になりますね!!

病院から得られる医療的な情報も勿論大切ですが、
手術に向き合うのは『感情』が伴う人間であり、幼いわが子
(勿論、大人になってから移植を受けられる方もいますが)
なので、子どもを大切に思っている親の気持ちや、
苦悩・葛藤などの『感情』という面の情報も得られ、
『うちだけじゃないんだ!!
 こんな思いをしているのは私だけじゃないんだ!!』
と感じられるような記事でした・・・(。pω-。)

是非、ブログ読んでみてくださいね☆
おすすめです+.(*'v`*)+



☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  ポチリと、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村


10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

さるぼぼくろみ

Author:さるぼぼくろみ
胆道閉鎖症の息子(2歳)と健常者の娘(5歳)を育てる31歳(♀)

庭&畑つきの中古住宅(築40年)で、子ども達の成長と季節を感じながら子育中。

農作業と創作活動(絵を描くetc)が好き。特技を生かしたお金儲けを思案中( ´艸`)。

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
胆道閉鎖症に関する情報
カテゴリの「胆道閉鎖症」を選択すると、胆道閉鎖症に関する記事のみ抽出されます。 私たち家族の闘病記にすぎませんが、何かお役に立てる情報が含まれていたら幸いです。2つめの記事『胆道閉鎖症の特徴、入院&手術、術後の状態』というタイトルの記事が一番しっかりとした内容になってます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク(胆道閉鎖症サイト)
胆道閉鎖症の情報を得るのにオススメのサイトです☆ 良かったらチェックしてみてください。
お買い物
ボランティア
世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン