FC2ブログ

今月の通院(2017.10)

最近は天気が悪くて、洗濯物の乾きが悪くて困りますね。
やっと台風が通過して、晴れが続くかと思いきや、
今日もどんより曇り&雨のお天気です(´;ω;`)

先日、洗濯物を室内干ししていたら、隣に怪人袋男が出現しました↓

怪人袋男

洗濯ネットを頭からかぶり、足にも履いて、そしてそのまま歩くという
恐ろしい行動をしており、案の定、すぐにコケてましたけど、
懲りずに続行していて、ヒヤヒヤしながら洗濯物干しました(汗)

ちなみに、やめさせようとすると2歳児のイヤイヤ期特有の大騒ぎを
するので、何もない畳を歩く姿を生温かい目で見守っておりました。。。
あかりの同時期の頃と比べると、だいぶおバカちゃんな僕・・・(笑)。


今月は、胆道閉鎖症の定期通院と火傷の定期通院がありました。

両方とも、2カ月に1回の通院頻度になったため、楽になりました。
ちゃんと診察日まで体調を崩さずにいられるかという点で、
心配だったのですが、両方とも無事に通院できました☆


<胆道閉鎖症の定期通院>

胆道閉鎖症の診察では、いつも通り、血液検査をして、
先生の診察の時にエコーで肝臓の状態を確認するという流れでした。

前回(8月)の診察以降からの体調変化として、
8月末に(おそらく牛乳の飲みすぎで?)一回白っぽい便が出て、
下痢気味になっていたこと、そしてそれと同時期頃から、
体のかゆみが出て、日中は大丈夫なのだけど、夜、寝る前になると
体中を掻きむしるようになったことを相談しました。

しかし・・・

「う~ん。。。でも、血液検査の結果からすると、総胆汁酸の値は
 前回の数値より下がってるんだよねぇ。。。」

えっ?????((((;゚Д゚)))))))?????

確かに時系列での血液検査の結果を見ると、
前回(8月)は、総胆汁酸:87.9、前々回も115.0と高めの数値で、
その時には先生からも、「体を痒がって掻いたりしてませんか?」と
聞かれたりしていたのですが、今回の数値は47.7・・・Σ(゚Θ゚)

確かに、数値が下がってました!!

血液検査の数値は、その時々の体調や、採血した時間帯などにも
影響を受けて、多少、乱高下するので、一喜一憂しないようにとは
以前から言われていましたが、内心、このままずっと総胆汁酸の
数値が高いままで、痒みと戦わなきゃいけないんだろうなぁ・・・
と思っていたので、えらい数値が下がってくれていてビックリでした!


先生の見解としては、「40くらいでも痒みを感じる子もいるけれど、
日中は痒がる仕草がなく、夜の寝る前だけということであれば、
特に気にしなくても大丈夫」とのことでした。

「夜、特に寝る前は、気を紛らわすものが無いから、余計に痒さを
意識しやすい時でもあり、大人でも術後の痛みとかを感じやすいのは、
夜の寝る時とかだから。。。それか、夜の寝る前に痒がることが、
ちょっとしたクセみたいになっちゃってるのかもね。」とも言っていました。

確かに、痒がり始めた頃は、本当に痒そうで、お昼寝の時とかも
痒がってたのですが、最近は、夜寝る前だけ痒がり、
「かいぃ・・・かいぃ・・・」と言いながら、指さす割には顔は無表情な
時もあり、内心、「???本当に痒いのかな???」と思う瞬間も
あったので、やはり最近の痒いアピールは演技だったのか!!?
と、ちょっと納得しました(笑)。

でも、総胆汁酸が減って、痒くなくなるに越したことはないので、
いぶきの体が少しでも楽になったのであれば良かったです(*´v`)

まぁ。。。いまだに、寝る前の痒いアピールをし始めたら、
ワセリン塗ったり、叩いたりしてますが。。。(=∀=)


それから今回のエコーでは、看護師さんが持ってきてくれた
歌の流れる本が絶大な効果を発揮してくれ、エコーが良くでき、
肝動脈まで確認できたとのことです。

「現状は門脈は5mm、肝動脈は3mmの太さ」とのことで、
「普通、幼児の肝動脈は1mmくらいなので、門脈圧亢進症
になっていることは否めない」ということでした(´;ω;`)

ということで、門脈亢進症において心配な食道静脈瘤が無いか
(いや、もうすでに昨年の検査でいくつか見つかっているので、
正しくは、病状が悪化していないか)確認するための内視鏡検査
を来月に行うことになりました。

昨年は9月に行っていたので、一年過ぎてますが、元々、
1年に1回は内視鏡検査しましょうということだったので、
まぁ、予定通りですね(*´ω`)┛

来月の検査を無事に受けられるように、
体調管理に気をつけたいと思います!!

そして検査の前後1週間は予防接種禁止との説明を受け、
『ヤバイ!!インフルエンザの予防接種の予約するの
 すっかり忘れてた((((;゚Д゚)))))))!!』と気付き、
慌てて、予約しました(苦笑)。
何とか予約できたから良かったけど・・・(´∀`*;)ゞ

予防接種もちゃんと受けられるように、尚更、
体調管理に気をつけて過ごさねばっ(*´~`*)!!



<火傷の定期通院>

火傷の診察では、新しい担当医との初対面でした。
どんな先生かとドキドキしていましたが、女の先生で、
しかも仕事できる感が漂う先生で、安心しました(*ノ∪`*)

いぶきの足の状態は、現状、普通の火傷の経過をたどっており、
特に問題なさそうということで、今後、成長に伴い、どのように
変化していくかを通院で随時確認しながら、対処するとのことでした。


新しい先生になったついでに、今まで気になっていた内服薬のことも
聞いてみました。

前の先生に診てもらっていた際に、処方された『リレンザ』という薬
なのですが、処方された時点(4月頃)では、いぶきの火傷跡の
状態も、今よりひどいボコボコした状態で、なおかつ、痒みもひどくて、
よく足を掻きむしっていたため、先生が火傷のボコボコを抑える&
痒みも抑えてくれる薬として処方してくれました。

しかし今では、だいぶ火傷跡も落ち着いてくれて、前の先生からも
順調な経過を辿っていると言われてもいたのと、いぶき自身も、
痒みが少し落ち着いたのか(もしかしたら季節的に足が蒸れること
が少ない&寒いからかもだけど)、足を掻くことが少なくなってきた
ため、『そろそろ薬、減らないかなぁ~』と思っていたため、
聞いてみました。

以前、リレンザについて調べたときに、肝臓に病気を持つ人の
長期服用は良くない的な文章を見たこともあったため、
薬を減らしたかったということもありましたし・・・w( ̄o ̄)w

内服薬を減らしたい意向を伝えると、先生は血液検査結果を
チャチャっと調べてくれ、いぶきの肝臓の状態が悪いこと
(勿論、胆道閉鎖症という病気があり、肝硬変にもなっている
 状態ということは、初めに伝えました)を確認した上で、
「どんな薬でも、内服薬は肝臓を通るため、肝臓の負担にならない
 ように、内服薬はもう止めにしましょう」と言ってくれました( ^ω^ )

「元々、リレンザは補助的なもので、治療の主体となるのは
 火傷箇所に塗るリンデロンですし、皮膚に塗るものであれば
 肝臓への影響も少ないので、今後はリンデロンの薬を塗ること、
 保湿すること、包帯で圧迫すること、という方法で治療を進め、
 もし何か問題が生じてくるようであれば、その都度、どうするか
 考えていきましょう」ということになりました。

本当にサクサクっと診察していただき、頼もしい限りだ(´ω`人)
とりあえず薬が一つ減って良かったです+゚。*(*´∀`*)*。゚+


こんな感じで、今月の通院2回を体調崩さずにクリアできました☆
思いのほか、長文になってしまい、すみませんでした・・・(汗)。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  ポチリと、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村


スポンサーサイト

ベランダ掃除をしていたら…

こんにちは(´-ω-`)
今回の記事では、最近、ちょっと嬉しかったことについて書きます☆

久しくベランダ掃除をサボっていたのですが、いつの頃からか、
ベランダの片隅に『金のなる木』の葉っぱが1枚、ず~っと落ちていました。




↑ こちらは私が数年前から育てている『金のなる木』。
  元々は1節分の枝を挿し木したのですが、ここまで大きくなりました(о´∀`о)


「そろそろ掃除するか~」と、やっと重い腰を上げ、
その金のなる木の葉っぱをつまみ上げたら…

「ん???何か出てる?(ФωФ)」




葉っぱのから何かモコモコしたものが出ている模様…

よく見ると…(@ ̄□ ̄@;)!!




葉っぱの先から新芽が出てました☆

ちゃんとうっすら根も出ていました(^-^)

挿し木で増やせるのは知ってたけど、まさか葉っぱ1枚から芽が出るとは!!
生命力の固まりみたいな植物だなぁ~(°▽°)


今回の記事を書くにあたって、金のなる木について改めて調べてみたのですが、
その名の通り、『お金』にまつわる花言葉
(『富』、『一攫千金』、『幸運を招く』など)
&風水でも金運や繁栄を招く縁起の良い植物らしいです☆

金のなる木は、多肉植物で、寒さには弱いのですが、(霜に当たると枯れるので、
冬は室内で育てる)比較的育てやすいですよヾ(o´∀`o)ノ

木が大きくならないと花がつかないとのことで、うちの木はまだ花を咲かせた
ことがないので、花が咲くくらい大きくするのが当面の目標です。

ちなみに『金のなる木』の別名は『花月(かげつ)』というそうです。
まさかの学生時代のバイト先の名前だったという・・・Σ(゚□゚(゚□゚*)!!!



挿し木で増やせるという、植物の力強い姿には、毎回、励まされます(^_^)/

いぶきの病気が分かって、将来的に移植が必要になる可能性がある
ということを知ったとき、不安だらけでしたが、ベランダにある植物達を見たとき、

『この子達の多くも挿し木で増やしたんだっけなぁ~…

体の一部を切り取って、植え付けるのって、
人間で行われている移植とも似ているなぁ…

最初は1枝だったのに、根付いて大きくなって、今ではこんなに元気に育ってる!
移植に対して色々な不安はあるけど、きっと、いぶきも大丈夫!!』

と思い、とても元気が出て、植物に救われた気持ちになりました(*^^*)


ちなみに今、うちのベランダで育てている植物は、9種類あるのですが、
そのうちの5種類が挿し木で増えたものですv(・∀・*)

ベランダの植物達2017

≪挿し木で育った植物≫
・金のなる木(祖母が育てていた木から分けてもらう)
・ポトス(友達が挿し木したものを貰った)
・ミニドラゴンフルーツ(枝が折れたり、枯れかけたものを挿し木した)
・オオベンケイソウ(大学の卒業式で貰った花束に入っていたもの)
・沈丁花(ジンチョウゲ…前職場のトイレに飾ってあったんだけど、
      花が枯れて処分しようとしていたおばちゃんが、根が出ていることに
      気づき、隣で手を洗っていた私に、「育てない?」と薦めてくれたもの)

と、まぁ、色んな経緯から家にやって来た挿し木植物達です。

そして、私はかなりズボラで、水が足りなくてしおれてきた頃にしか
水を与えないというヒドイ生育環境なので、そんなヒドイ環境でも頑張って
育っている猛者たちです( ´艸`)


そういえば、先日、実家に帰った際に、見慣れない植物が飾ってあったので、
新しい観葉植物かと思い、何の植物か父親に聞いたところ、
「パイナップル」と・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

一瞬、「???」ってなったのですが。。。
そう。。。あの食べ物のパイナップルでした(笑)!!

今年の1月に、買ってきたパイナップルを食べて、
残ったヘタを水につけておいたら、根が出てきたので植えたそうです。

「3~4年育てると、実がつくらしい」と言っていたので、
結実させて食べる気満々だわw( ̄o ̄)w!!

確かに、ネットで検索したら、パイナップルの挿し木、できるみたい。
よし。パイナップルが手に入る機会があれば、試してみよぅ(゚∀゚)!!




☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  ポチリと、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村


先月末に運動会がありました☆

おはようございます(´∀`*;)ゞ
あっという間に10月になりましたね。
一か月前までは、まだ夏の暑さも残りつつの秋!という感じ
でしたが、今ではもう冬の気配すら感じられる寒いくらいの秋!
ですね~(*´~`*)あっという間に冬が来そうです・・・(=∀=)


先週末(30日)には、あかりの運動会がありました。
年中さんは、かけっことバルーンの競技でした。
どちらも頑張ってやっていました(*ノ∪`*)

運動会2017


年少さんと比べると、随分、お姉さんになったなぁ~( ^ω^ )
と感じられました☆

年長さんは鼓隊・組体操・リレーの競技があり、ホント、
小学生顔負けのプログラムで圧巻でした!!
(私は組体操とか小学5~6年生でやったけど・・・汗)

『来年は、あかりがコレやるの???』と思うと、
本当にちゃんとできるのかナゾですが・・・( ´艸`)


運動会、頑張ってくれて、それ自体はとても良い思い出になった
のですが、1つ残念なことが・・・(´;ω;`)

それはいぶきを一緒に連れていけなかったこと・゚・(つД`)・゚・

あかりの幼稚園は、マンモス幼稚園なので園児だけで300人以上は
いるため、園庭ではなく、やまびこドームという室内施設を借りて
運動会が行われています。

園児+そのご家族ともなると、軽く1000人は超える人数が集まること、
運動会なので体調が多少悪くても参加せざるを得ない環境
であるということ(特に下の子とかは体調不良でも見てくれる人が
いなければ連れて行く他ないと思うので・・・)、
室内の一か所にその大勢が集まるということ・・・などを考え、
感染症が怖くて、いぶきを一緒に連れて行くことは諦めました・・・(涙)。

両親にいぶきのお世話をお願いしようかとも思ったのですが、
遠方であること&翌日に稲刈りがあるということで、
今回は市のファミリーサポートの人に来てもらいました。
(昨年は、両親に来てもらったのですが、朝7時半までには来て
 もらわないといけなかったので、大変そうでした)

ファミサポの人曰く、「泣くこともなく、ずっといい子にすごしてた」
ということで、帰宅した際には、ちゃんとお昼寝もしていてくれたので、
安心したのですが、本音を言えば、やっぱり一緒に連れて行きたかった。


特に、園児の弟&妹を対象とした”旗ひろい”に、お友達の子たちが出て
いる姿を見ていた時に、『羨ましい』という感情がMAXに・・・○| ̄|_

『何で、ここにいぶきがいないんだろう???』

『いぶきも旗ひろい、絶対に喜んで参加してただろうなぁ。。。』
(おそらく、列に並んでいる時とかはグズリまくって静止させるのは大変
 だろうし、旗をひろったら速攻、進行方向とは別の方向に向かってダッシュ
 して行くだろうから、出たら出たで大変だっただろうけど・・・汗)

『屋内ではなくて屋外だったら、運動会連れてきても良かったかもな~』

『・・・いや、むしろ体調問題ないから、連れてきても良かったんじゃ・・・?』

『・・・私が神経質になりすぎてるんかな・・・』

『う~ん・・・もう、何が正解なのかわからない。。。』

・・・などということを思いつつ、他の子たちが旗を拾う姿を、
『いいなぁ~・・・健康であるって素晴らしいなぁ~』と思いながら、
ぼんやり眺めていました。。。(つω-`。)

まぁ、でも間違いなく、連れてきたら連れてきたで、運動会の間中、
『本当に連れてきて、良かったのかな?感染症にかからないかな?』
と、ずっと心配する羽目になってただろうなぁとも思います(苦笑)。

どっちにしろ後悔や心配することになってたけど、連れて行かない方が
病気になってしまったときの多大なる後悔を避けられるということで、
今回は連れて行かないという判断をしました。



いぶきの病気が分かってから、日常生活においても、何かと決断の
連続のような気がします。。。

私が神経質に考えすぎているという可能性は大ですが、
いぶきの肝臓の状態と、昨年、毎月のように病気になっていた過去を
考えると、どうしても人込みに対する警戒心は強くなってしまう・・・

少なくとも、いぶきが幼稚園に通うようになるまでは、
なるべく人込みを避けて過ごしたいというのが正直な所・・・
(幼稚園に入ったら大丈夫になるというわけではなく、
 幼稚園でどうせ色々と感染するのだから、諦めがつくということで。
 感染リスクを親のさじ加減である程度減らせる今の時期は、
 避けられるものは避けて通りたいということです)

まぁ、とはいえ、来年度は幼稚園に向けての準備も含めて、
少しずつ人込みとかにも慣らしていくつもりだけど(-∀-)

病気を抱える人やその家族って、きっと、みんな何かしら取捨選択
を普通の人よりしているのだと思う。

それは”病気の子どもを持っている場合”という話ではなくて、
自分が病気になった場合とか、親が高齢で病気になってしまったり、
介護が必要になってしまったりという場合も含めて。。。

まぁ、上記の”普通の人”の定義が、どうか?って問題もあるけどね。
貧困とか親族関係の不仲とかもあるから、
”健康で経済および人間関係でも安定している人”とかって書く方が
正解かもしれないけど。。。。

まぁ、そんなわけで、取捨選択することが増えた分、その選択が本当に
正しかったのか、迷うことも増えるわけです。

そういう色々なことを考えたり、羨ましいという感情と戦ったり、
狭いシートの上で窮屈にしながら運動会を見ていたり
(人数が多いから仕方ないけど、各クラスの保護者席が結構な狭さだった)、
目が悪いからデジカメのフィルター越しでないと顔すら確認できない
(園児との距離が数十メートル離れてるから、デジカメで拡大して見てた)
という情けない状態だったり、早起きしてお弁当作りというミッションがあったり
(いや、マジでこれが一番疲れた・・・運動会のお弁当って大変!!)。。。

そんなこんなで、運動会、子どもの成長が見れて楽しかったけど、
グッタリ疲れてしまいました・・・(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

本当に、運動会って、一大イベントだわ~:(´◦ω◦`):


  ※今回の記事は、いつもにも増して、愚痴&弱音だらけでしたね( ´∀` )
    すみません。。。読んでいただき、ありがとうございました(*ノ∪`*)




☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  ポチリと、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村


09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

さるぼぼくろみ

Author:さるぼぼくろみ
胆道閉鎖症の息子(2歳)と健常者の娘(5歳)を育てる31歳(♀)

庭&畑つきの中古住宅(築40年)で、子ども達の成長と季節を感じながら子育中。

農作業と創作活動(絵を描くetc)が好き。特技を生かしたお金儲けを思案中( ´艸`)。

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
胆道閉鎖症に関する情報
カテゴリの「胆道閉鎖症」を選択すると、胆道閉鎖症に関する記事のみ抽出されます。 私たち家族の闘病記にすぎませんが、何かお役に立てる情報が含まれていたら幸いです。2つめの記事『胆道閉鎖症の特徴、入院&手術、術後の状態』というタイトルの記事が一番しっかりとした内容になってます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク(胆道閉鎖症サイト)
胆道閉鎖症の情報を得るのにオススメのサイトです☆ 良かったらチェックしてみてください。
お買い物
ボランティア
世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン