応援しているお相撲さん( ´艸`)

こんにちはヾ(・∀・)ノ
昨日、横綱・白鵬が通算勝利数が史上1位になりましたね☆
最近、相撲の結果が気になるお年頃(?)の私です。。。(*´∀`人 )

まさか30歳の自分が相撲の結果を気にするようになるとは!!
20年前の自分からしてみたら、ビックリ・・・( ゚Д゚)でしょうな。

とはいえ、別に毎日、相撲の中継を見て一喜一憂している
わけではないですよ・・・(;'∀')

大体、その時間は、あかりといぶきの外遊びのお付き合いに
駆り出されている時間であるため、相撲観戦できないので、
新聞で前日の取組ををチェックするくらいなんですけどね(*´~`*)

・・・ということで、今日は自分が応援しているお相撲さんについて
書きたいと思います。
本当はもっと書くべきことはたくさんあるのですが、
火傷のことも胆道閉鎖症のことも、正直、書くのが疲れるので、
グダグダと相撲のことを書かせてもらいます(*・`ω´・)ゞ


ほとんどの長野県民なら、応援しているお相撲さんといえば、
この人でしょう☆

”関脇・御嶽海”
( ”みたけうみ”って読みます)

長野県出身力士としては、84年ぶりとなる関脇力士で、
木曽地方出身のお相撲さんです。

84年ぶりって(笑)!!
長い間、長野県から強い力士が誕生していなかった
ということがよくわかりますね・・・(=∀=)

5年ほど前に死んだじぃちゃんが、
よく相撲見てたけど、今、生きてたら絶対、御嶽海ファンに
なってたわぁ~v(o゚∀゚o)v

小学校から帰ると、必ず相撲中継を見ていて、
別の番組を見たいのに、なかなか見せてくれず。。。
「あとちょっと・・・あとちょっと・・・」と言いながら、
テレビのチャンネル争いをしていたじぃちゃん・・・
『相撲』と『株価』のチャンネルだけは死守していたじぃちゃん・・・
そんな姿ばかりが思い出される(笑)。

ハイ。。。脱線しましたねw( ̄o ̄)w
御嶽海のお話に戻します。。。

御嶽海は、大学卒業後、公務員への就職が内定していたのですが、
『出羽海部屋(御嶽海が入門した相撲部屋)の名門再興』と、
『故郷の活性化(御嶽海が入門する前年に御嶽山の噴火が
起こり、戦後最悪数の犠牲者が出て、観光客も激減した)』
のため、就職先を辞退して、角界入りしたとのことです。

そのため、しこ名が御嶽山と出羽海を合わせた
”御嶽海”となったそうです。

公務員辞退して、相撲の道に進むとか、単純に凄いなぁ
と思いますし、しかもその理由が故郷を元気づけるためとか、
「よくできた若者ですなぁ~」と、感心するばかりですゎ(´∀`*)ゞ


19日に行われた白鵬戦では、通算勝利数1位の1047勝目を
懸けた25連勝中の白鵬相手に、勝利し、番狂わせを演じました☆

たまたま外遊びを終えて、テレビをつけたらやっていたので、
見たのですが、まさかの番狂わせで(今まで白鵬には
ほとんど負けている)、座布団がメッチャ舞ってました(笑)!!

翌日には横綱・日馬富士と戦ったのですが、負けてしまい、
昨日も負けてしまい・・・残念ですが、まだまだこれからヾ(o´∀`o)ノ

あ、ちなみに、日馬富士って、スゴイ絵がお上手なんですよ!!
本当にびっくりするくらい(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
芸術家としてもやっていけそうなレベルで、ビビります(笑)
『横綱なのに、この画力って・・・ずるいわぁ~』って思っちゃいます。
そして個展を開いて、絵を売った資金は全額寄付してて。。。
素敵すぎでしょう・・・日馬富士(笑)
しかも、同じ横綱の稀勢の里のことが大好きらしいし・・・お茶目だわぁ(笑)
・・・こんな感じで相撲にちょっとハマってます☆

御嶽海には、郷土の力士として頑張ってもらいたいなぁと思いつつ、
陰ながら応援しておりまする(o‘∀‘o)*:◦♪



☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  ポチリと、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村


スポンサーサイト

久しぶりに献血に行ってきました☆

こんにちはヾ(・∀・)ノ
今回の記事で、やっと100記事目になります。
一年半以上かかって、やっと100って・・・
かなりマイペースな更新レベルですが、おかげさまで、
飽きっぽい私でも何とか100まで続きました(´∀`*;)ゞ

いつも見ていただいている皆様、
本当にありがとうございます+゚。*(*´∀`*)*。゚+


願わくば、記事の内容をもっと充実させたい・・・
自分、もっと頑張れや(笑)

ワニあかり

↑ ワニのティシュケースをかぶっているあかり☆
   右手の包帯は”とびひ”のためヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


昨日、一年ぶりに献血に行ってきました( ^ω^ )

パパといぶきと一緒に献血ルームへ行き、
交代で献血しました。

私は体重が足りないので、400mlの全血はできず・・・
今回も成分献血をしました。

以前、献血ルームのスタッフさんに、
「もうちょっと体重増やして、50kg越えれば、全血できるんだけど・・・」
と言われたのですが、私は成人女性としては身長が低い方なので、
なかなか難しい・・・(私の身長の成長は小学校で止まってますから!)

妊娠中は50kgを軽く超えてたので、妊娠中と勘違いされるくらい
太る勇気を持てれば、全血できるようになるのですが・・・(汗)。


いぶきが手術した際に、輸血を受けたので、
そのお礼も兼ねて、昨年、数年ぶりに献血を夫婦でしました。

献血ルームも近くにあるし、また機会があれば行きたいなぁ
と思っていたのですが、一年も経過してしまいましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

以前、献血をしたときは、自分の子どもが輸血を受けることに
なろうとは夢にも思わず、失礼ながら、
『輸血を受ける方=どこか遠くの人』というような感覚でした。。。

『どこか遠くの病気になっている人の役に立っている輸血』
という感覚から、
『自分の子もお世話になった輸血』
『今後も手術などで、お世話になる可能性のある輸血』

という感覚に変わったことは、自分の中で大きな変化でした。

願わくば、今後、手術を受けることなく過ごせれば、
万々歳ですが・・・(*´~`*)


そして、一昨年、いぶきが手術をしたことで、
『赤ちゃんが手術を受ける際には輸血が必要となる』
 (赤ちゃんが手術を受ける際は、大人と違って、
  少量出血でも命に関わる可能性があるため、
  輸血が必須ということで、いぶきも手術の際に輸血しました)
ということを知りました。

献血に対する意識が、自分の身近なものであるという感覚になった
だけではなく、『赤ちゃんを助けるための献血
という意識も持つようになりました。

いぶきが胆道閉鎖症という病気で生まれてきたことは、
ショックでしたし、苦労させているという申し訳なさはありますが、
その病気のおかげで、色々な世界を知ることができ、
色々なことを勉強させてもらっているなぁとも思います。
(勿論、良くも悪くもですが、火傷の件でも色々勉強させてもらってます)


しかし、久しぶりに献血すると、献血の際に使う注射器の針が
すごい太くてビビりました(笑)。

いぶきが血液検査で使っている針を見慣れてしまったのか、
「あれ?!こんなに太かったっけ???
 そしてコレ、刺すんですか???!マジで???」

という思いに駆られました(笑)。
献血に対する意識がUPしたと同時に、恐怖心もUPしたようです
キャ─Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)ノノ─ァァァッ!!!

 
イブキノコ

↑ 着替え&オムツ替えしている最中に、気づくとこんなことに。。。
   いぶきが自分でキノコに変身してました(汗)。。。
   お腹の傷跡も、だいぶ綺麗になりました☆




☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  ポチリと、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村



今年も”とびひ”に苦戦しております(;'∀')

こんにちは☆
7月に入って、やっと1つめの記事です(汗)。
まだ梅雨とは思えないほど、暑いくらい晴れてます(*´~`*)

しかし、先週の九州地方での豪雨・・・すごかったですね・・・
雨により大きな流木が流れてきたり、
建物などが水没しているニュースを見ると、
本当に同じ国なのかな?!と思うほど九州の豪雨災害が
ひどくてショックです・・・((((;゚Д゚)))))))

二次災害などの危険性もあるとのことで、
今後も心配ですね。。。((((;´・ω・`)))

亡くなられた方や家を失った方、まだ孤立状態の方もいて、
豪雨の影響で、本当に大変な思いをされている方が多く、
早く天気などが安定して、復興が進むといいのですが、、、

そして毎年のように何かしら大きな災害があり、
不安になりますね・・・
特に小さな子を抱えて避難するって。。。(;д;)



話が変わりますが、タイトルの通り、今年も”とびひ”に
苦戦しておりますw( ̄o ̄)w

6月23日に、あかりの右腕にとびひを発見!
まだそんなに広がっていなかったのですが、
昨年、とびひが広がって苦戦したので、慌てて病院へ行きました。

まだ症状が軽い方だったので、『亜鉛華単軟膏』という白い薬を
つけて様子を見ることになりました。
(抗生物質をいきなりつけると、ひどくなった時に効かなくなるため)

そして数日後、再診に行った際には、ほとんど治っている状態
という診断になり、ホッとしたのもつかの間・・・


いぶきに”とびひ”がうつってしまいました・・・Σ(´Д`*)


しかも火傷して皮膚移植した箇所に。。。Σ(´Д`lll)エエ!!

もうホントに、『よりにもよって、そこかよ!!』って感じですけど、
昨年のあかりのとびひの時以上に、大変なことになりました。。。

ちなみに、最初は傷ができたくらいにしか思わず、
 とびひだと判明するのに数日かかったため、
 なぜか傷がどんどん悪化していく。。。
 という感じで、数日間、慌てふためいてました(汗)。


いぶきにうつった経緯ですが、元々、火傷の箇所は痒みが強い
そうでして、よく搔きむしってました・・・
勿論、良いことではないので、見つけ次第、止めさせて冷やすなど
の処置(かゆみを止めるには冷やすことがいいそうです。
洗面器に水をためて、両足を入れたり、保冷剤を当てたりしてます)
をしてはいましたが、たまに血が出るくらいの傷を作ったりは
していました。。。

火傷のケロイド(皮膚がボコボコになる状態)を抑えるための
薬・リンデロンVを朝・晩と塗っているので、
別のかゆみ止めの薬は塗れません。
(リンデロンV・・・ステロイド剤。皮膚のかゆみ、赤み、はれなどの
           症状改善のための塗り薬)

リンデロンVにもかゆみ止めの効果はあるということですし、
リザベンという飲み薬も飲んでいます。

リザベンは、ケロイドなどの傷跡の改善・かゆみの改善
のためのお薬です。

余談ですが、この薬は、気管支喘息やアレルギー、アトピーなど
にも使われるとのことで、薬局などで、この薬をもらう時に、
必ずと言っていいほど、「アトピーですか?」とか聞かれるのですが

・・・まぁ、いぶきの年代的にはアトピーで服用している子の方が
多いと思うので、仕方ないですが・・・

「いえ・・・火傷をさせてしまいまして・・・」と心苦しい返答を、
毎度、繰り返しております・・・(T_T)

つくづく、幼い子に火傷なんぞさせるもんじゃないゎ。。。
という気持ちになります(。pω-。)


・・・ハイ、話が脱線しました。

上記のように、一応、かゆみ止め効果のある塗り薬&飲み薬
を服用しているいぶきですが、それでも痒いものは痒いらしく、
火傷の箇所を掻いてしまっていました。

6月27日の夕方に、右足を掻いたことで、大きめの傷(直径1㎝
くらい皮膚がべりっとむけた)ができてしまいました。

「いつもの傷より大きいけど大丈夫かな・・・?」
と思っていましたが、翌日の夜には、その傷が縦1㎝、横2~3㎝
程の楕円形の傷に広がっていました!!Σ(゚Θ゚)

『これはマズイかも?!』と思い、次の日に病院へ電話。

先生が一日手術されていたこともあり、直接はお話できなかった
のですが、足の処置をリンデロン⇒ワセリンを塗るに変更するよう
アドバイスをもらいました。

処置方法を変更したものの、一向に傷が回復する気配は見られず、
むしろどんどん皮が剥げていき、休み明けの7/3には、
皮膚移植した場所の半分以上の皮が剥げ、なおかつ普通の皮膚
の部分までもがベリベリとはがれかかっている状態になりました。。。

土日は病院が休みなので受診もできず、ひたすらスマホで検索して、
いぶきの足に何が起こっているのか調べてたのですが、
”火傷で皮膚移植した場所に傷ができて、皮がどんどんむけていく”
なんていう状態には、一般的になることは稀・・・なので、
探せども探せども、目的の情報は得られず・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

そして皮膚移植した場所の皮が剥げちゃってるけど、
ちゃんと再生するの?!
移植した部分の皮膚が全部剥げちゃったから、
もう一回皮膚移植します・・・みたいなことにならないよね?!
という心配もありましたが、やっぱりよくわからず・・・(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

とにかく、足の皮が剥がれる・・・だけど、かゆいということで、
朝起きると、いぶきの足に巻いた包帯が毎回血まみれになっていて
(夜、寝ている間に掻くので、止めようがない・・・涙)、
足の処置をするために包帯を外して洗おうものなら
大泣き&大暴れするし、靴ですら履くと皮が剥げて血が出る状態で、
足を引きずって歩く姿が痛々しかったです・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

どうしてこんな状態になっていて、ちゃんと回復するのかも分からず、
症状が徐々に悪化していくのを見ることや、いぶきが苦しむ姿を
見るのが、精神的にも辛かった週末でした。。。
(この時点では、とびひだとは思いませんでした)


そんな不安を抱えたまま、月曜の朝一で病院に電話し、
状況を伝えた所、受診することになりました・・・よかったぁ(-∀-)

先生に診てもらうと、一言・・・
「・・・こりゃあ、ヒドイねぇ~」

・・・ですよね~!!

「傷から感染しちゃったんだね・・・」

感染?!・・・感染というと、火傷の入院での説明で、
悪いイメージしかない・・・大丈夫なのかな?!
まさか、入院とかしないよね???と思っていると、

「足、洗うね~」と、処置室に案内され、ぬるま湯を溜めた洗面器に、
感染して皮がはがれた血だらけの足を入れ、
泡立てた石鹸を使いながら足を洗ってくれました。。。

この光景は!!

火傷で入院して、皮がベリベリに剥がれていた時に
毎日行っていた処置のデジャブ???!

いぶきもあの時の処置を思い出したのか、単純に痛かったのか、
とにかく大絶叫で応戦してました( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!

でも火傷入院中にされた処置の時と比べたら、
70~80%くらいの暴れっぷり&悲鳴だったので、
多分、以前よりはまだ痛くないのかも。。。?
(でも帰宅してから、しばらく足を引きずりながら歩いてたから、
  やっぱり痛かったのだと思います)

そしてイソジンゲルという消毒薬を塗ってもらいました。

「”とびひ”みたいなものに感染してる感じだね~」
と言われたので、
「あ・・・お姉ちゃんが、先週までとびひでした」というと、
「じゃ、多分、とびひだね。
 ひどい状態に見えるけど、薬ですぐにやっつけられるから
 大丈夫だよ~」と言われ、ホッとしました。

この日は、イソジンゲルの塗り薬と、細菌による感染症に効く
飲み薬をもらい、帰宅しました。


いぶきの足の感染の原因が分かって、ホッとしたのもつかの間。

治っていたはずのあかりのとびひが再発してしまったので、
翌日にまた病院へ行き、今度は抗生物質の入った飲み薬&
塗り薬をもらい、朝・夕の二回処置することになりました。

幼稚園に行く前に朝、塗り薬塗って包帯を巻くという処置が
地味に面倒くさかったですヽ( ´_`)丿


そしてその次の日には、いぶきのとびひの再診のため、
子ども病院へ・・・

「前回よりは、良くなってきてるねぇ~」というありがたい
一言をいただき、今回も足を洗う処置をして薬を塗って
もらいました。

薬もフシジンレオ軟膏という、皮膚の病気の原因となる細菌を
殺すための塗り薬に変更になり、飲み薬も別の抗生物質
(細菌感染症を治療する薬)に変更になりました。

一週間後(つまり今週)に再診をうけることになりましたが、
毎日、処置をしている中で、目に見えて回復しているので、
良かったとホッとしていますヾ(o´∀`o)ノ

先週はほぼ毎日、病院通いの日々でしたが、
お陰様で、あかりのとびひも、先週末に無事に完治しました♪
これでいぶきのとびひも、完治のお墨付きが出れば万々歳です☆


長く、まとまりのない文章になってすみませんでした。。。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^-^)/





☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  ポチリと、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村



06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

さるぼぼくろみ

Author:さるぼぼくろみ
胆道閉鎖症の息子(2歳)と健常者の娘(5歳)を育てる31歳(♀)

庭&畑つきの中古住宅(築40年)で、子ども達の成長と季節を感じながら子育中。

農作業と創作活動(絵を描くetc)が好き。特技を生かしたお金儲けを思案中( ´艸`)。

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
胆道閉鎖症に関する情報
カテゴリの「胆道閉鎖症」を選択すると、胆道閉鎖症に関する記事のみ抽出されます。 私たち家族の闘病記にすぎませんが、何かお役に立てる情報が含まれていたら幸いです。2つめの記事『胆道閉鎖症の特徴、入院&手術、術後の状態』というタイトルの記事が一番しっかりとした内容になってます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク(胆道閉鎖症サイト)
胆道閉鎖症の情報を得るのにオススメのサイトです☆ 良かったらチェックしてみてください。
お買い物
ボランティア
世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン