FC2ブログ

火傷入院から1週間

こんばんは(^-^)
退院してからもうすぐ1週間になります。
いぶきは元気に過ごしています。

木曜日には実家に預けていたあかりも合流し、二人で仲良く過ごしています☆

夜のシャワー&処置に泣くくらいで、普段はあまり足を気にしてないので、
痛みなどはもう無いと思います。退院時にあった生傷もなくなりました(^o^)

明日は一歳半健診に午後行ってきます。

2月1日には、また形成外科での処置が、
翌日には造影CTの検査&小児外科の診察があるので、忙しい週になりそうです(^o^;)



↑ あかりが家に戻ってきた翌日のお昼寝写真です♪
いぶきが戻ってきたのが嬉しくて、お姉ちゃんが手を繋いで横に寝転がっていましたが、
この後、いぶきが起きる結果に…( ̄▽ ̄;)
スポンサーサイト

無事に退院しました(^-^)

おはようございます(o´Д`o)ノ゙
いぶきですが、1月23日に急遽退院しました!


手術から少なくとも2週間は入院が必要と言われていたので、
勝手に退院日は今日くらいかな~?と思っていたのですが、
まさかの早い退院で(しかも当日の朝に突如退院が決定)ビックリでした!

慌てて荷造りして、バタバタ退院しましたよ(@_@)

12月23日に火傷したので、本当に丸々1カ月入院してました(+_+)


退院前に火傷の処置方法(シャワーできれいに洗って、薬塗って、
ガーゼして、包帯巻く)を教わって退院
しましたが、
その処置をするたびに大変な大騒ぎ(いぶきがギャン泣き)が起こっております(´-ω-`)

早く慣れればいいなぁと思いますが、まだ微妙に生傷があって、
ガーゼはがす時や、洗うときが痛いみたいです。


家の中では大暴走してます。
一応、足の甲に負担がかからないように、ハイハイ禁止なのですが、
ちょっと目を離すとハイハイしようとするし、包帯が邪魔でうまく歩けないみたいで、
歩き方もフラフラしてて怖いので、ジッとしてて!!
と思うのですが、勿論、そんな思いは伝わるはずもなく…(TДT)

包帯がすぐずれちゃうので、とりあえず、ずっと大きめの靴下はかせてます。


退院してからも暫く通院が必要ということで、昨日、初通院に行きました。

足の様子をみてもらい、皮膚移植して剥がれてきた個所
(大きめに貼ってくれたそうで、下から皮膚が出てきた箇所とかは、
移植した皮膚が汚いパリパリ状態で剥がれてくる)を、
先生が切って綺麗にしてくれてました
(^o^)☆

経過は順調との事なので、ホッとしました。

とりあえず保湿をしっかりするように言われ、
ワセリンのでっかいボトル貰いました。

あと注意点として、今後、暫くすると移植箇所がボコボコと盛り上がってくる
可能性があるので、発見したら随時対処が必要との事でした。

次回の通院は一週間後なので、
思ってたより通院頻度も少なさそうなので良かったです♪


昨日は子ども病院の他にも、かかりつけの小児科へ行き、
喘息予防の薬をもらうついでに火傷した報告&予防接種の予約
(皮膚移植の手術から1週間経ってるので、もうどんな予防接種してもOKと、
先生から許可出てます)したり、
CO・OP共済さんへ火傷による共済金の請求の電話を入れました。

まさか一年ほどで、民間の保険のお世話になるとは思っておらず、
一年前に加入しておいて良かったと本当に思いました!

とりあえず共済金請求のための書類を送ってくれるとの事で、
必要書類を揃えた上で提出すればOKみたいです。


昨日はこんな感じで、やること盛り沢山な一日でした・・・(;´Д`)

今日はパパがお休みなので、いぶきを見てもらい、
実家へあかりのお迎えに行ってきます☆
やっと、あかりといぶきが再会できるので良かったです♪

いぶき火傷入院中の様子☆その5

だいぶ更新が滞っておりました。
ごめんなさい(+_+)

いぶきですが、1月12日に両足の甲を皮膚移植しました。
お腹の皮膚(おへそくらいからオチン○ンの上くらいまでの皮膚を切り取りました)
を使って移植しました。

術前の菌培養でMRSAという菌が検出されたので、ちょっと不安でしたが、
一昨日、術後1週間ということで、足とお腹の状態を見せて貰いましたが、
経過は順調とのことでホッとしました。このまま無事に退院できることを祈るばかりです。

手術のこととか詳しく書きたいのですが、今回の入院は、
いぶきが看護師さん不信になってしまい、冗談抜きで、
いぶきが寝てる時しか時間がなくて、
ご飯食べたりと自分のことをする余裕しかないですので、
退院してからゆっくりと書きたいと思います。

更新が滞っていましたが、とりあえず、いぶきは元気です☆ではまた(^-^)

入院中、暇ですからアンパンマンのDVD見てますょ

いぶきが寝てるので、ブログ更新しますが、
今回は火傷そっちのけでどうでもいい話書きます。

いぶきと『アンパンマン誕生 アンパンマンとばいきんまん
というDVDを見たのですが、初期の頃のアンパンマン、超面白いっす☆

子どもそっちのけでガン見してます!
色々と突っ込み所満載で面白いです。

いくつか事例を紹介↓
・アンパンマンの手が突然5本指になったりする。

・カビルンルンに対して異常に弱い…というか、アンパンマン自体が、
 今ほど強い設定ではない。

・アンパンマンをパワーアップさせるために、ジャムおじさんたちが、 
 超でかいアンパンマンの顔を作る。
 どうやって釜に入れた⁉という疑問はそのままに、
 顔でかアンパンマンがばいきんまんを倒そうと発進した瞬間、
 勢い余ってパン工場の屋根をぶっ飛ばす‼

 屋根全体がパカッと取れて、中が上から丸見えになった状態にもかかわらず、
 ジャムおじさんが一言。「屋根はまた直せばいいから…」と。
 なんて人としての器がでかいんだ!ジャムおじさん‼

・天丼マンの中味がばいきんまんに食べられてしまったのだけど、
 補充するのはジャムおじさん&バタコサン…自分で作れよ!天丼マン!
 ちなみにカレーが吸い取られてヘニョヘニョになったカレーパンマンも
 ジャムおじさんにカレー補給してもらってました!
 超万能!!ジャムおじさん☆

・アンパンマンの鼻が取れた!
(鼻はおなかがすいてる子に食べさせた)
鼻なしアンパンマン!結構、衝撃的な顔!!

・顔が欠けていても、汚れてもある程度は動ける。
 今は顔に何かあるとすぐフニャフニャになるけど…

・アンパンマンの必殺技『アンパンチ』が出ない!
 アンパンチでばいきんまんをやっつけるのではなく、
 色々とあの手この手を使ってやっつけてる。
 ばいきんまんを洗濯しちゃっうとか、かなり斬新な成敗方法
 (まぁ、ばいきんだからね)!

・ばいきんまんの赤ちゃんの頃の姿が、何とも言えず衝撃的(笑)!

まあ、そんな感じで母子ともに楽しんでます!
アンパンマン!


ちなみに今のアンパンマンでの話だけど、ばいきんまんが一度目やられて、
2回目復讐に来る設定のお話の場合、
1回目にぶっ飛ばされたとき→「おぼえてろぉ~」。
2回目にぶっ飛ばされたとき→「バイバイキーン!」
だそうです。

登場の有無によって、台詞が変わってるの知ってました?

とりあえず「バイバイキーン!」が出たら、もうばいきんまんは出てこないんだなと、
思うようになりました(^o^;)


あと、個人的に好きなのが、ドキンちゃんのテーマソングの歌詞です。

「なるべく楽しく暮らしたい
お金はたくさんある方がいい」


という歌詞とか、サイコーに現実的で面白いです!

興味ある方は調べてみてください!

でも本当にアンパンマン様様です!!
アンパンマンは子育てママの救世主です!
明らかに大人になってからの方が、
「助けてー!アンパンマ~ン!」って言ってます。絶対(笑)
今日も、いつも、ありがとう!アンパンマン!!

いぶき火傷入院中の様子☆その5

昨日、子ども病院に転院しました!

最初の入院先の病院では、担当が一般の形成外科で、小児科とも連携して治療を行ってくれていたのですが、元々の持病があること、子どもの火傷なので子ども病院の方が安心だからということで、転院することになりました。


子ども病院側の受け入れOKが出て良かった!と思うと同時に、こんなことで入院するはめになり、いつも熱心に治療してくれてる先生たちに合わせる顔がないな…って思いました(^o^;)


子ども病院まで搬送してくれると言っていたので、お願いしたら、何と救急車で緊急搬送してくれました(@_@)!!

確かに時間も押していましたし、確実に迅速に搬送するなら、救急車なのかも?!と思いましたが、あまりのVIP待遇にビックリしました!

当たり前ですが、車がドンドン譲ってくれるので、いつもの倍の速さで到着しました!
救急車スゲェ!!

実に身分不相応な待遇だったので、途中、看護師さんに「残念ながら、救急車をチャーターできるほどお金持ってないですけど大丈夫ですか?」って聞いてしまいました(;´д`)

看護師さんは、「病院持ちですから大丈夫ですよ」って笑ってましたが、「いぶちゃんが、大人でも痛い処置を、毎日、頑張ってやってるから、その頑張りに対するプレゼントだと思ったらどうですか」って言ってくれました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

親の過失での怪我なので、治療してもらえるだけでもありがたいのに、胃腸炎だったこともありますが、素晴らしい個室に入院させてもらったり、救急車て搬送してくれたりと、本当に親切にしていただいてありがたい限りでした!

あ、勿論、治療の説明や看護なども丁寧で親身になって対応してくれていました(´∀`)!

2週間、本当にお世話になりました!
ありがとうございました!!という気持ちでいっぱいです☆


さて、子ども病院では、胆道閉鎖症の手術でお世話になった病棟と同じ病棟に入院することになりました。

先生も看護師さんも、知っている方が多いので、比較的、気楽に過ごせております。


いぶきは子ども病院に入院しましたが、完全にお医者さん&看護師さん不審になってしまい、近くに来ただけで怯えて大騒ぎしてます。

毎日、痛い処置されてるから、仕方ないですね。

子ども病院の治療方針としては、もう少しいぶきの再生力に望みをかけて、なるべく移植を免れるように、かなり良い薬(ただし処置の時に激痛を伴う)を使って治療してくれるそうですが、勿論、状況次第では即手術もあり得るそうです。
それくらい火傷の治療は見通しがつかないみたいです。

あ、移植を免れると書きましたが、今回免れるだけで、将来的にはやる必要がありそうな火傷みたいです。傷跡も残りますが、移植面積が少しでも少なくなるように、移植時期を先送りできるように、できるだけ皮膚を再生させてから考える方針のようです。

そのため、まだしばらくは入院が続きますが、少しでも再生してくれるなら、ありがたいです!
頑張れ、いぶき!

いぶき火傷入院中の様子☆その4

おはようございます。
あっという間に正月三ヶ日が終わりましたね!
今日が仕事始めの方、お疲れ様です☆


昨日、いぶきはとても頑張りました!

微熱(38℃台)が下がらないことから、朝から血液検査をして、また点滴をすることになってしまいました(*_*)
しばらく自由の身だったせいか、いぶきは凄く嫌がってました。。。

点滴を通して、熱を下げるための抗生物質を入れるそうです。二種類の抗生物質を使うことで広範囲の菌に効くとか…

一応、休み前に子ども病院にも連絡取って、熱が出たら抗生物質入れるように指示を貰っているとのことで、連携しながら治療してくれています。

とにかく初めてのことなので、熱が出ている原因が火傷によるものなのか、胆管炎によるものなのかが分からないので、探り探り治療するそうです。
改めて、特殊な持病があると、病院側も対応が大変になるんだなぁと実感…(>_<)

これがドラマとかだったら、特殊な病気がある子が事故(火事とか爆発に巻き込まれてとか、本人ではどうすることも出来ない不慮の事故)で火傷して病院に搬送され、スーパードクター登場して、困難な治療に立ち向かうというストーリーが展開されそうですが…
親の過失での火傷(本人は100%悪くない)で、持病持ちの我が子が困難な治療を受けるはめになっている現状は、いぶきに対する申し訳なさと、親としての情けなさで、泣けてきます…(T^T)


血液検査で痛い思いをしましたが、検査結果は肝臓の数値に関しては横ばいということで、一安心。

ただし白血球数とCRPの値が上昇していることから、何かに感染してるかもとのこと…(>_<)‼
ガーン(|| ゜Д゜)


火傷の箇所は、午前中に1回目の処置をしてもらいました。

毎日、いぶきの火傷した足を見ていますが、本当に痛々しい姿で、見ていて辛い現状があります。

赤黒く変色してしまったいぶきの足…
汚くなっている足の皮を、文字通りベリベリ剥いでいきます。

大人でも絶対に痛い

自分がなったら絶対嫌な状態

痛みに耐えながら、声の限り泣き叫びながら…いぶきは一生懸命、処置の痛みと闘っていました。

それから足を洗面器につけて洗って貰ったのですが、いぶきの小さな足の至るところから血がにじみ出て、洗面器のお湯が赤く染まっていく姿は、見ているだけで痛々しい気持ちになりました。

いつもの薬(皮膚の再生を促進する薬)ではなく、イソジン(って言ってた気がする?)と呼ばれていた抗菌材の薬を塗ってもらいました。

また菌を培養して調べる検査(結果が出るのに数日かかるそうです)のためのサンプルも取っていました。

長い棒状の物で皮膚をつついていたように見えました。痛そうでした…

これらはいつもはやっていない処置なので、悪いことが起きているのでは??!という不安ばかりが募りました。。。


そしていつもは処置が1日1回なのですが、昨日は夕方もありました。

薬を追加で塗っただけだけど、生キズのいぶきにとっては痛い処置らしく、やっぱり大泣きでした。


泣いて必死に抵抗するいぶきの体を力一杯押さえつけて、処置に支障をきたさないようにすることが唯一、自分に出来たことでした。

こんなに痛い思いをさせて、汗だくになるほど、たくさん泣かせて…

心の中で謝るくらいしかできません。

退院したら、たくさん楽しい思い出を作って、たくさん笑って欲しい。

あかりと一緒に楽しい『普通』の暮らしをさせてあげる日を目標に今は頑張るしかない。

入院していると『普通』の『日常』のありがたさが身に染みる。


しかし昨日は、良いこともありました(^o^)
実家の両親とあかりがお見舞いに来てくれたのです!

本当は病院は子どもは面会出来ないのだけど、入院先の病院側の配慮で(個室だったこともあり)、あかりもいぶきと会えました☆

いぶきはあかりお姉ちゃんのことが大好きなので、あかりと会うと、とっても嬉しそう!
そして元気も貰うみたいです。

処置後だったので、最初はグズグズしてましたが、次第に笑顔を見せてくれるようになりました(^-^)

入院中のいぶきを、すぐに笑わせることができるあかりは凄い!やっぱり兄弟だなって思います。


あかりはいぶきのためにクッキーを焼いてきてくれていました。

前回のお見舞いの時、食欲なくてもお姉ちゃんのクッキーなら食べられたいぶき。
今回もたくさん持ってきてくれました!!

そしてお見舞いを終えて、帰るとき、とても寂しそうに見送っていました。

「ボクだけ何でここにいなくちゃいけないの?」

そんな声が聞こえてきそうでした。


本当に本当に火傷の治療って苛酷です。
もしお子さんがいる方が、このブログを読んでいるのら、声を大にして言いたい!

火傷は絶対にさせちゃダメ!!

火傷するような環境を作っちゃダメ!!

大人がしっかり子どもを守ってあげて!!

と言いたいです。


万が一、火傷したら、これでもかってほど冷やして、病院へ連れていってあげてください!
(まぁ、火傷の程度にもよるから、とりあえず病院に電話ですね)とにかくスグ冷やすの大事です!!

本当に不幸中の幸い?と思えるのは、
火傷をしたのが我が子だったこと。

もし他人の子に火傷させてしまって、こんな状態になってたら…って考えると、本当に恐ろしい。

その子の親に死ぬまで怨まれてもおかしくないような状態だから。


今日のブログも泣き言ばかりでごめんなさい!
あと文が生々しいというか、不快な思いをする内容ですみませんでした。

でも残念ながら事実ですし、子どもが火傷すると本当に大変なことになるということが伝わり、少しでも火傷に気をつけて貰えたらと思います。

私は火傷を完全に甘く見ていて、今、とても悲惨な状態になっているので、どうかどうか、いぶきのような辛い思いをする子が減りますように!!と願う他ありません。
みなさん、本当に火傷、気をつけて下さいね!!

祝☆ブログ一周年!

おかげさまで、ブログを始めて1年が経ちました!
いつも見ていただき、ありがとうございます(^-^)☆
見てくれてる人がいること、気にかけてくれる人がいるということは、本当にありがたいことで、本当に感謝しかないです(^人^)!!


元々、飽きっぽい性格で、定期的に何かを行うのは苦手(昔、友達との交換日記とかしてたけど、いつも私の所でしばらく停滞していた)なので、続くか心配でしたが、見て貰っていることが書くモチベーションになり、何とか1年続けることができました!

更新が週1回程という、とんだテイタラクなブログではありますが、今後ともよろしくお願いします!(見ていただいてる方々、更新が滞ることが多くて、本当にごめんなさい‼)


あと色々と反省も多いです。

一番の反省は、『入院生活』に関する記事が全然書けていないこと!!…ってか、ソコが一番大事でしょう!って感じですけど…

あんまり胆道閉鎖症のことについて、参考になるような情報を発信できず(涙)。

今年は『入院生活』についての記事を完成させるぞ!!…記憶がだいぶ薄れてきてますが(*_*)


それから未だにブログを使いこなせてなくて…

今更ですが、よく書きかけの記事を途中のままアップしてしまい、ごめんなさい‼

書きかけのものをどこに保管?したらいいか分からなくて…
「保存」を押すと、即、アップされちゃう(-_-)‼
ナンダコレ?!どうすりゃいいんだ⁉って未だに思ってます。

もっと勉強が必要ですね…

っていうか、せめて書きかけだということを書くようにしようと思います。ホント、ごめんなさい。。。


それから、いつもパソコンで書いてるから気づかなかったのですが、スマホで読んだ時、改行がうまくいってなくて読みにくいですね(>_<)

今後、書くとき気を付けるようにします!


反省ばかりになってしまいましたが、
胆道閉鎖症という病気のことをもっと多くの人に知ってもらい、普通の外見をしていても、実は頑張っている子達がいることを知ってほしい!
我が子が胆道閉鎖症だと分かったご家族にとって少しでも役立つ情報や、実際の生活を知ってほしい!
多くの人がこの病気の初期症状を知ることで脳出血で病気が分かる赤ちゃん(うちの場合、脳出血になる寸前での発見だったので)がいなくなって欲しい!!
という、ブログを立ち上げた時の気持ちは今も変わらないです。
(気持ちは有れども、実際の行動が伴わず、更新が滞ることが多いという情けない状態ですが…)


今年はもっと更新できるように頑張ります!

っていうか、まずはこの火傷入院を無事に乗りきらなくては‼
火傷と言えど、治療がうまくいかず、命を失うこともあるらしいので(+_+)!

長くなりましたが、今後とも応援、よろしくお願いします(*^o^)/\(^-^*)

いぶき火傷入院中の様子☆その3

あけましておめでとうございます☆
いつもブログ見ていただき、ありがというございます☆
今年もよろしくお願い致しますヾ(・∀・)ノ


鳥いぶき

いぶきがトリに変身してくれましたヾ(o´∀`o)ノ
病院のベッドの柵の中に閉じ込められているので、
トリ感が満載です☆

あ、ちなみにコレ、ウェットティッシュBOXです。
病院では、ウェットティッシュが大量消費されてます(汗)。
スグこぼすからね!!


伊達巻ごはん

今日の朝ごはんでは、おせち料理の伊達巻が入ってました☆
かまぼこの澄まし汁など、お正月メニューで美味しそうでした。
いぶきは伊達巻をスゴイ速さでガッついて食べてました!!


正月用品

毎年、お正月の元日の朝は、
まず”柿”と”栗”と”お茶”を飲むのが我が家の風習でした。

柿は渋柿が熟れて柔らかくなったものを、栗はツルヤの甘栗、
お茶は新茶の濃いめという感じだったかな。。。

今年は病室でのお正月だったので、市田柿とツルヤの甘栗、
ペットボトルのお茶でした。
いぶきと二人で食べました☆市田柿!!さすが!!!美味でした!


あと、書きかけだった2つの記事でしたが、内容を追記しました。
良かったら見てください☆

”11月後半からの病気3連発(その2☆虫歯)”
http://sarubobohuntouki.blog.fc2.com/blog-entry-70.html

”いぶき火傷入院中の様子☆その2”
http://sarubobohuntouki.blog.fc2.com/blog-entry-73.html





☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  どちらか一押し、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村


にほんブログ村

12 | 2017/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

さるぼぼくろみ

Author:さるぼぼくろみ
胆道閉鎖症の息子(2歳)と健常者の娘(5歳)を育てる31歳(♀)

庭&畑つきの中古住宅(築40年)で、子ども達の成長と季節を感じながら子育中。

農作業と創作活動(絵を描くetc)が好き。特技を生かしたお金儲けを思案中( ´艸`)。

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
胆道閉鎖症に関する情報
カテゴリの「胆道閉鎖症」を選択すると、胆道閉鎖症に関する記事のみ抽出されます。 私たち家族の闘病記にすぎませんが、何かお役に立てる情報が含まれていたら幸いです。2つめの記事『胆道閉鎖症の特徴、入院&手術、術後の状態』というタイトルの記事が一番しっかりとした内容になってます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク(胆道閉鎖症サイト)
胆道閉鎖症の情報を得るのにオススメのサイトです☆ 良かったらチェックしてみてください。
お買い物
ボランティア
世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン