入院した日の夜~メスライオンのリーダーに励まされる~

こんにちは。今日は久しぶりに入院生活の記事を書きます。

入院生活の記事、もはや一か月に一度のペースでの更新に
なってますね・・・(=∀=)そろそろ本気で連続して書かねば・・・
このペースじゃ、一年がかりでも書き終わらないですね・・・

前回、入院までの経過を書きました。

今日は入院した日の夜、いかに自分がパニックに陥ったかを
書きたいと思います(´∀`*;)ゞ


9月9日 午後9時~・・・いぶき入院決定(;д;)

入院が決定して、診察室から病棟へと移動し、看護師さんから
入院に関するたくさんの書類を渡され、説明を受けて同意の
サインをしたり荷物の整理
(あらかじめ入院する可能性があるということを教えてもらっていたので、
着替えやミルクの用意など簡単な荷物を持ってきていた)
をしているうちに、気がつくと夜10時になっていた。


途中、担当の先生が現状の説明をしに来てくれた。

入院が決定したものの、いぶきはいつもと変わらず元気そうにしている
ので、『本当に病気なのかな?』と不信に思った私は、
「入院しますが、検査してみて、実は悪いところはなかった・・・
 ってことはないですよね?」と聞いてみた。

先生は
「黄疸が出ていて、肝臓が腫れているという現状では、
 悪いところはなかったという可能性は無いですね」
と穏やかに言った。

”黄疸の原因を探る検査のために入院する”という説明を診察室で
受けていたものの、いぶきが病気であるという事実が信じられず、
「黄疸だけど、実は病気ではなかった」ということを期待していた。

しかし・・・

”いぶきは病気であり、体のどこかに異常が出ている”という事実を
ハッキリと突き付けられた気がして、本当にショックだった。。。


病棟へは15歳以下は入れないため、あかりとパパは病棟外の
待合にいた。

一応、入院に関する手続きが一段落したので、夕飯をみんなで食べた。
お腹はすいている気がしたが、疲労と精神的ショックのため食欲が
わかない。。。

『メシが喉を通らない』というのは、こういう状態のことをいうのだなぁ・・・
とぼんやりと考えながら、『それでも食べれる時に食べなきゃいかん!!』
と思い、夕食を押し込むようにして飲み込んだ。


私が付き添いで病院にいる間、パパは勿論仕事がある。
あかりをどうするか??

一緒に病室に入ることはできないし、かといって待合室で一人で
待っていられる年齢ではない。

迷った末、私の実家に預けることになった。
ありがたいことに実家には日中、家に定年退職した父親がいる。

先生が、「明日、両親同席での説明がしたい」と言っていたので、
説明の間、父親があかりと一緒にいてもらうことと、しばらく実家で
あかりを預かってもらうことを頼んだ。


夕食を取り終わってから、パパとあかりは帰宅し、私は病室へ戻った。

病室ではいぶきが寝ているベッドに添い寝することになった。
一応、簡易ベッドも借りられるが、いぶきとはいつも添い寝しているし、
私も小柄なので病室の子ども用ベッドでも不自由ないことから、
簡易ベッドは借りなかった。

仕方ないことなのだが、病室のベッドは、二人で寝るには若干狭く、
そして硬かった。。。寝心地はやっぱり良くない(っω・`。)
(後で知ったのだが、簡易ベッドはもっと寝心地が悪いらしい)

色々な機械音がする。。。
『ピーッピーッピーッ!!って鳴っているけど、大丈夫かな?』
とか他の病室の音が気になる。。。

どういう病気かわからないが、チューブでつながれた寝たきりの
赤ちゃんがいたり。。。本当に色々な子が入院している。。。

『”健康で生まれてくる”って当たり前のことじゃないんだ』

そんなことを実感した。

そして私の母親が看護師ということもあり、入院した子ども病院の
話は以前、聞いたことがあった。

”県内で大きな病気を抱えた子どもを治療する最後の病院”

そんなイメージがあったので、そこに入院したこと自体がショックだった。
『いぶきの病気はそんなに悪いんだ・・・』
『ここで助からなかったら、いぶきは死ぬかもしれない・・・』
そんな思いばかりが頭を駆け巡っていた。

しかし”治療技術が高く、患者に対するパフォーマンスも良い病院”
ということも聞いていたので、良い病院入院できて良かったという
安心感もあった。

そして現状の自分・・・
夫婦仲は良いとは言えず、お金もない(半年前に車を購入したこともあり、
貯金スッカラカンの状態)、いぶきへの民間の保険は未加入状態。

最悪だっ!!


悪いことばかりが頭を巡り、完全にパニック状態になった時、ふと思った・・・

『地球ドラマチック』で見たメスライオンよりはマシな状況だな。


9/5にEテレで放送された
  『地球ドラマチック 崖っぷちのライオン~家族のサバイバル物語~』
の主人公であるメスライオン集団のリーダーは、乾季のサバンナという
水も食料もない状況で、群れを守っていた。

水も食料もないので、みんなガリガリにやせ細っている。
たまに降る雨で体が濡れた際に、体を舐めあって水分補給をする。

ライオンのメスは子どもがいると次の妊娠をしないことから、
メスライオン集団に、オスライオンが子どもを殺そうと入り込もうとする。
そんな時は、集団のメス同士が団結してオスライオンを追い出す。

勿論、数が多いとはいえ、メスライオンの方が体格も小さいので、
命がけでオスライオンから子どもを守らなければならない。

そして時には用心棒としてオスライオンを雇い、子どもを狙うオスライオン
から群れを守る。。。
(オスライオンの中にも子どもを襲わない奴もいて、そういうオスと同盟を
 組み、ほかのオスライオンが子どもを狙いに来た際には闘ってもらう。
 その代わり、エサが取れた際には最初に同盟を組んだオスライオンが
 たらふく食べて、残りかすを群れの全員で食べなければならない。
 子どもを守るためとはいえ水もエサもない状況で、子どもも餓死寸前
 だから、同盟を組むかどうかというのはギリギリの選択といえる)

そう。メスライオンのリーダーは様々な制約の中で、
最良の選択をしなければ群れは生き残れないのだ。。。
自然界は厳しい・゚・(つД`)・゚・


そんなメスライオンのリーダーと比べたら、だいぶ状況的はマシ(笑)。
屋根がある場所で寝れるし、医師・看護師の管理のもとに暮らすので、
少なくとも餓死は免れそうだ。
そして子どもを殺そうとするオスライオンもいないから、
病気を抱えているという問題はあっても、命を狙われる心配はない。。。


そんなことを考えていたら、やっと安心して眠れた(*´~`*)

とは言え、入院したショックと、自分の置かれている状況と。。。
色々なことが頭を駆け巡り、結局、その日は2時間半くらいしか寝れなかった。


☆ブログランキングに参加しています☆
どちらか一押し、応援していただけると嬉しいですp(*^-^*)q

にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト

熊本&エクアドルの地震⇒ロックフェラー氏の寄付⇒小遣い500円/月

先週、熊本で地震が起きた。
九州に友達がいるので心配だったが、大丈夫そうで良かった。
しかし未だ地震活動が活発なので心配。。。(ノ_<)


熊本の地震も大きかったが、一週間前にエクアドルで起きた
地震も大きかった(M7.8、現時点で死者約600人、行方不明者150人)。

エクアドルにはワールドビジョンを通して支援している子がいるので、
心配だったが、こちらも被災地から離れた地域に住んでいたため、
無事だったので良かった.゚+.(・∀・)゚+.

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
↑ 世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援
   するワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです
   http://www.worldvision.jp/


ワールドビジョンはちょうど7年前、私が就職した時に支援を始めた。

当時、私はジョン・ロックフェラー氏
(アメリカの石油王、史上最大の資産を保有した大富豪)が、
貧乏であった頃から収入の10%を寄付に充てていたというエピソードに
感化され、「よし!!自分も社会人となって給料もらうから、寄付するぞ!!」
と、安易な発想で発展途上国への寄付を始めた。

月4500円の寄付なので、ロックフェラー氏の10%と比べると、
微々たる額ではあったのだが、現在、無収入の専業主婦である私。。。
月4500円はキツイ・・・Σ(´Д`lll)エエ!!


一応、家計費とは別の毎月の私のお小遣い
(5000円/月、ボーナスがあった際には+5000円)から出費しているが、
5000円-4500円=500円・・・
そぅ・・・私の月の実質の小遣いは500円!!
500円って・・・(´∀`σ)σあはははは~小学生の小遣いじゃんっΣ(゚д゚|||)!!

その小学生のような小遣いの中から、
友達や家族への個人的なプレゼント代を捻出したりしているので、
当たり前だが、足りるはずがなかろう・・・ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


足りないので、私専用のお小遣い帳にマイナス計算で記帳してる。
毎月、赤字なのでもはやお小遣い帳が借用書とかに見えてくる(笑)。。。

( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!

そんな時、悪魔のささやきが・・・
「おいおい。もう、よくね?・・・寄付とか諦めたら?
  経済状況厳しいんでって、電話一本かけちゃいなよ(`∀´)」

いぶきの病気が見つかってからは、そのささやき声はますます強くなるばかり。
「おいおい。そんな人様に寄付できるほど金無ェだろうがっ(*`ω´*)」


うん。ホント。冗談抜きでお金ない。



でも、、、しかし、、、と思う。
ワールドビジョンを通じて、世界の人々が置かれている状況に少しは触れられた。
(世界の状況を詳しく知りたい方は、ワールド・ビジョン・ジャパンの公式HP
  http://www.worldvision.jp/に入ってみて下さい)

正直、子どもが病気を抱えているということは子ども自身にとっても、
家族にとってもつらい『現実』だ。

しかしそれは日本という狭いコミュニティの中での『現実』にすぎない。

世界の人々からしてみたら、本当に恵まれた環境で暮らしている。
少なくとも子どもの病気を治療することができるのだから。
子どもを生かす術を持っている『現実』に住む人々と思われるんじゃないかな?

健康に生まれてきたとしても、生まれた国が貧困に苦しんでいたり、
紛争しているために、生き延びることができない子どもはたくさんいる。
ましてや病気を抱えた子どもであれば尚更。。。

胆道閉鎖症は日本に限った病気ではないことを考えると、
きっと医療設備の整わない地域で生まれた子は亡くなってるのだろう。

ハッキリと分かる病状があまりないから
(ミルクも良く飲むし、一見、元気そうに見えるので
    ・・・白っぽいウンチと黄疸の症状を除けば・・・)、
きっと病気であることも気づかれずに、ある日突然、脳出血を起こすか、
一歳ころに肝不全で亡くなるか。。。

そんな世界の『現実』を思うと、今の治療することができているという『現実』は、
間違いなく恵まれた環境に置かれたありがたい『現実』に思える。


え~と。。。何が言いたいかというと、
いぶきやあかりが将来成長して、胆道閉鎖症という病気を抱えている『現実』
に打ちのめされた時とかにも、世界的視点に立って、その『現実』と向き合い、
乗り越えて行ってくれるかもしれないので、ワールドビジョンで支援を行うことは
金銭的には大変大変大変つらいですが、ワールドビジョンから発信される
世界の状況を伝えるニュースを見たり、支援しているチャイルドからの手紙を
見たり、送ったりすることは、無駄なことではないし、こちらも頑張らなきゃと
思えたりもするので、寄付する意義はないこともないであろう・・・ムニャムニャムニャ・・・

と、私の良心が演説じみたことを言って、悪魔のささやきに対抗してます。


そんな葛藤をずっとしていましたが、今回の地震を受けて、
改めて支援を続けていきたいと心が決まりました.(* ´ ▽ ` *)
・・・なんか決意表明みたいだな・・・(笑)


ちなみに負債額が5万円を超えたら、独身時代に貯めた微々たるヘソクリを
切り崩して、とりあえず返済する予定・・・
本当ギリ5万円以下をキープしてるから、次の振込くらいで多分ヤバイな(笑)。



ほぼほぼ泣き言の内容でした・・・すいません・・・
読んでいただき、ありがとうございました(*´v`)



*追伸*
今回、記事を書くにあたり、ロックフェラー氏のことを改めて
調べていたところ、いくつか心に残る名言があったので、
忘れないように書いておこうと思います(*’U`*)

検索サイト:Wikipediaから引用したものを少し書きます。

『故意の浪費は悲惨な欠乏を招く』
(ジョン・ロックフェラーの母の言葉)

『得られる全てを得て、可能な限り節約し、
 全てを与えなさい』

(ジョン・ウェスレーの格言。ロックフェラーが信条としていた)

『彼女の決断は常に私のそれより正しい。
 彼女の助言がなければ、貧乏なままだったろう』
(ロックフェラーが妻について語った言葉。
 石油王と呼ばれた成功者であっても、自分の妻を尊重していたことが分かる
 ような発言で、心が癒されました。お世辞だとしても言われたら嬉しい!!)

ちなみにロックフェラー氏自身に関しては、良い面や悪い面など、
賛否両論ありそうです。
さすが貧乏→史上最大の大富豪になっただけのことはあるなぁ・・・と思います。

ロックフェラー氏自身の名言については、他のサイトで、色々と素敵な名言が
紹介されているので、良かったら見てみてください☆


☆ブログランキングに参加しています☆
どちらか一押し、応援していただけると嬉しいですp(*^-^*)q

にほんブログ村


にほんブログ村



なんかもう凄まじく時間ばかりが浪費される日々・・・

先週は慌ただしい一週間だった((((;゚Д゚)))))))


何といっても、あかりの入園!!

あかり 入園

親子ともに毎日、ビクビクしながら幼稚園LIFEを満喫中。

人生の8割を遅刻しながら生きている私は、
幼稚園バスに乗り遅れないようにバタバタ暮らしてますw(゚o゚)w

まだ一週間ちょっとしか経ってないのにすでに何度か
遅刻気味でのギリギリセーフ(?)を繰り返してます・・・
ほんと、ダメ人間ですよ・・・ハイ・・・Σ(´Д`*)

でも灯里自身は、毎日、
幼稚園に喜んで行ってくれているので、本当にありがたい☆
家庭訪問でもバッチリ先生と話しましたよ・・・あかりが。
親の私よりもしゃべっている時間長かったきがします(笑)
ホント、しっかり者のお姉ちゃんになったなぁ。。。


しかし幼稚園グッズって、手作り品が多くてビックリする。
布団一式、お弁当袋、靴袋、着替え袋、絵本袋などなど・・・

ありがたいことに、『土屋洋服店』という看板が未だに掛かったまま
(ほぼ営業停止中)になった家に住む、最強(?)の祖母
たけし!!
のご協力のおかげで、ほぼ全部を作っていただきました↓

幼稚園グッズ


ホントに不器用で、裁縫が苦手なダメママなのです。私。。。
ミシンもないので、手縫いでチクチクやってたら、
卒園まで完成しなかったでしょうね・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

自分で色々、作っているお母さま方、ホント尊敬します(*^_^*)


いぶきの通院もありました。
インフルエンザになったものの、その後、胆管炎にならずに済み、
血液検査の結果も、悪い値にならずにすみました。。。

しかし先生からも、家族が感染症にならないようにという、
気の引き締まるお言葉をいただきました。
本当に感染症は怖い・・・
今回は影響がなくて本当にラッキーだったけれど、
感染症→胆管炎→移植という状態になって、悲しい思いをしている
ご家族は多いため、本当に気をつけないと。。。何か対策せねば。。。

それから、今回の血液検査では、いぶきの血液がなかなか取れず、
両手&左足の3か所から、30分がかりで採血するという恐ろしい事になった!

看護師さんも一生懸命やってくれましたが、血が取れない!!
いぶきも30分間、ずっと泣き叫んでいて、本当に申し訳ない思いがした。
いぶきも看護師さんもみんな頑張っているのに。
誰も悪くないはずなのに。
痛くてつらい思いをさせてしまい、本当に申し訳ない。

でも検査結果が異常なくて本当に良かった。

いぶき つかまり立ち
「何とか元気でやってます!!」
 (両方の鼻から鼻水垂らしてますけど!!)







☆ブログランキングに参加しています☆
どちらか一押し、応援していただけると嬉しいですp(*^-^*)q

にほんブログ村


にほんブログ村



一難去って、また一難・・・

・゚・(つД`)・゚・久々のブログ・・・
以前、ブログでいぶきがインフルエンザにかかったことを
書きましたが、その後日談というか、現在進行形で不安なことを書きます。


インフルの熱が下がってから、咳と鼻水がすごくて、近くの小児科を受診。

「赤ちゃんは自分で痰を出せないからね~。
 鼻水や痰を取ってあげないと、気管支炎になっちゃうから」

ということで、ほぼ毎日病院通い。
本当は熱が下がって、鼻水が出始めた際に、早めに受診して
ほしかったそうだが、後手後手の私は、鼻水が垂れ流し状態で
どうにも止まらない&咳でゼィゼィ言っている状態で受診。。。
気管支炎っぽくなってたみたい・・・

1月に風邪ひいた時に、早めに受診することの大切さを
知ったはずだったが、全然生かされず、今回もいぶきに負担かけてしまった。
申し訳ない。。。


・・・と、ここまではインフルに手こずっていた話。
そしてここからが本題。。。


鼻水が凄いことになってたので、家庭用の鼻吸い器でも鼻水を
取っていたのだが、鼻吸い器をこたつの上に置きっぱなしに
していたのがいけなかった!!

鼻吸い器の部品(空気弁)、食べましたよ!!彼!!!

正確には、食べた所は見ていないのだけど、気づいたらなくなっていました!!


正直、『2~3日すればウンチで出てくるだろう』と軽く考えていた私は、
とりあえず様子見で、オムツの中のウンチをチェックする程度でしたが、

「・・・あれ???出てこないな・・・(汗)」

ヤバイっす!!!もしかしたら、もうすでにウンチと一緒に出て、
見逃しているだけかもしれないし、部屋のどこかにあるのかもしれないけど、
見つからない!!!(現時点で、誤飲してから5日が経過・・・)


近所の小児科の先生にも相談したけど、「お腹の中のことはこども病院の
先生にしかわからない」(いぶきは手術の関係で、胆のうが切除され、
肝臓にそのまま十二指腸が接続されているという構造になっているため)
ということで、こども病院にも電話。。。

「お母さん、誤飲って、結構、大変なことですよ。」と、自分の認識の甘さを
反省させられる。ホント、目を離して、ごめんなさい。。。

誤飲すると、大きめのものは喉で詰まり、窒息するため、すぐに吐かせる。
しかし小さいものであれば、そのまま飲み込まれるため大丈夫だろう。。。
また、尖ったものだとお腹の中を傷つけるけど、いぶきの飲んだ部品は
尖ったものでないし。。。と、思っていたが、完全に認識が甘かった。。。
(ちなみに部品は1~2cmの大きさのゴム製?かプラ製?のもの)

先生がおっしゃるには、「誤飲した際に、異物が胃まで落ちてしまっていれば、
ほとんどの場合、そのまま便から出るから大丈夫だが、
異物が食道に引っかかってしまうことがある」とのことです。
食道に引っかかると食道の壁に穴が開くことがあるため
(これが起こると、致命的な症状を引き起こすそうです!!)、
早めにとりださないといけないそうです。

ちなみにプラスチックやゴム製のものはレントゲンには映らないし、
CTでも映るか微妙であり、確実に確認するのであれば
全身麻酔をかけて内視鏡で確認&除去が必要とのことです。。。

うわぁぁぁ・・・なんかすごい大変なことになってきた・・・


いぶきが誤飲していない可能性もあるため、、
家の中を徹底的に調査!!
残念ながら、過去のオムツはすでに可燃ごみに出してしまったので、
調べられないのが、本当に悔やまれる!!
今度、誤飲したらオムツ全部解体して調査するくらいの気合いが
必要だと思った・・・

ちなみに掃除機のごみパックや、洗濯機のフィルターなども見たが、
発見されず。。。掃除機のごみパックはマジでやばかった!!
人様に言えたもんじゃないレベルの衝撃的なゴミたちとの出会い!!
そしてそのゴミたちを解体してわずか1cmほどの部品を探す・・・
まさに荒行!!・・・思い出すだけで、鼻の奥がムズムズしてきた・・・


とりあえず、現時点で異物発見できず・・・
先生からも、「とりあえず様子見で、異常を感じたら相談の電話を」
ということなので、不安に駆られながら、様子を見ている今日この頃。

明後日、こども病院に通院するため、また先生に相談してみよう・・・


異物を飲み込んだ本人は、今日も元気に動き回り、横暴を繰り返して
いましたが、目を離すとすぐに何か悪いことしていて、ホント怖い・・・

ああああああああああああああああああ・・・・・
もっと頑張って部屋の片づけしなきゃだわぁ・・・
不安ばかりが募り、心が折れそうだわ・・・


やっとインフル騒動が収まったと思いきや、次から次へと
問題が勃発・・・まぁ、その問題は親の責任で、親が悪いわけだけど。
ホント反省させられます。。。

☆ブログランキングに参加しています☆
どちらか一押し、応援していただけると嬉しいですp(*^-^*)q

にほんブログ村


にほんブログ村




03 | 2016/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

さるぼぼくろみ

Author:さるぼぼくろみ
胆道閉鎖症の息子(2歳)と健常者の娘(5歳)を育てる31歳(♀)

庭&畑つきの中古住宅(築40年)で、子ども達の成長と季節を感じながら子育中。

農作業と創作活動(絵を描くetc)が好き。特技を生かしたお金儲けを思案中( ´艸`)。

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
胆道閉鎖症に関する情報
カテゴリの「胆道閉鎖症」を選択すると、胆道閉鎖症に関する記事のみ抽出されます。 私たち家族の闘病記にすぎませんが、何かお役に立てる情報が含まれていたら幸いです。2つめの記事『胆道閉鎖症の特徴、入院&手術、術後の状態』というタイトルの記事が一番しっかりとした内容になってます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク(胆道閉鎖症サイト)
胆道閉鎖症の情報を得るのにオススメのサイトです☆ 良かったらチェックしてみてください。
お買い物
ボランティア
世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン