FC2ブログ

今年も”とびひ”に苦戦しております(;'∀')

こんにちは☆
7月に入って、やっと1つめの記事です(汗)。
まだ梅雨とは思えないほど、暑いくらい晴れてます(*´~`*)

しかし、先週の九州地方での豪雨・・・すごかったですね・・・
雨により大きな流木が流れてきたり、
建物などが水没しているニュースを見ると、
本当に同じ国なのかな?!と思うほど九州の豪雨災害が
ひどくてショックです・・・((((;゚Д゚)))))))

二次災害などの危険性もあるとのことで、
今後も心配ですね。。。((((;´・ω・`)))

亡くなられた方や家を失った方、まだ孤立状態の方もいて、
豪雨の影響で、本当に大変な思いをされている方が多く、
早く天気などが安定して、復興が進むといいのですが、、、

そして毎年のように何かしら大きな災害があり、
不安になりますね・・・
特に小さな子を抱えて避難するって。。。(;д;)



話が変わりますが、タイトルの通り、今年も”とびひ”に
苦戦しておりますw( ̄o ̄)w

6月23日に、あかりの右腕にとびひを発見!
まだそんなに広がっていなかったのですが、
昨年、とびひが広がって苦戦したので、慌てて病院へ行きました。

まだ症状が軽い方だったので、『亜鉛華単軟膏』という白い薬を
つけて様子を見ることになりました。
(抗生物質をいきなりつけると、ひどくなった時に効かなくなるため)

そして数日後、再診に行った際には、ほとんど治っている状態
という診断になり、ホッとしたのもつかの間・・・


いぶきに”とびひ”がうつってしまいました・・・Σ(´Д`*)


しかも火傷して皮膚移植した箇所に。。。Σ(´Д`lll)エエ!!

もうホントに、『よりにもよって、そこかよ!!』って感じですけど、
昨年のあかりのとびひの時以上に、大変なことになりました。。。

ちなみに、最初は傷ができたくらいにしか思わず、
 とびひだと判明するのに数日かかったため、
 なぜか傷がどんどん悪化していく。。。
 という感じで、数日間、慌てふためいてました(汗)。


いぶきにうつった経緯ですが、元々、火傷の箇所は痒みが強い
そうでして、よく搔きむしってました・・・
勿論、良いことではないので、見つけ次第、止めさせて冷やすなど
の処置(かゆみを止めるには冷やすことがいいそうです。
洗面器に水をためて、両足を入れたり、保冷剤を当てたりしてます)
をしてはいましたが、たまに血が出るくらいの傷を作ったりは
していました。。。

火傷のケロイド(皮膚がボコボコになる状態)を抑えるための
薬・リンデロンVを朝・晩と塗っているので、
別のかゆみ止めの薬は塗れません。
(リンデロンV・・・ステロイド剤。皮膚のかゆみ、赤み、はれなどの
           症状改善のための塗り薬)

リンデロンVにもかゆみ止めの効果はあるということですし、
リザベンという飲み薬も飲んでいます。

リザベンは、ケロイドなどの傷跡の改善・かゆみの改善
のためのお薬です。

余談ですが、この薬は、気管支喘息やアレルギー、アトピーなど
にも使われるとのことで、薬局などで、この薬をもらう時に、
必ずと言っていいほど、「アトピーですか?」とか聞かれるのですが

・・・まぁ、いぶきの年代的にはアトピーで服用している子の方が
多いと思うので、仕方ないですが・・・

「いえ・・・火傷をさせてしまいまして・・・」と心苦しい返答を、
毎度、繰り返しております・・・(T_T)

つくづく、幼い子に火傷なんぞさせるもんじゃないゎ。。。
という気持ちになります(。pω-。)


・・・ハイ、話が脱線しました。

上記のように、一応、かゆみ止め効果のある塗り薬&飲み薬
を服用しているいぶきですが、それでも痒いものは痒いらしく、
火傷の箇所を掻いてしまっていました。

6月27日の夕方に、右足を掻いたことで、大きめの傷(直径1㎝
くらい皮膚がべりっとむけた)ができてしまいました。

「いつもの傷より大きいけど大丈夫かな・・・?」
と思っていましたが、翌日の夜には、その傷が縦1㎝、横2~3㎝
程の楕円形の傷に広がっていました!!Σ(゚Θ゚)

『これはマズイかも?!』と思い、次の日に病院へ電話。

先生が一日手術されていたこともあり、直接はお話できなかった
のですが、足の処置をリンデロン⇒ワセリンを塗るに変更するよう
アドバイスをもらいました。

処置方法を変更したものの、一向に傷が回復する気配は見られず、
むしろどんどん皮が剥げていき、休み明けの7/3には、
皮膚移植した場所の半分以上の皮が剥げ、なおかつ普通の皮膚
の部分までもがベリベリとはがれかかっている状態になりました。。。

土日は病院が休みなので受診もできず、ひたすらスマホで検索して、
いぶきの足に何が起こっているのか調べてたのですが、
”火傷で皮膚移植した場所に傷ができて、皮がどんどんむけていく”
なんていう状態には、一般的になることは稀・・・なので、
探せども探せども、目的の情報は得られず・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

そして皮膚移植した場所の皮が剥げちゃってるけど、
ちゃんと再生するの?!
移植した部分の皮膚が全部剥げちゃったから、
もう一回皮膚移植します・・・みたいなことにならないよね?!
という心配もありましたが、やっぱりよくわからず・・・(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

とにかく、足の皮が剥がれる・・・だけど、かゆいということで、
朝起きると、いぶきの足に巻いた包帯が毎回血まみれになっていて
(夜、寝ている間に掻くので、止めようがない・・・涙)、
足の処置をするために包帯を外して洗おうものなら
大泣き&大暴れするし、靴ですら履くと皮が剥げて血が出る状態で、
足を引きずって歩く姿が痛々しかったです・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

どうしてこんな状態になっていて、ちゃんと回復するのかも分からず、
症状が徐々に悪化していくのを見ることや、いぶきが苦しむ姿を
見るのが、精神的にも辛かった週末でした。。。
(この時点では、とびひだとは思いませんでした)


そんな不安を抱えたまま、月曜の朝一で病院に電話し、
状況を伝えた所、受診することになりました・・・よかったぁ(-∀-)

先生に診てもらうと、一言・・・
「・・・こりゃあ、ヒドイねぇ~」

・・・ですよね~!!

「傷から感染しちゃったんだね・・・」

感染?!・・・感染というと、火傷の入院での説明で、
悪いイメージしかない・・・大丈夫なのかな?!
まさか、入院とかしないよね???と思っていると、

「足、洗うね~」と、処置室に案内され、ぬるま湯を溜めた洗面器に、
感染して皮がはがれた血だらけの足を入れ、
泡立てた石鹸を使いながら足を洗ってくれました。。。

この光景は!!

火傷で入院して、皮がベリベリに剥がれていた時に
毎日行っていた処置のデジャブ???!

いぶきもあの時の処置を思い出したのか、単純に痛かったのか、
とにかく大絶叫で応戦してました( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!

でも火傷入院中にされた処置の時と比べたら、
70~80%くらいの暴れっぷり&悲鳴だったので、
多分、以前よりはまだ痛くないのかも。。。?
(でも帰宅してから、しばらく足を引きずりながら歩いてたから、
  やっぱり痛かったのだと思います)

そしてイソジンゲルという消毒薬を塗ってもらいました。

「”とびひ”みたいなものに感染してる感じだね~」
と言われたので、
「あ・・・お姉ちゃんが、先週までとびひでした」というと、
「じゃ、多分、とびひだね。
 ひどい状態に見えるけど、薬ですぐにやっつけられるから
 大丈夫だよ~」と言われ、ホッとしました。

この日は、イソジンゲルの塗り薬と、細菌による感染症に効く
飲み薬をもらい、帰宅しました。


いぶきの足の感染の原因が分かって、ホッとしたのもつかの間。

治っていたはずのあかりのとびひが再発してしまったので、
翌日にまた病院へ行き、今度は抗生物質の入った飲み薬&
塗り薬をもらい、朝・夕の二回処置することになりました。

幼稚園に行く前に朝、塗り薬塗って包帯を巻くという処置が
地味に面倒くさかったですヽ( ´_`)丿


そしてその次の日には、いぶきのとびひの再診のため、
子ども病院へ・・・

「前回よりは、良くなってきてるねぇ~」というありがたい
一言をいただき、今回も足を洗う処置をして薬を塗って
もらいました。

薬もフシジンレオ軟膏という、皮膚の病気の原因となる細菌を
殺すための塗り薬に変更になり、飲み薬も別の抗生物質
(細菌感染症を治療する薬)に変更になりました。

一週間後(つまり今週)に再診をうけることになりましたが、
毎日、処置をしている中で、目に見えて回復しているので、
良かったとホッとしていますヾ(o´∀`o)ノ

先週はほぼ毎日、病院通いの日々でしたが、
お陰様で、あかりのとびひも、先週末に無事に完治しました♪
これでいぶきのとびひも、完治のお墨付きが出れば万々歳です☆


長く、まとまりのない文章になってすみませんでした。。。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^-^)/





☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  ポチリと、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村



スポンサーサイト

GWもあっという間に後半戦に突入しましたね!

こんばんわ(=゚ω゚)ノ
夜中にコソコソとパソコンでブログを書いており、
超インドアなGWを送っている、今日この頃です。

あと3分で『子どもの日』です!
子ども達の健やかな成長を願って・・・
おめでとう~(((o(*゚▽゚*)o)))


さてさて、今年のGWは実家でゆっくりと過ごして

・・・いません!!

っていうか、実家に帰省することすらできませんでした(涙)!!


予定では実家に帰省して、今頃はゴロゴロしているはずでしたが、
自宅で二人の子ども相手に、体力&気力を吸い取られ、
疲弊する日々を送っております・・・w( ̄o ̄)w


何故でしょうか???

それは・・・

あかりが溶連菌に感染してしまったからです(つД`)ノ


まさかの今年も溶連菌・・・

昨年もこの時期(昨年は5月中旬)に感染したのですが、
『昨年は年少だったし、幼稚園での疲れが出る時期だったから
 仕方がないけど、今年はさすがに、かからないでしょう~』
と、根拠のない自信がありました。

・・・しかし・・・かかってしまいました。
しかもGW直前に・・・Σ(´Д`*)


5月2日に日本脳炎の追加の予防接種を受ける予定でしたが、
その前日の夜中に、咳き込みすぎて吐いたりもしていたので、
念のため、幼稚園をお休みして、病院へ咳の件と、
予防接種を受けても大丈夫かを聞きに行きました。

咳は2~3日前から、夜中の寝ている時だけ出ていて、
日中はしていなかったし、熱もずっと平熱を保っていました。
(受診時に測った際も、平熱でした)

そのため、『風邪の引き始めかな?』l くらいにしか思って
いなかったのですが、喉が赤く腫れていることから、
念のため溶連菌の検査をしました。


そして溶連菌に感染していることが判明・・・


『えっ?!!・・・マジで?!
  ・・・このタイミングで???』

というのが、正直な感想でした(( ´∀` )

子どもを心配しろよ!!って感じですが、
当の本人は、熱もなく、全然元気な状態でしたので、
本当に不意打ち食らった感じで、ショックが大きかったです(;д;)


溶連菌は感染力が強いため、幼稚園の登園が停止になる
感染症ですが、幸い(?)幼稚園はGWで休みです。。。

しかし最低2日間は外出禁止で、人に会わないようにして
欲しいということで、実家帰省の予定がキャンセルに・・・

念のため、GW明けの月曜日に、病院を受診してOKが出たら、
幼稚園に行くということになりました。


溶連菌は抗生物質を使って治さないといけないのですが、
菌が完全にいなくなるまで抗生物質を飲まなければならないので、
薬を飲む期間が長い&しっかりと忘れずに飲ませる必要がある
という点が大変だった記憶があります。

症状が良くなったからといって、抗生物質を飲むのを途中で
やめてしまうと、後でリウマチ熱
(心臓弁膜に障害などを起こす)や、
急性糸球体腎炎(血尿・蛋白尿・むくみなどが出る)
という症状がでることがあるそうで、シッカリ治すことが
とにかく大事だそうです!!


そしてシッカリ治ったか確認するために、
5月下旬に尿検査があります。

溶連菌・・・チョイと面倒臭い感染症なんです・・・
でも今回は、熱が出る前に受診できただけでも
ラッキーだったかなぁと思います。

後は、いぶきにうつらないことを願うのみ・・・ヽ( ̄д ̄;)ノ



しかし長期休暇の時に病気とかになると、
世間からの取り残され感がハンパないって、
いつも思います・・・Σ(´Д`lll)エエ!!

一昨年、いぶきが胆道閉鎖症の入院&手術した時は、
シルバーウィークが入院期間とかぶってて、
昨年、いぶきが火傷で入院&手術した時は、
クリスマス&年末年始とかぶってて、
今回はGWとかぶってしまいました・・・○| ̄|_

『あぁ・・・世間では今頃・・・』と思いながら過ごし、
休暇期間が終わり、元の日常に戻ると、
自分の休暇中の時間だけが、何ら楽しい思い出もない
空白の期間みたいな・・・ポッカリと穴が開いたような・・・
感覚に陥ったことを思い出しました(汗)。

まぁ、今回は入院中と違って、完全に日常から切り離された
生活をしているわけでもないし、そんなに喪失感はないと
思いますが・・・でも、やっぱり残念・・・ですが、しょうがない!!

こればっかりは、しょうがない・・・(-∀-)

まぁ、今日からは外出も一応できるので、
(とはいえ、人込みは避けるべきですが)
GW後半、ユルリユルリと子どもと楽しみたいと思います☆




☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  ポチリと、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村



今月の感染症 ~ロタウィルス~

今日で、あっという間に4月も終わりですね‼

今更ですが、今月の上旬~中旬にかけて、
いぶきがロタウィルスにかかってました 。゚(゚´Д`゚)゚。


7日(金)の夜に発熱&下痢をして、
翌日、慌てて小児科に連れて行きました。

発熱したことも不安ではあったのですが、
うんちの色が、白っぽいような薄い色
(レモンイエローに近い色)で、
本当に、胆道閉鎖症の病気が発見される前の
うんちの色に似ていたので、見た瞬間、
ドキッ!!((((;゚Д゚)))))))
としました・・・w(゚o゚)w


いぶきの持病である胆道閉鎖症は、
手術後の心配な症状に、”胆管炎”があるのですが、
胆管炎になると、発熱し、薄い色のうんちが出るので、
その際には、こども病院へ連絡することになっています。
(胆管炎を起こすと、肝臓の状態を悪化させるため、
病院で適切な処置をしてもらう必要があるので)

しかし、以前、あかりが白っぽいウンチをした際に、
ロタにかかったも、「白っぽい色のウンチが出る」ことや、
「発熱」するという情報がネットに載っており、知っていたので、
ロタかな?!・・・胆管炎かな?!」
と、軽くパニックになりました・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

『ロタだと感染症なので、こども病院に連れて行ったら、
拡散させてしまうことになる!!』
ということで、先に小児科へ行って、感染症によるもの
でないかのチェックをしました。


小児科の先生に、ウンチを見せると、
「色が薄いし、下痢っぽいから、ロタの可能性があるので、
 調べてみます」と言って、
検査(20分くらいで結果が出ます)してくれ、
その結果、ロタに感染していることが分かりました・・・(゚д゚)

『また感染症にかかっちゃったのかぁ~』
という思いと同時に、『ロタで良かったぁ~(* ´ ▽ ` *)!!』
と思いました。

わが子が感染症にかかり、発熱&下痢で苦しんでいる状態なので、
『ロタで良かった』という感想も変な気がしますが、本当に正直、
『胆管炎じゃなくて良かった』と思いました。
(胆管炎だと、入院して治療することになるので)

それに火傷入院を経験してから、インフルエンザ・ロタウィルスと
感染症にかかったのですが、以前であれば
『また感染症かぁ~(;д;)・・・勘弁してくれぇ~・・・」
という気持ちだったのが、
「毎日、痛い思いをしながらの入院生活をするよりはマシだゎ」
と思うようになり、精神的負担のハードルが下がりました(*´∀`人 ♪

とはいえ、感染症などにかからないに越したことはないのですが。


小児科の先生からは、
ロタウィルスに効く薬
(抗ウィルス剤等)は無いから・・・

ということで、対処療法をしながら、自然治癒するのを待つ
という説明を受けました。

熱が出ている時は、解熱剤で対応すること、

下痢が続くので、脱水症状にならないように気をつけること、

感染力が強いので、周りに他の子がいる所では
絶対にオムツ替えをしないことや、手をすぐに洗うなど、
拡散させないように気をつけること、

消化に良いものを食べさせること、
(普通に食事ができるくらい食欲が回復したとしても、
 下痢が続いている間は、消化に良いものを食べるように
 しないと、下痢が長引いてしまうため、注意が必要とのこと)

というような内容の説明を受けました。


ロタウィルスは、春先に流行する感染症だそうですが、
最近は、予防接種してる子も多く、以前ほどは流行しなくなった
という話も聞きましたが、いぶきの場合、
ロタの予防接種は生ワクチンだったため、
術後、受けられない部類の予防接種でした。

正確に言うと、生ワクチンでも、術後6か月以降なら
受けられるのですが、ロタの場合、赤ちゃんの早い時期に
受けておかないと(受けられる時期が決まっている)、
副反応のリスクがあるということで、受けられませんでした。

※いぶきの予防接種に関しては、詳しくは過去の記事・・・
  『予防接種』に書いてあります↓
http://sarubobohuntouki.blog.fc2.com/blog-entry-10.html


いぶきの発熱は7日夜~9日昼くらいまでは、
38℃後半や39℃台の熱を出していて、
解熱剤も使ったりしていましたが、9日夜には平熱になり、
その後は熱が出ずに済みました。
(感染症の発熱を機に、後日、胆管炎の発熱を起こすことも
 あるそうなので、熱が下がっても、数日間は、いつもヒヤヒヤ
 しながらすごしてます・・・汗)


食欲も、病院へ行った日は、一日中、食欲がなく、
ゼリーくらいしか食べられなかったのですが、その翌日からは
徐々に食欲が戻ってくれたので、安心しました。
(食欲が無くて、何も食べれられない場合は、10日に再度受診し、
 点滴をするように言われていたので、食欲が戻って良かったです)


しかし、今回のロタで一番大変だったのが 『下痢』 でした。

下痢の水様便が数日続き、しかも頻度も一日に何回もしていたので、
処理が本当に大変でした。

毎回と言っていいくらい漏れ出してましたし、多い時は、一日6~7回、
下痢してました。
正直、火傷入院中の胃腸炎の時よりひどい下痢の状態でした。
(入院中みたいに、看護師さんにお願いしながら着替えたりしなくて
 良い分、気持ち的には楽でしたが・・・(´・_・`)
 ちなみに、小児科の先生曰く、多い子だと一日に10回以上下痢する
 らしいので、うちはまだマシな方かもしれません)

一番、下痢がひどかったのが、11日だったのですが、
その日はちょうど、あかりの家庭訪問の日で、本当にパニックでした!!

家庭訪問期間中だったので、バスのお迎えが12時頃だったのですが、
バスのお迎えに行こうとした瞬間に、ウンチしてくれて、
慌ててオムツ替えしようと抱き上げたら、どういうわけか、
ズボンの足が出る所から漏れ出し、いぶきを異動させた1mくらいの
距離をウンチ君が点々と軌跡をつけて下さり・・・Σ(´Д`lll)エエ!!

机の下に敷いてあるマットが台無しになりました!!

すぐにバスのお迎えにも行かなきゃということで、本当にパニックで!!

幸い、夫がいたので、いぶきを任せて、バスの迎えに行きましたが、
すでに到着していて、同じバス停の方々をお待たせしてしまってた
状態で、申し訳なかったです・・・

しかも雪が降る寒い日でした。。。
4月11日の昼なのに、なぜか雪が舞ってましたよヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

家庭訪問は2時からだったので、慌てて、ウンチで大惨事になった
部屋を片付けて昼食を取り、いぶきと夫は風呂に入り、
部屋の掃除&換気して、いい匂いのスプレーをまき散らし、
ギリギリ何とか先生をお迎えしました・・・(o゚□゚)o

本当に大変な家庭訪問でした。。。

結局、下痢は1週間以上かけて、徐々に普通便に戻っていきました。


ロタになった時期が、あかりの幼稚園の家庭訪問や参観日
(参観日は人が多いため、いぶきは連れていけないので、
 いぶきの子守のためにファミリーサポートを利用しているのですが、
 感染症なので利用が難しく、結局、実家の親に来てもらいました)
と重なっていたため、何かとバタバタした日々でした・・・○| ̄|_


とりあえず、無事にロタが治ってよかったです。

そしてロタを発症したのが病院関係の予定が終わってから
だったので、まだよかったなぁと思いました。
(5日⇒虫歯の進行止めを塗ってもらうために歯科大受診、
 6日⇒胆道閉鎖症の定期通院のためこども病院受診、
 7日夜に発熱&下痢・・・という感じでした。
  これがロタが先だったら、病院関係の予定が全部つぶれてた・・・)


あかりといぶきがピアノ

↑ ロタが治って、元気になったころの写真です。
  お姉ちゃんと一緒に、布団に入って遊んでるところです☆



☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  ポチリと、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村



今年もインフルエンザ( TДT) part2

3月に入り、暖かくなってきた~(´∀`)と、思いきや、
昨日は雪が舞うほどの寒さでビックリしました!!

今日も寒そうですね(-""-;)

しかし、植木の植物がだいぶ芽吹いてきており、春までもう少し☆
早く暖かくなって欲しいです(^-^)




あかりといぶきの近況報告です☆

↑あかりは、インフルエンザから復活して、
  幼稚園の発表会に参加することができました!

『リンゴがドスーン』という絵本を元にした劇で、
ちょうちょさん役をしました(*^^*)

発表会の前の週にインフルで1週間登園停止だったので、
リハーサルや練習もほぼ出来ませんでしたが、
周りの子を見よう見まねで、頑張って演じてましたf(^^;)

衣装も可愛いのを作ってもらって、嬉しくて家でも着てました(^◇^)

先生が作ってくれたと思われる衣装…
ビニールや紙で出来ているのですが、色々と凝った作りになっていて、
幼稚園の先生ってスゲー!!って改めて思うような出来映えでした!

ちょうちょ以外にも、うさぎ・ワニ・キリンが登場するのですが、
それぞれの動物の特徴をとらえて、可愛らしく作ってあり、
なおかつ、人数分(20人くらい)作るって、
大変だったろうなぁと思いました(>_<)!!
先生、本当にお疲れ様でした☆


いぶきですが、2月下旬にインフルエンザA型
にかかってしまいました(°Д°)!!

あかりが上旬にかかり、何とかうつらずに済んだ~(;´∀`)
と油断したのがいけなかった…

久しぶりにみんなでお出掛けして、数日後、
インフルエンザ発症!!

数時間外出しただけなのに、本当にすぐに感染するんだナァ~( ̄▽ ̄;)
あかりの時は、もっと小さい頃から一緒にお出掛けしても、
ほとんど感染症もらってきたことなかったのに…
(そういえば、インフルエンザになったのも、あかりは今年が初めてだし)
って思いましたが、完全に自業自得パターンなので、
致し方ないですね(>_<)

その子の特性を見極めて、できることを精一杯楽しめるように
過ごすという努力が足りなかったΣ(ノд<)

家で元気に過ごしている姿を見ると、ついつい、
病児ということを忘れそうになるけど、
やっぱり感染症に弱い&疲れやすい体質なのだなぁと思いました。

そして改めて、感染症の時期はお家でおとなしくしているのが一番
だということが身に染みて分かりました( TДT)

いぶきのインフルエンザ自体は、夜中に熱が出て、
翌朝には病院受診して薬をもらい、薬が早く効いたのか、
2日間熱が出ただけで済んだので安心しました。

インフルの影響か、薬(タミフル)の影響か分かりませんが、
3~4日くらい、寝るときや寝てる最中のグズリが酷くて、ビックリしました!

ネットで調べたら、子ども(特に男の子)では結構よくあることみたいでしたが、
本当に全身&全力で寝ながら暴れている状態でタチが悪かったです(-_-;)
ノンレム催眠の時や寝起きに暴れる症状が出やすいらしいです。

あかりもタミフル飲んでましたが、特に、上記のような症状はなかったです。

小さい子特有の症状なのか、それとも、
一時期話題になったタミフルの異常行動の一種なのかは分かりませんが、
とりあえず結構な暴れっぷりでした…( ̄▽ ̄;)

今はまだチビでできること少ないからいいですが、
大きくなってから、インフルで同じような症状が出たら、
ちょっと大変そうです( ノД`)…
とりあえず異常行動起こすかもと、目を離さずにすごすことが必要!
ということを、今回の暴挙で学びました。


今回のインフルではその後、胆管炎にならずに済んで良かったですが、
肝臓には負担かかってるんだろうなぁ…
来月の通院での血液検査、ドキドキです(*_*)



今回、インフルになって一番ショックだったのが、
歯医者の予約がキャンセルになったことでした。・゜゜(ノД`)

以前、いぶきの虫歯に関する記事を書きましたが、
実は1月末の健診で、
「虫歯の進行止めを塗らないと、この子の場合、ダメだと思う」と言われ、
以前、歯医者に行ったときに、「進行止めを塗ってください」と言ったら、
レントゲンを撮って、
「この程度の虫歯なら、フッ素とMIペーストで予防すれば充分だから」
と言われてしまい、進行止めを塗ってもらえなかったと話しました。

そしたら、
「じゃあ、歯医者変えた方がいいね。この子の場合、
虫歯になりやすそうだし、乳歯の虫歯の進行は早いから、
悠長なことしてると、神経まで虫歯到達して、もっと大変なことになるよ

と言われたので、慌てて歯医者を選定し直しました(-""-;)

ちょうど主治医の先生とも話す機会があったので、
胆道閉鎖症の他の子はどうしてるか聞いたら、
歯科大に行ってると聞いたので
(とはいえ、先生も歯医者の話は、二人くらいからしか聞いたことないから、
虫歯の子はあまりいないか、もしかしたら地元の歯医者に
行ってるかもだけど…とのことでした)、慌てて予約の電話を入れました。

まぁ、覚悟はしてたものの、予約は1ヶ月先…

しかも小児歯科ではなく、念のため特殊診療科で…
ということになり、「やっぱり普通じゃないのか」と改めて実感…(-_-;)

その1ヶ月先の予約を、インフルのためにキャンセルすることになり、
更に1ヶ月先の予約に!!  ショックすぎる( TДT)!!

しかも前歯の上4本が虫歯と言われていたけど、
最近、奥歯の上下4本の溝にも茶色い色がついてきて、
また虫歯かも…( ノД`)

毎日、歯磨きしてるのにナゼ??!

よっぽど私の磨きかたが悪いのか?!

確かに歯ブラシ噛まれたり、いぶきの抵抗がスゴくて、
完璧に磨けてるとは言いがたいかもだけど、
MIペーストも塗ってるし(しかし塗った瞬間にいぶきがなめて、
取っちゃってるけど)、虫歯に強い口内細菌を増やすためにL8020という
細菌が含まれるタブレットとかヨーグルト食べさせて、予防してるのに!!

努力、全部無駄か?!!
ってくらい、虫歯菌の威力ハンパないっす(|| ゜Д゜)

早く進行止めを塗ってもらいたいです…ほんとに。
(ただ塗ると歯が黒くなるから、超カッコ悪いらしいよ)

そんないぶきですが、インフルもひな祭りの日に外出可になり、
今は元気にしてます☆

昨日は、水痘と四種混合の予防接種も受け、
2歳までに済ませる予防接種は何とかクリアできました!
本当に良かった(^o^)v

いつ移植になるかも分からないから、
予防接種だけは受けられるだけ受けたいと思ってたけど、
何とか今できるだけのベストは尽くせたかと…

あとは3歳での日本脳炎の予防接種を受けられるように、
また頑張ろうと思います☆

今日は昼から形成で火傷の通院。
前回、インフルでキャンセルしたので、1週間遅れです。
最近、移植した皮膚がボコボコと盛り上がってきて心配だったので、
先生に診て貰えそうで良かったです!

最後に、最近のいぶきの写真も載せます。



↑最近、彼はリカちゃん人形で遊んでます(笑)。
おい!大丈夫か!!?って、一瞬心配になるけど、楽しいらしいです。
着せ替えはまだ出来ないから、脱がせるだけ脱がせて後は放置…
リカちゃん、かわいそう…

11月後半からの病気3連発(その2☆虫歯)

おはようございますヾ(・∀・)ノ
今日は一段と、朝から冷え込んでいますね。
雪が降る予報だったので、昨日、慌ててベランダの植物を
室内へ全部移動しました(*´~`*)
玄関が一気に狭くなりました(=∀=)


今回は、虫歯になってしまった話を書きたいと思います。

11月中旬からヘルペスになったいぶきでしたが、
ヘルペスも無事に完治し、一安心・・・と思っていた矢先・・・


「ん???!前歯がエライ黒くなってる・・・Σ(゚д゚|||)」

実は、前歯2本の間に黒い小さな点が、以前からあり、
気にはなっていたのですが・・・

『最近、ボールペンでよく遊んでるから、誤って口に入れて、
 色がついてしまったのかな?
 ちょっと様子見だな~w( ̄o ̄)w』
くらいにしか思っていなかった(今考えると、ただの現実逃避)。

気が付いたら、小さな点だったはずが、歯と歯茎のカーブに沿って
確実に広がっている!!

ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!虫歯だコレぇ!!


小さな黒い点を見つけた時点で、すぐ歯医者行けよって感じですが、
改めて、ショックでした・・・・゚・(つД`)・゚・

ってか、歯磨きをちゃんとしていなかった、親である自分の責任で
あることは重々承知しておりますが、それでもやっぱり、
精神的なショックが大きかったです・・・(ノ_<)

正直、ここ最近で一番ダメージが大きかった・・・(;д;)


画像を一番下に貼りますが、ヒドイ状態です・・・(T_T)

まさか一歳半前にして虫歯とは・・・!!
最近、やっと奥歯が生え始めたばかりなのに・・・


『虫歯ってこんなに、進行早いの?!』
ってほど、あっという間に広がりました。


正直、いぶきが健常児だったら、もう少しショックが
小さかったのですが・・・胆道閉鎖症の子にとっては
虫歯、良くないです(つД`)ノ
(イヤ、健常児でもダメですね!!
  できれば虫歯、ない方がいいに決まってますから!)

その理由は、
移植になった際に治療が必要になるから。

肝移植をした子たちのブログとか見ると、
虫歯があった場合は、その虫歯を治療してから移植手術を
行ったということが書いてあり、しかも年齢が小さいと、
虫歯治療もかなり壮絶で・・・
(移植までの時間が少ない=虫歯治療も一気に何本も行う
 という理由でも大変なんだとは思います)

虫歯には気をつけなきゃ!!
と、思っていたものの、行動が伴わなかった結果、
こうなってしまいました(自分、ホント、バカ・・・)。

虫歯にしてしまったオマエが言うなよ!って感じかも
しれませんが、もしお子さんが胆道閉鎖症だと分かった親御さんが、
このブログを読んでいらっしゃるのであれば、
虫歯にならないように本当に注意してあげて下さい。
この病気の子は、いつ移植になってもおかしくはない病気なので、
虫歯が無いに越したことはないと思うので。

そして、もし、『虫歯になったかも?!』と思ったら、
すぐに歯医者さんへ!!
私みたいに、様子見で・・・とかやってると、広がりますから!


先日、市で開いてる歯科相談(ありがたいことに無料でした☆)で、
歯科衛生士さんと話をした際に、
いぶきの病気のこと(感染症に弱い体質)も話したのですが、
歯科衛生士さん曰く、「免疫系が弱くて、感染症に弱い子は、
虫歯菌に対しても弱い傾向がある」そうです。

もちろん、すべてがこの病気のせいではないですが、
移植の際には虫歯治療が必要&虫歯になりやすい体質
ということを念頭に、改めて、歯磨き頑張らなきゃ!!って思いました。


ちなみに、もともと、私自身が虫歯になりやすい体質

 ⇒歯自体が柔らかい
   (治療の際に歯が削りやすい=虫歯菌も進行しやすいそうです)

   唾液量が少ない
   (口呼吸しているせいもあるかも?
     口の中が乾燥していると虫歯菌が繁殖しやすいそうです)

   口の中の虫歯菌量が多い
   (歯医者で検査したわけではないのですが、
     祖父母が4人とも総入れ歯だったことを考慮すると、
     遺伝的に歯の質が悪い&虫歯菌量も多いのではないかと)

なので、もっと注意しなきゃいけなかったのだと反省。。。(;д;)


それから、いぶきが虫歯になった反省を踏まえて、
虫歯の原因の考察と、今後の対策を書きたいと思います。

【虫歯になった原因】

1. 歯磨きが甘かった
  
⇒まず、コレが一番の原因ですね。
    いぶき、本当にごめんね(つД`)ノ!!
    夜の仕上げ磨きくらいしか、やってなかったし、
    病気になって機嫌悪い人かは、「まぁ、いいか~」
    ってなってしまってました(ダメ母・・・)。

    歯科衛生士さんの話では、
    「病気で機嫌悪い日は、仕上げ磨きは、
     無理にしなくてもイイと思うけど、
     せめて本人に歯ブラシを持たせて、
     口の中で歯ブラシをガシガシ嚙ませているだけでも
     唾液腺が刺激されて、唾液が出るから
     口の中が多少は洗浄されますよ」
    とのことだった。

    なるほど。。。歯ブラシ、ガシガシしてるだけでも
    多少はいいんだなぁ~(。´・(ェ)・)次から、そうしよ。   


2. 哺乳瓶を長期間使用してミルクをあげていた


⇒哺乳瓶をずっと使用することで、歯並びが悪くなったり、
  虫歯になりやすくなるそうです。

  また、夜の寝かしつけにミルクを飲ませて、
  そのまま寝させていたので、当然、
  ミルクを飲み終わってからの歯磨きは無しだったのも
  良くなかったと思います。
  

3. ダラダラ食べが多かった
   (物が口の中に入っていない時間が短かった)

⇒ 胆道閉鎖症の子はよく食べる子が多いらしいです。
   (脂肪の吸収がうまくいかないからだったかな?
    確か病気ならではの理由があった気がします)
   いぶきもすぐにお腹を減らして、食べ物を要求していました(汗)。
   
   そして外出する機会を減らしていたため、当然、
   家の中で、食べ物と接する機会も増えていた気がします。

   物が口の中に入っていない時間に、唾液で口内洗浄が行われて
   いるらしいので、その時間が取れなかったことも虫歯の原因に
   なったと思います。


4. いぶきの手の届く範囲に、食べかけの物がある環境だった

⇒子どもの虫歯は、3歳までに親からうつらなければ、
  虫歯になりにくい体質になるそうです。
  特に、2歳前後が一番うつりやすい時期とか・・・。

  いぶきは1歳半前で虫歯になったので、かなり早いほうですね(汗)。
  ちなみに、あかりは今、4歳ですが、今のところ虫歯ナシです。

  今更気づいたことですが、コタツ机で物を食べる習慣に
  していたことも良くなかったと思います。

  あかりの時は、あかりが”待つ”ことができるようななったり、
  ”してはいけないこと”をやらなくなる時期までは、食事はテーブルで
  していました。

  しかしテーブル(1m×50㎝くらいの大きさ)が小さかったこと、
  イスも大人用の丸椅子二つしかなかったことから、
  コタツ机で食べるようになりました。
  
  これにより、子どもがすぐに手で取れる範囲に食べ物があるという
  環境ができてしまいました。
  
  しかも一人目は、その子だけを見ていればよいので、
  食べかけの物を手にした瞬間、取り上げることができましたが、
  二人目ともなると、目が届かず、気づいたら勝手に食べていたという
  ことが多々ありました。
  勝手に食べられる環境を作ってしまったことで、大人の食べた物から
  虫歯菌がうつったのだと思います。

  子どもの手が届かないような、食事用のテーブルでしか、
  食べ物を食べさせないという環境を作ってあげていたら、
  二人目の子育てでも虫歯ナシできたかも・・・って思います。
  
  あ!もちろん、手が届かないから、料理を皿ごとこぼされる心配も
  ないですし、食事準備のストレス軽減にもなったかも。
  重ねがさね、残念・・・
  (ちなみに、上記のことは他のお友達の家に遊びに行って、
   最近、気づきました。。。うちには食事用テーブルがないと・・・
   言い訳ですが、転勤族なので物を増やしたくなかったという理由もある)

  
5. 口呼吸

⇒口呼吸していることも、虫歯の原因になるそうです。
  口の中が乾燥して、唾液量を少なくなるためだそうです。

  いぶきは口呼吸・・・ってか、あかりも私も口呼吸。
  家族みんなで呼吸法を口⇒鼻に変えてかなきゃですね(汗)。
  特に、寝てる時の口呼吸・・・絶対、歯にとって良くない・・・

  いぶきも最初から口呼吸だったわけではないです。
  少しずつ口呼吸になっていきました。

  考えられる主な原因は、鼻詰まり。
  風邪をひくたびに、よく鼻水たらしてました。

  面倒くさがり&ズボラ主婦である私ですから、頻繁に鼻水を
  取ってあげたりはしませんでした。。。

  今思うと、鼻が常時詰まっている⇒口呼吸になるという
  悪循環に、知らず知らずのうちになっていったのだと思います。
  しかし『口呼吸』で調べると、結構、その原因とかも書いてあるから、
  結局は私が知らなかったことが災いしているのでしょうね。
  育児って、ホントに情報戦だわ・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

 
<参照サイト>
     ☆子どもの虫歯のことに関して、もっとよく知りたい方は、
       コチラ↓を参考に・・・ヾ(・∀・)ノ
       『歯の教科書』というサイトにリンクしてます。
   http://haisha-yoyaku-blog.jp/baby-teeth-bad-tooth-8770

     ☆口呼吸のデメリットについて、もっと知りたい方はコチラ↓。
       『妊娠&子育て応援サイト!MARCH』にリンクしています。
   http://maternity-march.jp/kutikokyu94778/


【今後の対策】

 虫歯になった原因が分かれば、あとはその原因を排除するのみ!!
 
 歯磨きはしっかり毎日、
 夜だけでも仕上げ磨きをしてます
 (時間がないとか、機嫌の悪い日中は自分でガジガジ噛ませるだけ
  の時もありますが・・・汗)

 歯医者さんで診察してもらった際に、
 フッ素も塗ってもらいました!!
 また半年後に塗りに行きます!

 あと毎日の歯磨きでは、フッ素&キシリトール入りの歯磨き粉で
 磨いて、口をゆすいだ後、
 『MIペースト』というやつを塗ってます。
 これは歯医者さんから勧められらものです。
 
 効果としては”口中を浄化する”そうです。

 具体的には、歯を再石灰化させて強化する作用、
 酸性になったの口内を中性に戻す中和作用があることから、
 虫歯予防になるそうです。
 (ただし、ネットで検索すると、賛成派と効果を疑問視する派が
  いるみたいです)

 使い方は、歯磨き後に気になる箇所の塗りこむだけ。
 (私は綿棒につけて、いぶきの前歯にぬりこんでます)

 塗りこんで3分間は、唾液をはかずにそのままの状態にしておく。
 さらに、30分間飲食をせずにいると効果的だそうです。

 いぶきは唾液吐けないので、口の中に残ったままにしてますが、
 (っていうか、甘いので、塗る前に、積極的になめようとする・(-_-;))
 赤ちゃんだから仕方ないし、少量なので大丈夫だと
 歯医者さんからは言われました。
 (さすがにチューブ1本飲んだらダメだそうですけど)

 歯磨きの際に、フッ素入りの歯磨き粉を使うと、
 より効果的だそうです☆

 ただし・・・
 【注意!!】
 牛乳アレルギーの方は使えません!

⇒牛乳由来成分が含まれているため、使えないそうです。


MIペースト/メロン/1本(40g)≪GC ジーシー≫【MB】

価格:1,270円
(2016/12/11 10:41時点)
感想(6件)



↑楽天で売ってます。
  これは今、いぶきが使っているメロン味☆



GC MIペースト40g アソート 7本 【期間限定・数量限定】

新品価格
¥9,244から
(2016/12/11 10:52時点)



↑Amazonでも売ってます。
  こちらは7本セット。色々な味のバリエーションが☆




キシリデントライオン こども ハミガキ 60g

新品価格
¥233から
(2016/12/11 10:54時点)



↑普通の歯磨きの際に使用してる歯磨き粉。
  キシリトール&フッ素入り。
  フッ素濃度が高い歯磨き粉を使用しようかと考え中なのですが、
  やはり、フッ素も賛成派と反対派で色々な主張があるみたいなので、
  とりあえず普通の歯磨き粉使ってます。
  まぁ、でも、フッ素を歯医者さんで塗ってもらってるからね・・・
  

  歯と歯の間に虫歯ができやすいので、
  フロスもするように!!とのことです。
  毎日は大変だから、2~3日でもいいから、
  フロス通してって言ってました。
  
  「ノコギリのようにゆっくり上下させて、歯の間を通してください」
  って言ってたけど、フロス通そうとした瞬間、
  いぶいがガチッって噛んで、
  高速で歯の間を通った上、歯肉にブッシュって刺さって
  血が出ましたけど!!!Σ(´Д`lll)エエ!!

  フロスは、いまだにビクビクしながらやってます(笑)。
  

Ci こども用フロス 1ケース(40本入)

新品価格
¥373から
(2016/12/11 10:56時点)



↑子ども用フロス☆
  大人の物より小さくて、使いやすい☆


 哺乳瓶については、ミルク卒業したので、今は使ってません。
 
 ダラダラ食べについては、食べる時間に気をつけるだけでなく、
 家にいない時間を作るようにしました。
 
 外出を避けていたけど、外をちょっと散歩程度なら感染の心配
 もないので、ちょっとゴミ出しついでにいぶきを歩かせるとか、
 ハガキ(懸賞大好きなので、よく出しに行く)をポストまで
 出しに行くついでに、いぶきとちょっと歩くとか・・・
 
 今まで、いぶきがいない時にまとめてやっていた外のことを
 ちょっとずつ、いぶきと一緒にやることで、時間を空けています。


 残念ながら、テーブルを買うということはしないだろうなぁ、、、
 そろそろ引っ越しだろうし・・・

 でも食べ物を手の届く場所になるべくおかないように、
 気をつけようと思います。


 口呼吸については、もう少しいぶきが言葉を分かるようになったら、
 あかりも含めて、家族で治していきたい癖だなぁと思ってます。



まだまだ反省することは多いですが、
これ以上虫歯が広がらないように、できることを精一杯、
努力したいと思ってます。

あ!ちなみに、子どもに虫歯を移さないためにも、
親自身の口内環境をよくした方がいいって書いてあったな。
ガムとか噛みながら、唾液分泌促進しょっと☆



コチラ↓ いぶきの虫歯の写真。
       ・・・黒いなぁ・・・虫歯だなぁ・・・
       

虫歯1




☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  どちらか一押し、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村


にほんブログ村

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

さるぼぼくろみ

Author:さるぼぼくろみ
胆道閉鎖症の息子(2歳)と健常者の娘(5歳)を育てる31歳(♀)

庭&畑つきの中古住宅(築40年)で、子ども達の成長と季節を感じながら子育中。

農作業と創作活動(絵を描くetc)が好き。特技を生かしたお金儲けを思案中( ´艸`)。

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
胆道閉鎖症に関する情報
カテゴリの「胆道閉鎖症」を選択すると、胆道閉鎖症に関する記事のみ抽出されます。 私たち家族の闘病記にすぎませんが、何かお役に立てる情報が含まれていたら幸いです。2つめの記事『胆道閉鎖症の特徴、入院&手術、術後の状態』というタイトルの記事が一番しっかりとした内容になってます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク(胆道閉鎖症サイト)
胆道閉鎖症の情報を得るのにオススメのサイトです☆ 良かったらチェックしてみてください。
お買い物
ボランティア
世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン