FC2ブログ

2017年の成長記録&『サンタ・プロジェクト・まつもと』

こんばんわ(=゚ω゚)ノ
早いもので、今年もあと1カ月を切りましたね。
今年一年で、あかりもいぶきも、成長してできることが増えました(^-^)

あかりの絵 2017
↑ 最近、あかりが描いた絵です(=∀=)
   プール遊び&チューリップの花の絵だそうです。

   一年前は『人物=顔』しか描いていませんでしたが、
   体も描くようになりましたし、花も茎と葉を描くようになりました。
   大人からしたら体を描くのは当たり前のことかもしれませんが、
   今までは顔だけに着目していたのが、体全体にまで視野が
   広がったというか、物の捉え方が1年で変わったことに
   すごく成長を感じました。

   色の使い方も単色が多かったのですが、色彩豊かな使い方を
   できるようになってきました(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

   塗り方も、はみださないように、丁寧に時間をかけて塗るように
   なったので、ぬりえをしてくれている時間、家事がはかどり、
   本当にありがたいです.゚+.(・∀・)゚+.

   あかりが自分で撮影したので、ピンボケ写真です(笑)
  

ブロックの馬
↑ こちらは、いぶきの作品です。

   1年前に火傷で入院していた時に、入院中のいぶきが
   遊べるようにと、差し入れで頂いた磁石でくっつくブロックの
   オモチャで作ったウマだそうです(*´~`*)

   いぶきも1年前に、このオモチャをもらったときは、このような
   遊び方をせずに、もっぱら、ブロックをベッドの柵の間から
   投げつけるという遊び方しかしませんでしたΣ(´Д`*)

   私が一つずつ拾っては、除菌ティッシュで拭き(感染防止のため、
   念のため、色々な物を拭きまっくていた入院生活でした・・・汗)、
   また投げられるということを一日中繰り返してたなぁ・・・(゚д゚)

   やっと本来の遊び方ができるようになったみたいです!
   ちなみに作品例とかを見ながら作ったわけではなく、勿論、
   ものぐさな私が作り方を見せてあげたわけでもなく、
   自分一人で考えて作ったので、意外と上手でびっくりでした☆
   
   いぶきは、今、空前の『ゾウ』&『ウマ』ブームのようで、
   「ママ」という単語よりも「ゾウ」、「ウマ」という単語を発すること
   の方が多いんじゃないかというレベルです((((;゚Д゚)))))))
   自分で大好きなウマが作れたので、満足そうでした。
   いやいや・・・二人とも1年で成長したなぁ・・・( ^ω^ )


あかりといぶきの1年の成長を振り返ったところで、
さて・・・やっと本題です(笑)
もうすぐクリスマスですね☆○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○☆

実は、いぶきの病気が分かってから、クリスマス時期に毎年参加
させてもらっている行事があるのですが、今年は最後の参加に
なりそうなので、記念にブログに書きたいと思います。

それは・・・

サンタ・プロジェクト・まつもと”です(*´∀`人 ♪

このプロジェクトはですね、病気や様々な理由で、クリスマスを
自宅で過ごせない子ども達に本を贈るというものです☆

送り先は、いぶきもお世話になっているこども病院をはじめ、
松本市内の病院や児童園などの施設です。

今年で6年目になるのですが、毎年、本を贈るサンタが増えている
らしいです+゚。*(*´∀`*)*。゚+ほっこりしますね☆

協力書店に、本を待つ子どものことが書いてあるカードがあるので、
1枚選び、その子に合いそうな(年齢・性別が書かれている)本を探し、
購入すると、店員さんからメッセージカードを渡されるため、
送り先の子ども宛のメッセージを書いて、再び店員さんにそれを
渡すと、本と一緒にラッピングされ、各施設に贈られます☆

今年は募集期間が2~10日なのですが、6日に行ったら、
もうほとんどカードが無いような状態で、びっくりでした(´∀`*;)ゞ

あかりと二人で、男の子の赤ちゃん宛に贈る本を選んだのですが、
子どもというのは、なかなか目ざといもので、高めの本を選んで
くれました( ノД`)!!!

一応、プレゼントする本の設定金額が800~1500円程度という
ことなのですが、上限ギリギリの1500円の本を選んでくれました
キャ─Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)ノノ─ァァァッ!!!

コチラの本です↓

ディズニーベビー スマホがた ごきげんメロディーえほん ([バラエティ])

新品価格
¥1,620から
(2017/12/8 01:20時点)




メロディーや動物などの音の出る絵本です。
しかも持ち運びに便利なスマホ型の可愛い本☆

確かに、赤ちゃんに普通の本を贈っても、まだそこまで
興味持てないし、実際、入院生活で曲が流れる絵本は、
かなり重宝したし、赤ちゃんの頃は聴覚が一番発達してる
っていうし・・・ドンピシャでいいもの選んでくれたなぁ・・・
というか、絶対、あかりが自分で欲しくて選んでいるんだろ(*`ω´*)
って、思いつつも、『値段が・・・ちょっと。。。』とビビる私・・・

でも、あかりゴリ押しの一品で、他の品にしたら何のために
あかりを連れてきたか分からなくなるため、泣く泣く購入。。。

子どもは妥協を許さない』ということが、
深く心に刻まれました。

メッセージカードには、あかりも一筆・・・というか、たくさんのハートを
描いてくれ、バッチリ、一緒にサンタをやってくれました☆

ちょうどメッセージを書いてるときに、小学生くらいの女の子を連れた
お母さんが、やはりサンタ・プロジェクト用の本を購入していて、
ほっこりしました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

本を選んだりと、結構、わくわくして楽しいので、
松本にお住いの方は是非、参加してみてはどうでしょうか?!


本のことで、もう一つ気になっているボランティアがあります。
それはアジア各国に『絵本を届ける運動』です☆

絵本と翻訳シールのセット(1セット2500円とのことです・・・(;^ω^))
を購入しなきゃなのですが、送られてきた翻訳シールを張り付け
たりする作業を、子どもと一緒にできたら楽しいかなぁ~と思ってます。

こちらは翻訳シールを上手に切れるようにならないといけないみたい
なので、小学生になってからかなぁ~と思いますが、あかりやいぶきが
外国の子ども達と繋がるいい機会なので、いずれは。。。と考えてます。

特にいぶきは、自分が他の子とちょっと違うということが分かるように
なると思うので、世界には色々な子がいるということを含めて、
参加できればなぁと思っています。

勿論、あかりにも色々と世界のことにも気持ちを向けられたら・・・
とも思うので、やってもらいたいと思います。

二人で5000円かぁ・・・とかって、ケチなこと思ったりもしますけどね(笑)。
でも貴重な経験になると思うので。。。p(*^-^*)q

詳しくはコチラのサイト↓を見てくださいね。
『絵本を届ける運動』をしているNPOのサイトです。

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
http://sva.or.jp/activity/program/ehon/


今回は、子ども達の成長を感じつつ、久しぶりにボランティアに関する
記事を書いてみました☆もうすぐクリスマスだしね(o‘∀‘o)*:◦♪

っていうか、自分の子どもにあげるクリスマスプレゼントを
そろそろ用意しなきゃだゎ・・・Σ(´Д`*)



☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  ポチリと、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村
スポンサーサイト

久しぶりに献血に行ってきました☆

こんにちはヾ(・∀・)ノ
今回の記事で、やっと100記事目になります。
一年半以上かかって、やっと100って・・・
かなりマイペースな更新レベルですが、おかげさまで、
飽きっぽい私でも何とか100まで続きました(´∀`*;)ゞ

いつも見ていただいている皆様、
本当にありがとうございます+゚。*(*´∀`*)*。゚+


願わくば、記事の内容をもっと充実させたい・・・
自分、もっと頑張れや(笑)

ワニあかり

↑ ワニのティシュケースをかぶっているあかり☆
   右手の包帯は”とびひ”のためヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


昨日、一年ぶりに献血に行ってきました( ^ω^ )

パパといぶきと一緒に献血ルームへ行き、
交代で献血しました。

私は体重が足りないので、400mlの全血はできず・・・
今回も成分献血をしました。

以前、献血ルームのスタッフさんに、
「もうちょっと体重増やして、50kg越えれば、全血できるんだけど・・・」
と言われたのですが、私は成人女性としては身長が低い方なので、
なかなか難しい・・・(私の身長の成長は小学校で止まってますから!)

妊娠中は50kgを軽く超えてたので、妊娠中と勘違いされるくらい
太る勇気を持てれば、全血できるようになるのですが・・・(汗)。


いぶきが手術した際に、輸血を受けたので、
そのお礼も兼ねて、昨年、数年ぶりに献血を夫婦でしました。

献血ルームも近くにあるし、また機会があれば行きたいなぁ
と思っていたのですが、一年も経過してしまいましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

以前、献血をしたときは、自分の子どもが輸血を受けることに
なろうとは夢にも思わず、失礼ながら、
『輸血を受ける方=どこか遠くの人』というような感覚でした。。。

『どこか遠くの病気になっている人の役に立っている輸血』
という感覚から、
『自分の子もお世話になった輸血』
『今後も手術などで、お世話になる可能性のある輸血』

という感覚に変わったことは、自分の中で大きな変化でした。

願わくば、今後、手術を受けることなく過ごせれば、
万々歳ですが・・・(*´~`*)


そして、一昨年、いぶきが手術をしたことで、
『赤ちゃんが手術を受ける際には輸血が必要となる』
 (赤ちゃんが手術を受ける際は、大人と違って、
  少量出血でも命に関わる可能性があるため、
  輸血が必須ということで、いぶきも手術の際に輸血しました)
ということを知りました。

献血に対する意識が、自分の身近なものであるという感覚になった
だけではなく、『赤ちゃんを助けるための献血
という意識も持つようになりました。

いぶきが胆道閉鎖症という病気で生まれてきたことは、
ショックでしたし、苦労させているという申し訳なさはありますが、
その病気のおかげで、色々な世界を知ることができ、
色々なことを勉強させてもらっているなぁとも思います。
(勿論、良くも悪くもですが、火傷の件でも色々勉強させてもらってます)


しかし、久しぶりに献血すると、献血の際に使う注射器の針が
すごい太くてビビりました(笑)。

いぶきが血液検査で使っている針を見慣れてしまったのか、
「あれ?!こんなに太かったっけ???
 そしてコレ、刺すんですか???!マジで???」

という思いに駆られました(笑)。
献血に対する意識がUPしたと同時に、恐怖心もUPしたようです
キャ─Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)ノノ─ァァァッ!!!

 
イブキノコ

↑ 着替え&オムツ替えしている最中に、気づくとこんなことに。。。
   いぶきが自分でキノコに変身してました(汗)。。。
   お腹の傷跡も、だいぶ綺麗になりました☆




☆読んでいただき、ありがとうございました。
  ブログランキングに参加しています♪ 
  ポチリと、応援していただけると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村



熊本&エクアドルの地震⇒ロックフェラー氏の寄付⇒小遣い500円/月

先週、熊本で地震が起きた。
九州に友達がいるので心配だったが、大丈夫そうで良かった。
しかし未だ地震活動が活発なので心配。。。(ノ_<)


熊本の地震も大きかったが、一週間前にエクアドルで起きた
地震も大きかった(M7.8、現時点で死者約600人、行方不明者150人)。

エクアドルにはワールドビジョンを通して支援している子がいるので、
心配だったが、こちらも被災地から離れた地域に住んでいたため、
無事だったので良かった.゚+.(・∀・)゚+.

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
↑ 世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援
   するワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです
   http://www.worldvision.jp/


ワールドビジョンはちょうど7年前、私が就職した時に支援を始めた。

当時、私はジョン・ロックフェラー氏
(アメリカの石油王、史上最大の資産を保有した大富豪)が、
貧乏であった頃から収入の10%を寄付に充てていたというエピソードに
感化され、「よし!!自分も社会人となって給料もらうから、寄付するぞ!!」
と、安易な発想で発展途上国への寄付を始めた。

月4500円の寄付なので、ロックフェラー氏の10%と比べると、
微々たる額ではあったのだが、現在、無収入の専業主婦である私。。。
月4500円はキツイ・・・Σ(´Д`lll)エエ!!


一応、家計費とは別の毎月の私のお小遣い
(5000円/月、ボーナスがあった際には+5000円)から出費しているが、
5000円-4500円=500円・・・
そぅ・・・私の月の実質の小遣いは500円!!
500円って・・・(´∀`σ)σあはははは~小学生の小遣いじゃんっΣ(゚д゚|||)!!

その小学生のような小遣いの中から、
友達や家族への個人的なプレゼント代を捻出したりしているので、
当たり前だが、足りるはずがなかろう・・・ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


足りないので、私専用のお小遣い帳にマイナス計算で記帳してる。
毎月、赤字なのでもはやお小遣い帳が借用書とかに見えてくる(笑)。。。

( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!

そんな時、悪魔のささやきが・・・
「おいおい。もう、よくね?・・・寄付とか諦めたら?
  経済状況厳しいんでって、電話一本かけちゃいなよ(`∀´)」

いぶきの病気が見つかってからは、そのささやき声はますます強くなるばかり。
「おいおい。そんな人様に寄付できるほど金無ェだろうがっ(*`ω´*)」


うん。ホント。冗談抜きでお金ない。



でも、、、しかし、、、と思う。
ワールドビジョンを通じて、世界の人々が置かれている状況に少しは触れられた。
(世界の状況を詳しく知りたい方は、ワールド・ビジョン・ジャパンの公式HP
  http://www.worldvision.jp/に入ってみて下さい)

正直、子どもが病気を抱えているということは子ども自身にとっても、
家族にとってもつらい『現実』だ。

しかしそれは日本という狭いコミュニティの中での『現実』にすぎない。

世界の人々からしてみたら、本当に恵まれた環境で暮らしている。
少なくとも子どもの病気を治療することができるのだから。
子どもを生かす術を持っている『現実』に住む人々と思われるんじゃないかな?

健康に生まれてきたとしても、生まれた国が貧困に苦しんでいたり、
紛争しているために、生き延びることができない子どもはたくさんいる。
ましてや病気を抱えた子どもであれば尚更。。。

胆道閉鎖症は日本に限った病気ではないことを考えると、
きっと医療設備の整わない地域で生まれた子は亡くなってるのだろう。

ハッキリと分かる病状があまりないから
(ミルクも良く飲むし、一見、元気そうに見えるので
    ・・・白っぽいウンチと黄疸の症状を除けば・・・)、
きっと病気であることも気づかれずに、ある日突然、脳出血を起こすか、
一歳ころに肝不全で亡くなるか。。。

そんな世界の『現実』を思うと、今の治療することができているという『現実』は、
間違いなく恵まれた環境に置かれたありがたい『現実』に思える。


え~と。。。何が言いたいかというと、
いぶきやあかりが将来成長して、胆道閉鎖症という病気を抱えている『現実』
に打ちのめされた時とかにも、世界的視点に立って、その『現実』と向き合い、
乗り越えて行ってくれるかもしれないので、ワールドビジョンで支援を行うことは
金銭的には大変大変大変つらいですが、ワールドビジョンから発信される
世界の状況を伝えるニュースを見たり、支援しているチャイルドからの手紙を
見たり、送ったりすることは、無駄なことではないし、こちらも頑張らなきゃと
思えたりもするので、寄付する意義はないこともないであろう・・・ムニャムニャムニャ・・・

と、私の良心が演説じみたことを言って、悪魔のささやきに対抗してます。


そんな葛藤をずっとしていましたが、今回の地震を受けて、
改めて支援を続けていきたいと心が決まりました.(* ´ ▽ ` *)
・・・なんか決意表明みたいだな・・・(笑)


ちなみに負債額が5万円を超えたら、独身時代に貯めた微々たるヘソクリを
切り崩して、とりあえず返済する予定・・・
本当ギリ5万円以下をキープしてるから、次の振込くらいで多分ヤバイな(笑)。



ほぼほぼ泣き言の内容でした・・・すいません・・・
読んでいただき、ありがとうございました(*´v`)



*追伸*
今回、記事を書くにあたり、ロックフェラー氏のことを改めて
調べていたところ、いくつか心に残る名言があったので、
忘れないように書いておこうと思います(*’U`*)

検索サイト:Wikipediaから引用したものを少し書きます。

『故意の浪費は悲惨な欠乏を招く』
(ジョン・ロックフェラーの母の言葉)

『得られる全てを得て、可能な限り節約し、
 全てを与えなさい』

(ジョン・ウェスレーの格言。ロックフェラーが信条としていた)

『彼女の決断は常に私のそれより正しい。
 彼女の助言がなければ、貧乏なままだったろう』
(ロックフェラーが妻について語った言葉。
 石油王と呼ばれた成功者であっても、自分の妻を尊重していたことが分かる
 ような発言で、心が癒されました。お世辞だとしても言われたら嬉しい!!)

ちなみにロックフェラー氏自身に関しては、良い面や悪い面など、
賛否両論ありそうです。
さすが貧乏→史上最大の大富豪になっただけのことはあるなぁ・・・と思います。

ロックフェラー氏自身の名言については、他のサイトで、色々と素敵な名言が
紹介されているので、良かったら見てみてください☆


☆ブログランキングに参加しています☆
どちらか一押し、応援していただけると嬉しいですp(*^-^*)q

にほんブログ村


にほんブログ村



余った年賀はがきで・・・

寒い・・・いよいよ大寒波がやってくるΣ(´Д`*)
外から聞こえる風の音とか凄いし・・・(゚△゚;ノ)ノ

寒い時期なので、せめて気持ちだけでも温かくなるような
話題を書ければと思い、余った年賀はがきでできることについて
書いてみることにした。


新たに『寄付・ボランティア』というカテゴリを作成。

子どもの病気の関係で色々な人から親切にしてもらったり、
色々な困難な状況に置かれている人を見る機会が増えた・・・
というか、今までは見て見ぬふりをしてきたが、
いぶきの病気をきっかけに、なるべく色々なことを知り、
見て見ぬふりが少しでも少なくなるように、
色々なことに対するアンテナを張るように心がけるようになった。

そしていつも色々な人のお世話になっていぶきは生かされているので、
微力ではあるが、自分も何か他の人のサポートを
自分ができる範囲でやりたいと思うようになった。


今、自分にできることとして思いついたのが、
ブログに寄付・ボランティア関連の記事を載せること。
「こんな活動をしている人たちがいるのか!!」
と、私自身、ビックリすることがある(*゚Q゚*)

自分のブログに、こういうカテゴリを載せて記事を書くのは、
私の自己満足にすぎないということは重々承知している。

しかしいぶきの病気がきっかけで始めたブログ、
もし私が情報を発信することで誰かがアクションを起こしたら、
将来、病気で頑張っているいぶきに対しての励ましにも
なるかもしれないという思いもある。

「いぶきの病気のおかげで始めることができたブログで、
 色々な情報を発信して、色々な人の手助けができたよ」
って言えたらいいなぁと思う。。。
  ↑う~ん・・・でも綺麗事にすぎないかも・・・(。´・(ェ)・)
    まぁいいっか(笑)


さてさて、前置きがずいぶん長くなったが、
その寄付・ボランティア活動情報の発信、第一弾として、
この時期ならではの風物詩・『年賀状』
についての寄付を紹介したいと思う。


年賀状は、書き損じ分も含めて多めに用意すると思う。
そして余った年賀はがき、および書き損じ年賀はがきが出る!
勿論、郵便局に持っていって、一枚5円の手数料を支払い、
新しいはがきや切手に交換してもらうのも良いと思う。
もしくは普通のはがきとして利用するのもアリだ!!

私はいつも懸賞応募用のはがきとして使ったり、
あえて暑中見舞いとして、夏場に年賀状を使用して友達に
送ってみたりしている。季節感ないけどヽ(´∀`)ノ


しかし今年は下記の寄付に挑戦したいと思っている。

ちなみにコレ↓が我が家の今年の書き損じ年賀状!
あかりが一生懸命、自分たちの顔にモザイク修正を施していました。

書き損じ年賀状



(1)途上国の働く子どもの支援に
   NPOが書き損じ年賀はがき募集☆


→NPO『シャプラニール』にて
  「あなたのはがき だれかのために。キャンペーン」

 期間:2015.12.1~2016.3.31まで
 
 使わなかった年賀はがき、書き損じた年賀はがきを回収。
 バングラディッシュやネパールの働く子どもたちの支援活動
 の寄付になる。

 書き損じた年賀はがき一枚絵本1冊分、
 10枚で文字の読み書き授業1回分。
 25枚で料理教室1回分になるそうです。

 キャンペーンで集めているものとしては、
 使わなかった年賀はがき、書き損じ年賀はがき、官製はがき、
 未使用・使用済み切手など
 
 ※はがきは未投函であれば古いものでもOK。
 ※使用済み切手は台紙ごと切手の周り5mm~1cm切り取る。

 寄付の方法は、それらを封筒に入れて下記へ送付する。

〒169-8611 東京都新宿区西早稲田2の3の1
 シャプラニール「あなたのはがきが、だれかのために」係


シャプラニールについて、詳しくは下記HPへ
http://www.shaplaneer.org


シャプラニールでは他にもインクカートリッジやトナーカートリッジ
(いずれも純正のもののみで、送付の目安本数あり)、
使用済みテレホンカード、トレーディングカード
(遊戯王・デュエルマスターズ・ヴァンガードのみ)、
本・DVD・CD・ゲームソフトの回収(一定数量を超えれば無料集荷)
しているみたい。

家に眠っているいらないものでも寄付になるのだなぁと思いました(゚∀゚)


(2)未使用はがき・切手で防潮林再生☆

→NPO法人『森のライフスタイル研究所』
  未使用はがきや切手を回収し、苗木を買う取り組み。
  東日本大震災で津波被害を受けた千葉・九十九里浜の
  防潮林再生に充てる計画。

  はがき3枚で苗木1本買える。
  1haに植える1万本分に相当する、はがき3万枚分の回収
  を目指す。

  寄付の締め切りは2016.3.31.まで。
  直接、『森のライフスタイル研究所』への問い合わせが必要。


余った年賀はがきでも、色々な活用方法がありますなぁ(*´ω`)┛


☆ブログランキングに参加しています☆
どちらか一押し、応援していただけると嬉しいですp(*^-^*)q

にほんブログ村


にほんブログ村






  
09 | 2018/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

さるぼぼくろみ

Author:さるぼぼくろみ
胆道閉鎖症の息子(2歳)と健常者の娘(5歳)を育てる31歳(♀)

庭&畑つきの中古住宅(築40年)で、子ども達の成長と季節を感じながら子育中。

農作業と創作活動(絵を描くetc)が好き。特技を生かしたお金儲けを思案中( ´艸`)。

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
胆道閉鎖症に関する情報
カテゴリの「胆道閉鎖症」を選択すると、胆道閉鎖症に関する記事のみ抽出されます。 私たち家族の闘病記にすぎませんが、何かお役に立てる情報が含まれていたら幸いです。2つめの記事『胆道閉鎖症の特徴、入院&手術、術後の状態』というタイトルの記事が一番しっかりとした内容になってます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク(胆道閉鎖症サイト)
胆道閉鎖症の情報を得るのにオススメのサイトです☆ 良かったらチェックしてみてください。
お買い物
ボランティア
世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン