FC2ブログ

年に一度の造影CT(2020)

気付けば、あっという間に5月も半分終わりますね(゚д゚)!!
結局、4月は一度もブログを書けず・・・(涙)!!
造影CTのことを書く前に、近況報告を書きます↓

3月上旬に休校が始まって、早2カ月・・・
登校できたのは、4月6~10日、13日の一週間程と、
休校延長に伴い、宿題を提出&貰いに行った24日
の7日間だけでした。

都会だと、ずっと休校中だったところもあるので、
少しでも登校できた分、まだ良いのかもしれませんが、
子どもにとっては、休校中はお友達に会えず、外出もできず、
家で引きこもって生活するのはキツイですね(っω・`。)

そして今年のGWは絶好のお出かけ日和で、いいお天気が
続いていたものの、外出自粛ということで、残念な限りでした。

小学校の方は、一応、GW明けから分散登校という形で、
週2のペースで学校が始まりました。
やっぱり、お友達や先生と会えるのが嬉しいみたいで、
喜んで登校してます+゚。*(*´∀`*)*。゚+
週2でも学校が始まると、メリハリがついていいですね!!
子どもがイキイキとしている気がします☆
6月からは通常の登校に戻れるかな~???

幼稚園の方は、GW明けから、通常登園になる予定でしたが、
緊急事態宣言の延長に伴い、今週まで登園自粛でした。
そして緊急事態宣言が解除となり、来週から自由登園
(ただし午前のみ)、再来週から全園児対象の午前保育、
6月からは通常保育という感じで、慣らしていくみたいです。
とはいえ、コロナが消滅したわけではないので心配・・・:(´◦ω◦`):

登校&登園することに対しては、不安半分、仕事があるので
ホッとする気持ち半分という感じですね。。。
正直、3月は実家に預けることが多かったものの、親への負担も
大きかったので、今月は実家には預けず、パパが休みの日だけ
出勤と言う形で仕事しております。
なので、週2くらいしか仕事に行ってない・・・((((;´・ω・`)))
やっと6月から小学校&幼稚園が始まりそうなので、良かった~。


あかりの桜2020

↑ 4月下旬に庭の桜が満開になりました☆
   毎年、ソメイヨシノが散る頃にちょうど見頃になるので、
   少し遅くに咲く品種なのだと思います。
   昨年は、お友達と一緒にお花見とかもしましたが、
   今年は家族だけで桜を楽しみました(*´~`*)


さてさて、本題の造影CTのことについて書きたいと思います。

4月16日に造影CTの検査を受けに、こども病院へ行ってきました!
昨年は、内視鏡検査を受けた翌日に、造影CTも行ったため、
看護師さんが補助で着いてきてくれたり、病室のベッドで休ませて
貰ったりもして、とても楽でしたが、毎年、造影CTだけで受診すると、
眠剤(酔わせて眠らせる)で酔っぱらった状態のいぶきの相手を
するのがとても大変で。。。
造影CTの検査結果の説明も、ロクに聞けないので、今回は事前に
私の母親にも休みを取ってもらい、一緒についてきてもらうように
お願いしました。


しかし・・・


新型コロナウィルスのことが心配だったので、受診前に病院のHPを
確認してみた所、祖父母は来院できないことが書かれてました。。。

Σ(゚д゚lll)ガーン

・・・ということで、結局、私といぶきの二人だけで行ってきました。
あかりはジジババと一緒に、畑でイモをまいてくれたみたいです☆

造影CTの検査が10時台だったので、飲食は8時まで、病院には
8時半までに行かなければならなかったので、忙しかったです。
8時半前に病院に着いたのですが、まだ開いておらず、
いぶきが突然、「オシッコ!!!」とか言ったので、慌てました。。。
玄関が開くまで、数分の間でしたが、いぶきはずっと股を手で
押さえた状態で、走り回っていました((((;゚Д゚)))))))!!

8時半になると、玄関を開けてくれたので、ホッとしました。
病院の玄関では、看護師さんと事務員さんが、医療用ガウンと
医療用の感染防止メガネをつけて、検温してくれました。
『コロナ対策、病院の人たちも大変だなぁ。。。』と頭が下がる
思いをしたと同時に、いぶきが玄関でオシッコ漏らさないか心配で、
ハラハラしながら検温をしてもらい、OKが出ると、ダッシュでトイレへ
直行しました。トイレ、間に合ってくれてよかったです(涙)!!


トイレから戻り、受付&体重測定などを終えて、採血室へ行きました。
今回は点滴の針を入れなければいけない(そこから造影剤を入れる)
ので、通常の血液検査だけなら看護師さんが採血するのですが、
小児科の先生が来てくれて、右手の甲に点滴の針を入れてくれ、
そこから採血もしました。

まぁ、毎回のことではありますが、いぶきは大暴れ&大泣きして
大変でした。。。Σ(´Д`lll)エエ!!
採血まではうまくいったのですが、点滴の針を固定した時など、
何かおかしかったようで、先生や看護師さんが点滴の針の様子
というか、刺さり具合?を確認しており、先生が
「たぶん、大丈夫・・・」と言ってましたが。。。ヽ( ̄д ̄;)ノ

眠る部屋に移動するときなど、ずっと、いぶきが 
いたい!!いたい。゚(゚´Д`゚)゚。!!!
と騒いでいて、看護師さんもおかしいと思ったみたいで、
再度、ちゃんと刺さっているかの確認を生理食塩水を点滴へ
流し込むことで確認したところ、「逆血がこない・・・」とか、
「生理食塩水を入れた所が腫れたりしてないから、多分、
漏れてはいないと思うけど、生理食塩水を流すと、一瞬、
白くなるのが確認されるので、ちょっと造影剤を入れるには
心配・・・」というようなことを、担当の看護師さん&先輩の
看護師さんと話し合っており、結局、再度やり直しになりました。

しっかりと針が入るように、今度は手の甲ではなく、
左手の手首の上あたりに点滴の針を入れてくれました。
まさかのやり直しで、いぶきも再度、大騒ぎ。。。○| ̄|_
しかしながら、今回はうまくいったみたいで、針を入れてからは
痛いと騒がなくなったので、良かったです。

とりあえず『点滴の針を入れる際の大騒ぎ』という第一関門を
突破し、個室に移動してから、『眠剤で眠らせる』とい第二関門に
挑みました。
いくら点滴が終わったからと言っても、眠らなければ検査ができず、
再度、別の日に検査を行い、点滴もまたやり直し・・・という事態に
なってしまうので、何としてでも寝てもらわないと困る。。。
いつも寝るかどうかヒヤヒヤしながら過ごしてます(苦笑)。

眠らせるために、眠剤を飲むのですが、最近はこの眠剤の苦みが
分かるようになってしまい、飲ませるのに一苦労してます。

3年くらい前、ミルクとか離乳食しか食べてなくて、しかも苦い薬を
当たり前に飲んでた時期は、検査のために絶飲食ということで、
お腹が減っていたlこともあり、おいしそうにゴクゴク飲んでた時も
ありましたが、色々なものを食べられるようになるにつれて、眠剤に
対する拒絶も激しくなり、今回も、『断固飲まない!!』という姿勢で、
口に無理矢理流し込めば、吐き出すし、何だかんだ言い訳を言って
回避しようとしてました。

検査のために点滴を2回もして、可哀想だなぁ・・・と思っていたので、
最初は、なだめつつ、優しく諭しつつ。。。という対応をしていましたが、
検査の時間が決まっており、寝なかったら別日に・・・ということもあり、
最終的に私が激怒して、ほぼ力ずくで飲ませるという悲しい結果に
なりました。。。(つω-`。)マジで私も精神的に参るわぁ。。。
本当に、誰か代わってくれーーーっ!!って、毎回思う。

何とか眠剤を飲ませたものの、寝てくれず、看護師さんが坐薬の
眠剤を持ってきてくれました。
昨年は坐薬の眠剤で何とか寝てくれたのですが、
今年はどうだろうか?体も大きくなったし、効きにくくなってたら???
と心配しつつ、祈る思いで寝かしつけをしたところ、、、
何とか寝てくれました+゚。*(*´∀`*)*。゚+良かった~!!

そして最終関門。。。CT室までの移動。。。
寝ているいぶきを、起こさないように個室⇒CT室に私が抱っこして
移動させるのですが。。。この間に起きてしまったら、全てが水の泡。
慎重に。。。でも重いのでサッサとCT室まで歩いて、技師さんに
お願いをして、検査が終わるまでは個室で待機してました。

無事に起きることなく検査を終えて、本当にホッとしました。
検査の予定時間は10時からでしたが、何だかんだで検査できたのが
11時頃、検査終了が11時半ころ、そして検査結果の説明を受ける
ための診察が13時からの予定だったので、ギリギリ何とか終わった
という感じでした。

しかも検査を終えてからの爆睡・・・
12時半頃、無理矢理、起こして、何とか目覚めさせました。
眠剤が効きすぎて、目覚めなかった場合、入院することもあるらしいので、
とりあえず、診察までに目が覚めてくれてよかった・・・(涙)!!
まぁ、こんな感じで、今年も検査をバタバタと受けてきました。

造影CT検査を受けるだけでも毎回、疲労困憊になりますね。。。
そして点滴で痛い思いをさせてしまったり、マズイ眠剤を嫌々飲んで
もらったりするたびに、いぶきに対して申し訳ない気持ちでいっぱいに
なるので、精神的にも疲弊しますね。。。(涙)
『何故、いぶきだけ・・・???』っていう気持ちになります。

とりあえず看護師さんからの助言。
「飲むタイプの眠剤は嫌いみたいだから、来年は飲むタイプは無しに
してくれって先生に頼んでみたら???却下されるかもだけど。。。」
とアドバイスもらったので、ダメ元で頼んでみようかな。
「眠剤飲ませるのクソ大変なので、止めてもらってもいいっすか?」
って聞いてみよ~~~(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー


恐竜ハンターが出現

↑ 実家の母が手作りマスクを作ろうとして、耳にかけるヒモが
   売ってないということで、ストッキングを輪切りにして、
   ヒモの代用品を作っていたのですが、その隣で、輪切りストッキング
   を繋ぎ合わせて、恐竜捕獲用のロープを作成&恐竜捕獲して
   いた人がいたみたいです(゚д゚)・・・まぁ、犯人は彼しかいないよね。


さてさて、今回の造影CTの結果説明を受けたのですが、
脾腫肥大が少し進んでいるということで、正直、
良い結果ではありませんでした。

一年前、脾臓の大きさが107mmだったのが、今回117mmになって
しまっていて、1cmほど大きくなっていました。
(ちょっと数値の記憶が曖昧なんで、次回、また確認しようかな・・・)

そして血液検査でも、今回、初めて白血球と血小板の数値が
下限値より下回る結果となりました。

白血球の数値:3.47 (上限値:9.8~下限値:3.5)
血小板の数値:128 (上限値:362~下限値:130)

下限値を少し下回っているだけなので、血液検査は体調とかでも
数値が上下するので、一喜一憂しないで・・・と先生からは言われて
いますが、脾腫も進んでいるのでショックでした。

過去の血液検査結果も見返したところ、2年ほど前の2018年5月
の血液検査結果では、白血球:6.49、 血小板:183 あったのですが、
時系列で追っていくと、徐々に徐々に数値が減少していく感じで・・・
一応、今までは標準の範囲内に入っていたので、病状としては横ばい
というイメージでしたが、やはり少しずつ病状は悪化していたのだなぁ
と感じました。

そして今回、下限値を下回った&CTでも脾腫肥大が確認されたので、
過去の結果を改めて見返したから気づいたものの。。。
本人はいたって元気で、普通にみえるということもあり、病状が少しずつ
悪化していることに今まで気づかなかったです( ノД`)

今までの結果を見返す&今後を考える良い機会になったので、
毎回貰う血液検査結果をグラフ化して、病状の見える化をしてもいいかも
と感じました。。。よし!次回の診察までに、グラフにまとめてみよう!!

そして、こちらも心配な数値なのですが、PT値も下がっていました。
PT値は、血を止める能力を表す数値なのですが、病気が見つかった当時、
25%くらいしかなく、脳出血を起こす寸前だったこともあり、気をつけて見て
いく数値なのですが、半年前まで100以上あったのに(PT値の上限:140
~下限:70)、徐々に数値が下がっていき、今回は88でした。
標準の範囲内ではあるものの、半年ほどで20くらい下がってるので、下限を
切るのも時間の問題かもしれないですね。下限切ったら、どうなるんだろう?
このことについても、次回、先生に相談したいなぁと思いました。


脾腫が進んでいるということで、色々なサイトを見て、調べてみました。
いぶきの体で何が起こっているのか、自分なりに簡単にまとめると。。。

・脾腫とは・・・何らかの病気により、脾臓に流入する血液量が増加
         したり、異常な血球を処理することなどで、脾臓に大きな
         膨れ(脾腫)が起こること。
        
肝硬変(肝臓がダメージを受けて、機能低下。
 肝臓が固くなってしまう)が起こることで・・・
 ⇒門脈圧亢進症(肝硬変により、門脈の血行が悪くなっている状態。
   肝臓が固くなっているため、うまく血液が運ばれず、停滞すると、
   その分の血液が押し戻され、食道静脈瘤などが発生)となり・・・
 ⇒脾機能亢進症(門脈は脾臓からの血液も受けて、肝臓へ運んでいる
   ため、肝臓&門脈が正常に働けない影響が脾臓にも出る。
   脾臓には、血液の貯蔵や老化した血球の破壊という役割があるが、
   脾臓の機能が活発になると、必要な分まで血球を処理してしまう。
   そのため、白血球の減少→感染しやすくなる。赤血球の減少→
   貧血。血小板の減少→出血が止まりにくくなる。
   ということが起こる。
 ※『機能亢進』とは、機能が通常の状態より高まること。 (参照・コトバンク)
   
・脾臓は血球を取り込むほど大きくなり、脾臓が大きくなるほど、
 取り込まれて破壊される血球もさらに増える。 
  

参考サイト:『脾機能亢進症の原因になる肝硬変と敗血症とは?(カラダノート)』
https://karadanote.jp/4486

※『カラダノート』は、医療知識のない人でも、わかりやすく書かれていました。
 少し難しい言葉で書かれているのですが、『MSDマニュアル 家庭版/
 プロフェッショナル版』というサイトは、病気のことが専門的に詳しく載ってました。


色々とブログに書きながら、ふと、思ったのが、
『そういえば、赤ちゃんの時に脾臓が大きいということで、先生から色々と
 説明を受けたような・・・』と思い出し、過去のブログを見返したところ。。。

2016年2月9日のブログより抜粋(↓)

肝機能の悪化に伴い、ひ臓が肥大する。
いぶきの脾臓も肥大してきているのだが、脾臓が肥大して悪化すると、
血球や血小板を取り込み、さらに肥大するという悪循環になるそうだ。

そのため、上記の肝機能の数値以外にも、
白血球数、赤血球数、血小板数の数値に関しても注意している。
今のところはありがたいことに、いずれも正常値である。

しかし今後、脾臓が肥大して悪化すると下記のようなことが起こる。
血液中から白血球が取り除かれると、感染しやすくなる。
赤血球が取り除かれると、貧血になる。
血小板が取り除かれると、出血しやすくなる。
上記の問題が悪化する場合は、最悪、脾臓摘出という治療もあるが、
感染しやすくなるというリスクもあるらしい。

また肝臓の状態が良くなることで、肥大していた脾臓の状態が
良くなることもあるらしい。

いずれにしても、いぶきの肝臓や脾臓の状態が悪化しないように
願うばかりだ。。。


最後に、手術のために入院してから主治医の先生や師長さんから
言われた言葉を書きたいと思う。
自分自身が初心を忘れないようにするためにも、
下記の言葉を思い出しながら、いぶきの病気のことをもっとよく知り、
自分自身も勉強しながら、得た情報を伝えていけたらと思う。

*主治医の先生から・・・
⇒採血による検査結果で色々なことが分かる。
  各要素については、専門的な部分もあり、難しいけれども、
  最低限、親としても気に留めておいて欲しいところがある 
  (例えばアルブミン・ビリルビン・肝機能を示す要素など)。
  いったん良くなってしまうと、どうしても検査結果を見返して
  注意していくという作業がおろそかになってしまうが、
  状態が良くなったとしても、随時、検査結果の数値を確認し、
  把握することは大切。

*師長さんから・・・
⇒お医者さんから色々と聞いているかとは思うが、専門的な話
  になり、かなり難しいことを言っている時もあるので、
  わからないことがあれば、その都度、お医者さんに聞いて
  いくことが大切。
  本当は病気を持っている本人が一番、病気のことを知るべきだが、
  今はまだ無理なので、親がしっかりと病気について知ることが大切。
  そのためわからないことは分かりやすく説明してもらえるよう、何度
  でも聞き直したりして、病気をよく知ろうとする努力をしてください。



・・・って、色々なサイトで調べたことが、すでに書いてありましたわ!!
4年前に説明受けてました!!私が忘れてただけ(苦笑)。

先生や師長さんに言われた4年前に言われたセリフが、
今の私に突き刺さる(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
ずっと横ばいの調子だったので、油断してましたので、気を引き締めて、
日々、精進しようと改めて思い直しました。
・・・うん、頑張ろう!!
スポンサーサイト



臨時休校&春休み中の子ども達(2020)

こんにちわ!先週からやっと春休みに入り、あと一週間ほどで
長~いお休みも終わり、学校が再開する予定です(´∀`*;)ゞ
やれやれ。。。(*´~`*)気づけば、あっという間の一か月でしたね。

この一か月は、幼稚園の預かり保育や、児童館とかにも
預けずに、家庭保育をして過ごすという選択をしたため、実家のお世話
になることが多く、自宅⇔実家の往復を繰り返していました:(´◦ω◦`):

おかげで、仕事は週3~4日は出勤できたので良かったです。
(パパの休みだけ出勤だと、週1~2日しか出勤できないので)
仕事に行ける回数が減った分、仕事時間を延長したので、トータルとしては、
通常勤務と変わらないか、少し長い時間働いた感じになりました!
まぁ、幼稚園のお迎えもお稽古事もないからね・・・(=∀=)


子ども達の様子としては、元気にはしておりますが、力を持て余している
&二人で遊ぶ環境に飽き始めていることもあり、普段の様子と比べて、
チョイチョイ、喧嘩することが増えている感じです。

そして、ジジババの家に行くと、大暴れ(笑)!!
ストレス発散するがごとく、のびのびと楽しく遊ばせてもらってます(-∀-)
ジジババは自転車の練習につきあったり、料理作りの補助など、
お世話するのが大変そうですが・・・((((;゚Д゚)))))))

いぶきのペーパークラフト
↑ 実家にて、ジジに恐竜のペーパークラフトを印刷してもらい、
   ハサミでいぶきが切ったのですが・・・
   本来は番号順に切りながら、少しずつ組立を行うのですが、
   先に全部、パーツを切ってしまったため、組み立て困難に
   なってしまいました・・・(汗)。


子ども達は、この休み中、お手伝いも頑張ってくれています!!
実は先月から、賃金制お手伝いを導入しまして、子どもをお金で
雇って、私だけではキャパオーバーな家事をやってもらってます☆

お手伝い料金表2020

家事の難易度により、一回、5~20円の料金体系となっております。

始めたきっかけとしては、食事の配膳を手伝ってほしかったからです。
それまで、ご飯ができあがっても、盛り付け&配膳を私一人でしていたため、
台所⇔居間を一人で何往復もしながら、机に並べていたのですが、
その作業がとにかく苦痛で。。。( ノД`)

以前は、パパに対して、
「料理は私が作ってるんだから、配膳くらいしてよε=ε=(怒゚Д゚)ノ!!」
と、散々、苦情を言っていたのですが、数回手伝うと忘れるのか、飽きるのか、
だいたいパパは風呂に入っているか、寝ているか、別の用事(水槽の掃除や
外仕事か、ガソリン入れに行ってる←なぜか夕飯時にガソリンを入れに行く)
をしているか、スマホでゲームか何かしているか・・・ということが圧倒的に
多かったので、「子どもを頼ろう!!」と気持ちを切り替えたのと、どうせ
手伝ってもらうなら、家事=労働=賃金発生という金銭感覚を持ってもらう
ためにも、お手伝いを1回したら、都度、お金を払おう!!という考えに
至りました。

ちょっと前に、何かのネット記事で、日本の子どもと外国の子どもの金銭感覚
の違いについての記事があったのですが、日本の子どもは毎月のお小遣い
として、特に働かなくても一定の金額が貰えることが多いのに対し、外国の
子どもは、家事手伝いや、他の家の子のベビーシッターなど、その子の年齢に
応じてできる仕事を小さい頃からして、お金を稼ぎ、そのお金で自分の欲しい物
を手に入れる体験をしているため、大人になってからも労働意欲が高いという
ようなことが書いてありました。

とりあえず『自分で頑張って稼いだお金⇒自分が欲しい物が手に入る』という
成功体験が大事みたいです。

そして小さい頃の金銭感覚が、そのまま大人になってからの金銭感覚にもなる
みたいなので、早いうちからお金に関する勉強をしておいた方がいいとか、
日本の教育に欠如しているのは、お金に関する教育であるとか、そういう話を
チョイチョイ聞いていたので、お金の勉強も兼ねて、『お手伝い料金表』を
作成し、専用の貯金箱を用意して、運用を始めました。

外出できないお休みということもあり、お金を稼ぐために2人ともメッチャ頑張って
くれていることもあり、1カ月で500円以上は稼いでますw(゚o゚)w

本当は、500円以上貯まったら、イオンに行って好きなお店で好きな物
(自分の稼いだお金の金額以内)を買う約束をしているのですが、新型コロナの
影響で、しばらくはお預け状態になってしまっています・・・・゚・(つД`)・゚・

毎月の小遣いとして、ただ500円を手渡すよりは、私も家事をやってもらえて
助かるし、子どももお金のために喜んで手伝ってくれるし、家事のやり方も
覚えてくれるので、win-winな感じかなぁ~と思ってますヽ(´∀`)ノ

まぁ、大人だと自給900円⇒1分15円で働いているので、それと比べたら
超破格の料金体系。。。超ブラック企業で申し訳ないのですが、文句が出始める
、もしくは家事に飽きてやらなくなるまでは、とりあえず、小遣い渡す代わりに
お手伝いで稼ぐ方針でやっていこうかなと思ってます。

ちなみに10円玉が一定量貯まると、渡す10円がなくなってしまうので、
定期的に両替をすることで、お金の勉強にもなってます。

いぶきはまだ両替がよく分かってないので、とりあえずお金を数えてもらい、
数の勉強をしており、あかりは10円玉10枚⇒100円玉1枚、というような
感じで、両替の勉強をしてます。

多分、数年後、『もう少しお小遣い欲しい・・・』と、感じる年齢になる頃には、
掛け算や割り算も勉強している頃か思うので、1回いくらくらいの値段設定
にしたら、1カ月でいくら貯まるかを計算してもらい、値上げ交渉のプレゼンを
してもらったうえで、賃金UPをしようかな~と企んでます♪(/・ω・)/ ♪


風呂掃除の仕事分担
↑ あかりが自分で作っていた『お風呂掃除の役割分担表』。
   上の段があかりがやる内容で、下がいぶきがやる内容とのことです。
   明らかにあかりの負担が大きそうですが。。。(苦笑)
   そして、風呂掃除の度に、あかりはあまり濡れてないのですが、
   いぶきはビショビショに濡れて出てくるのですが、こちらの分担表を
   見る限りでは、そんなに濡れない役割っぽいですが、彼は何をして
   いるんですかね((((;´・ω・`)))???
   自分自身にシャワーかけちゃってるんですかね??
   まぁ、お風呂が沸き次第、風呂に入ってもらうんでいいんですけどね。


実は、お小遣い料金表を導入した当初、パパはあまりよく思ってないようで、
「お手伝いは、みんなで生活しているんだから、やって当たり前」
というようなことも言っていました。

確かに、そういう考えもできますが、実際、お手伝いを無賃で当たり前のように
できるほどの良い子に育てた覚えはありませんし(笑)、一見、正論を言って
いるようにも聞こえますが、そもそも、そういう「やって当たり前」という考え方
自体が、家事の価値を下げているのでは?とも感じました。
(まぁ、やって当たり前なら、パパだって家事負担を。。。という話になるけど)

家事を労働賃金に換算する考え方も最近は出てきていますが、『家事は
無給でやって当たり前』という考えで生活していると、家事をメインでやる方は
『金にもならないことに時間を費やしている』ということになるし、そのうちに
『金を稼いでいる方が偉い』みたいな考えも出てきたりして、ボランティア精神
が旺盛な方でなければ、「やってらんねぇよ(*`皿´*)ノ!!」って気分になります。

『家事=本来であれば賃金が発生するもの』と思いながら生活する方が、
家事をする人に対して感謝もするし、家事に対する向き合い方も変わって
くるのではないかな?と思い、『家事はお金を払う価値がある労働』という考えを
小さいうちから持ってもらうためにも、報酬制にした方が良いと感じました。

この考えが、子ども達が大人になってから、どう影響するかはわかりませんが、
いい方向に進むように、見守り、時に修正しつつ、家事と向き合えたらと思います。
(何事にも『金』『金』言う大人になっても嫌だなぁとも思うので)


手作りウルトラマン
↑ 廃材でパパと一緒にウルトラマンの衣装を作ってました。
   あかりはウルトラマンキング、いぶきはウルトラマンオーブだそうです。
   ちなみに、お面をつけないでいると、肩パッド&マントという恰好から、
   ”世紀末覇者(北斗の拳)”っぽさがスゴイです(笑)!!


最後に、先日、幼稚園の終業式でもらってきたお便りを見ていて、
思わず凍りついたことがあったので、ご報告Σ(´Д`lll)

コロナの影響で、最後の参観日ができず、園長講話もなかった
ということで、園長先生が『今年度の園全体のまとめ』について
書いたお便りがあったのですが。。。

いぶきのやらかし記録

”主な施設設備工事 体育館ガラス修繕”って書いてありました。
・・・これ、どう考えても、いぶきが入園早々に割ったヤツだゎ・・・

こどもたちの近況(虫歯・火傷の経過、最近の様子など)

こんにちわ!気づけばもう3月・・・
ブログを更新できぬまま、あっという間に、2月が終わってしまいました。
もぅ、言い訳でしかないですが、いちご狩りシーズンに突入したこと、
いちごの収穫量も増えてきたことなどから、仕事だけで自分の体力の
許容量を超え。。。全然、ブログに手を付けられませんでした(涙)。

仕事しながらも、ブログ運営してる人とかいっぱいいるけど、
すごいなぁ。。。と、ただただ感心するばかりです。。。((((;´・ω・`)))


2月はこども病院の受診などもなかったので、タイトルの通り、
近況報告をしたいと思います。

いぶきの胆道閉鎖症以外の健康面について。。。

<虫歯のこと>
以前、虫歯で進行止めの薬を塗ったという記事を書きましたが、
その後の様子について・・・

  3年ほど前に、虫歯の進行止めを塗って貰いましたが、未だに
  進行止めを塗った箇所の治療は受けていません。
  定期的に歯医者に検診へ行き、進行止めを塗った箇所の虫歯が
  進行していないかチェックをしてもらいつつ、様子見している状態です。

  歯医者に初めて行ったのが1歳9カ月頃だったと思います。
  その頃は、毎日の歯ブラシさえ嫌がって大騒ぎ&歯ブラシを口に
  入れると、噛んでしまって離さない。。。という状態でしたので、当然、
  歯医者に行っても、口を開かない&暴れるので、大人数人がかりで、
  体を押さえつけ、口を無理矢理こじ開けて、先生は噛みつかれながらも、
  何とか進行止めを2回塗ってくれた。。。という状態でした(汗)。

  その後、引っ越しして、歯科大から近所の歯医者さんに行き始めました。
  その歯医者さんでは、まず自分一人で診察室に入って行けるように、
  少しずつ練習させてくれ、3歳半くらいの頃には一人で診察室に行ける
  ようになっていた気がします。
   
  何度も歯医者に通い、慣らした末に、一度、奥歯の治療を受けたことが
  ありますが、それ以降は、たまに検診に行くくらいで、診察室でもそんなに
  ジッとしてられないようで、「まだ治療は難しいね~」と、よく言われるので、
  多分、進行止めを塗た所の治療は、よっぽど症状が悪くならない限り
  治療しないんじゃないかなぁ?と思っています。

  もうすぐ5歳になるし、あかりの時は6歳すぎくらいから、乳歯が抜け始めた
  ことを思うと、『まぁ、あと1年半くらいで生え変わるし、治療せずに、
  このままでもいいかなぁ~』とは思っています。
  
  幼稚園に入る前は、『進行止めで前歯が黒いから、いじめられたりしないかな』
  と、心配したこともありましたが、あまり色々気にしない性格なのか、本人から
  虫歯のことを他人から言われて悩んでいるというような話は聞いたことない
  ので、『まぁ、本人が気にしてないならいいかな』と思ってます。

  しかし、やっぱり前歯が黒いのは目立つようで、送り迎えの時などで一緒に
  いる時に、他のお友達から、「なんで歯が黒いの~?」って、時々、
  聞かれますし、初めて会った大人の人からも聞かれることがあるので、
  『やっぱり、みんな気になるんだなぁ』とは思います。

  大人に関しては、進行止めの話をすれば、特にそれ以上は聞いてきませんし、
  子どもに関しては、「歯磨きをちゃんとしないと、虫歯でこういう風になるんだよ」
  って話すと、顔を凍りつかせながら、真剣に話をきいてくれます(笑)

いぶきの前歯2020
↑ こちらが今の前歯の状態。


進行止め1
↑ こちらは3年前、進行止めの2回目を塗った後の状態。


比べてみると、現在の方が歯が若干、黄ばんでますが・・・(゚д゚)、
進行止めの黒さはあまり変わらない感じかな???
(いぶきの歯のことよりも、いぶきのお肌&私の指が、3年前の
 写真と比べて、潤いがなくなり、老化していることが気になる・・・苦笑)

引き続き、歯医者の検診を受けつつ、様子見したいと思います。
でも、幼稚園に入ってから、歯磨きをまともにできるようになってきたのは、
大きな成長ですね.゚+.(・∀・)゚+.仕上げ磨きもさせてくれるようになったし!!


<火傷のこと>

続いて、両足火傷の状態ですが、こちらも写真で状態を見てもらった
方がわかりやすいかな??

いぶきの火傷2020.3.

こんな感じで、ボコボコ&シワシワしてますが、皮膚移植した所の
色としては、茶色がかった肌色で、今のところひきつれとかも起きてない
ので、多分、順調に成長している方だと思います。

足の爪も、ちゃんと成長するのか心配でしたが、足の指の大きさに
合わせて、爪の大きさも発達しているので、大丈夫そうです。

でもやっぱり、皮膚移植した所は、シワシワしているせいか、
皮膚が薄いような気がして、ちょっと心配になる時もあります。


<最近の二人の様子>

さてさて、これは全国、どこのご家庭でも問題になっているのではないかと
思うのですが、新型コロナウィルスの影響で、学校が臨時休校になりましたね。
幼稚園も自由登園(登園してもしなくてもよいが、できれば家庭保育をして
もらえるとありがたいとのこと)になりました。
3月~4月のはじめまでお休み。。。1カ月以上あるので、長いですね。。。

正直、仕事を始めたので、あかりには児童館へ、いぶきは登園してもらいたい
気持ちもあるのですが、いぶきは持病があるので、二人ともお家で過ごし、
パパが休みだったり、実家で預かってもらえる日にだけ仕事を入れるという
感じで、私の仕事をセーブしつつ、家庭保育をするという選択をすることに
しました。

まぁ、家庭保育をしたからといって、コロナウィルスに感染しないということは
ないですが、家庭保育を選択することが、何かあった時に一番後悔しない
選択かなぁと思って決めました。

・・・とはいえ、家で一日中、子どもと過ごすのって、結構、大変で。。。
もうすでに心が折れそうです(笑)。
部屋の中はおもちゃが散乱しているし、どうでもいいことでケンカが勃発
するし、家の中を走り回るので、容赦なくぶつかってくるし。。。( ノД`)
次から次に要望も入るので、ワタワタしながら過ごしてますΣ(´Д`lll)エエ!!

昨日は突然、「お昼は庭でピクニックしながら食べたい」とか、あかりが
言い出したので、みんなでおにぎり握って、ピクニック気分で、庭でご飯を
食べてみたのですが、後片付けなど、やっぱり大変でしたヽ( ̄д ̄;)ノ

庭でピクニック2020
↑ 右上のドラえもんのチップがたくさん入っているのが、いぶきの
  おにぎりで、その隣にあるチップが一つしか入ってない2つのおにぎり
  は、あかりのおにぎり。おにぎりといえど、個性が出てますね・・・
  2人で卵焼きも焼いてくれました☆卵を誰が割るかという争奪戦を
  していて、モメながら作ってましたが、何とかできて良かったです。


実は、庭でピクニックは、2年くらい前にもやったのですが、お昼を食べ
ながら、ふと見ると、鳥の羽が大量に落ちていて・・・( ゚Д゚)!!
(おそらく近所のネコに食い荒らされた残骸)
慌てて、子ども達を家に入れてから、庭に埋めたという出来事があった
のですが、あかりはそれをよく覚えていて、昨日もその話をしながら
おにぎりを食べていました・・・(汗)。もう忘れてくれ~~~( ノД`)
  
これで、あかりの1年生&いぶきの年少さんとしての1年が終わりますが、
本当にこの一年で二人とも成長したなぁと実感します☆

1年前は、あかりはかなりのお寝坊さんで、8時近くに起きていたのに、
今は7時前には起きて、7時半過ぎには登校しているし、お勉強も
漢字の読み書きや、二桁の計算ができるようになったり、苦手だった
縄跳びも何とか飛べるようになって、コマ回しまでできるようになりました!
(私はコマ回しできない・・・Σ(´Д`*))

学校で色々と教えてくれ、お友達とも切磋琢磨してできるようになった
みたいで、最後の参観で、クラス全員が縄跳び&コマ回しができていて、
上手な子達は色々な技も見せてくれて、ビックリしました!!

いぶきも同様に、この一年でとても成長しました。
何しろ、一年前はオムツは取れていないし、スプーンなど使わずに
手で食べてたし、好き嫌いは多いし、歯ブラシは噛みまくって、歯磨きに
手こずるし、ジッとしていられず、どこかに逃走するし。。。(T_T)
もはや不安要素しかない状態での入園でした。
(勿論、持病とかの心配もありましたが、本人の性格上の心配の方が
大きかったです・・・苦笑)

それが今では、普通にトイレに行けるようになり、まだ練習中では
ありますが、一応、お箸も使うようになってきて、野菜も少しずつ食べられる
ものが増えてきましたし、歯磨きも幼稚園で歯磨きチャンピオンになれるよう
頑張ってやっています。
入園式では、机の下に立てこもってみたり、最初の参観日では一人だけ
グルグルとひたすら回転しており、「この子、大丈夫かな???!」
と、不安になりましたが、イスに座って、みんなと同じことができるように
なってきました。機嫌のよい時は、歌やお遊戯を披露してくれるように
なり、だいぶまともな(笑)幼稚園児らしくなってきました。

2人とも本当に1年間で、色々な事ができるようになったので、こどもの
成長速度って、スゴイ早いなぁって、今更ながら感心しますw( ̄o ̄)w
私は気づいたら、一か月が終わり、一年が終わり・・・って状態で、
成長を感じられない一年を過ごしておりますが。。。○| ̄|_

コロナウィルス対策で、家庭保育するのも大変ですが、せっかくの
外出できないお休みなので、家の中でできることや、家事スキル
など、子ども達にとって(私にとっても)プラスになるような体験や
時間の過ごし方が出来ればいいなぁ・・・とひそかに思ってます。
子ども達が在宅している一か月、大変そうですが頑張りましょう!!

あれ?1月が、もう終わりそう・・・(2020年1月の通院結果報告)

こんばんわ☆
1月も残り1日です!!正確に言うと、あと1時間半です!!
2020年が始まったと思いきや、もう1カ月が終わろうとしている。。。

え???私、今月、いったい何してたんだ???!
大人になると、時間経過が早くなると言いますが、早すぎじゃない?

この一か月・・・
『髪の毛が薄くなってきた!!ヤバイ!!
女性特有の”びまん性脱毛症”ってやつだ!!
 絶対、ハウス内で一日中、紫外線を浴びまくっている影響で、
髪の毛が傷んで、細くなってきたからだーーー((((;゚Д゚)))))))!!
 髪の毛が抜ける量が、半端ねぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!』

と、狂ったように”びまん性脱毛症”のことや、女性専用の育毛剤や
育毛サプリメントのことを調べまくっていたら、気づいたら、一か月が
終ってしまったきがする・・・(汗)。

とりあえず栄養をしっかり取ることや、睡眠をしっかりとること、ストレスを
溜めないこととかが大事らしい。。。

最近は、ムダにワカメを大量に料理に入れてみたり、なるべく栄養バランスを
考えて料理してみてるけど、このブログを夜中に書いている時点で、
夜更かししてるので、睡眠という面では、間違いなく落第点でしょう。。。

ん???なんのブログだコレ???!育毛ブログかっ?!
話が脱線しすぎました。。。ごめんなさい。。。
恐竜ペーパークラフト
↑ いぶきが最近ハマっている、恐竜のペーパークラフト。
   お年玉に図書カードをいただいたので、本屋に行ったら、
   1時間以上、悩みぬいて買ってきたのがこの本。。。(↓)
   切りこみが入っており、手でパーツを抜き取れるように
   なっているので、すぐに組み立てられます☆


新 りったい恐竜館 (小学館の図鑑NEOのクラフトぶっく)

新品価格
¥1,045から
(2020/1/30 01:06時点)





さてさて、今月は小児外科と総合小児科の受診がありました。
小児外科・総合小児科ともに、特に変化なく、安定した状態との
ことで、とりあえず現状維持できているようで良かったです!

ただ、鼻風邪を少しひいていたせいか、CRPが若干、高くなって
いましたが、気にするほどの値ではないとのことでした。
風邪気味でも数値がUPするとは。。。血液検査は何でもお見通し!!

また、今回は4月中旬に造影CTの検査予約を入れたので、
少し時間がかかりました。

前回(2019年4月)の造影CTは、確か、内視鏡検査入院と併せて
行ったのですが、病室で眠らせ、そのまま搬送されて検査し、
また病室へ戻り、自然に起きるまで眠ったまま・・・という感じで行い、
何か困ったことがあれば病棟の看護師さんに助けてもらったりもして、
とても付き添いがラクでしたヾ(o´∀`o)ノ

しかし今回は外来で、私、一人で付き添い対応しなきゃかなぁ・・・
と思うと、正直、気が滅入りますw( ̄o ̄)w
どうせまた、ちっちゃい酔っ払いオジサン状態になり、酩酊状態で
フラフラしながらも、ブロック遊びするんだろうなぁと思うと、ゾッとします。
パパ、もしくはジジババのどちらかに一緒について来てもらおうかな。。。

次回の造影CT検査に対して、不安はあるものの、次回の通院が
小児外科&総合小児ともに3か月後で良いという話になったのは
ありがたかったです+゚。*(*´∀`*)*。゚+

そして次回の通院までの間の3か月分の薬を出して貰ったのですが・・・


薬5種類90日分

この薬の量!!
レジ袋に薬がパンパンに詰まってます(笑)!!
5種類の薬が90日分入ってます!

薬の種類によって、1日1~3回、飲む回数は異なりますが、
何袋くらいあるのか計算すると、
90日×3回/日×1種類 + 90日×2回/日×3種類 + 
90日×1回/日×1種類  = 900袋 !!
マジか~~~(笑)!!改めて計算するとスゴイ数だ。。。

小袋が1日分ずつ繋がっているのですが、毎日、使うたびに
切り離すのは面倒くさい&時間に追われている時とかイライラ
してしまうので、あらかじめ、全部切り離して使っています。

1個1個に切り離す作業を一気にやるのですが、この作業が
以前は本当に一苦労でした・・・(;д;)
(以前、使っていた薬局は、全部の袋が1連に繋がっていたので、
余計に大変でした!今の薬局では、1日分ごとに切り離した状態
で渡してくれるので、だいぶ切り離す手間が少なくなりましたが。。。)

しかし最近では、あかりが率先して、薬の切り離し作業をやってくれる
ため、私はやらずに済むので、本当にありがたいです(´∀`*;)ゞ

あかりは3歳くらいの頃から、いぶきの薬の切り離し作業を手伝って
くれてはいましたが、うまく切り離せず、破けて薬をこぼしてしまったり、
慎重にやりすぎて、時間がすごくかかってしまい、戦力外な時もあり
ましたが、さすがに最近では慣れたもので、薬の袋を手際よく、
失敗せずに、サッサと切り離して、作業を終わらせてくれます!!

本当に成長したなぁ!!と感じると共に、継続してお手伝いして貰って
いたことが実を結んで、立派な戦力になってくれ、ありがたいです☆

今では、あかりが薬の袋の切り離し作業をやっている姿を見て、
いぶきも一緒にやってくれているので(まだうまくできないし、集中力も
そんなに続かないので、たくさんはできませんが。。。(=∀=) )、
いずれは、いぶきが自分で自分の薬の管理ができるようになるかなぁ
と、期待しています(*´~`*) 

いぶき自身も、特に幼稚園に入ってから、薬を飲むことをしっかり意識
するようになったみたいで、薬を飲ませ忘れていると、自分から
「薬、のんでないよ~(゚д゚) 」と、教えてくれるようになりました。

未就園児として家にいた時は、
【私が飲ませていた
⇒いぶき自身は、やってもらって当たり前という受け身的な態度】
でしたが、
【幼稚園で昼食前に、薬を職員室へ飲みに行くようになった
⇒いぶき自身で、薬を飲みに行くという自ら行動する態度】
に変化したという成長が見られ、幼稚園で自分から行動する
ことを学ばせてくれ、本当にありがたいなぁと実感する日々です。

子ども達は、着実に成長しているなぁ~(*´∀`人 ♪

あかりの作品(木の実)

↑ あかりが小学校で作ってきた作品。
   木の実の雪だるまを作ったそうですが、こういうl細かい工作を
   できるようになったこと、可愛らしく見えるように工夫するように
   なったことなど、成長が感じられた作品でした(´ω`人)
   特に、小学生になってから作った工作は、幼稚園の頃と比べ、
   だいぶ難易度&完成度が高くなり、先生が色々な事に挑戦させ
   てくれていることが分かり、スキルアップさせてくれて、ありがたい
   なぁと思う日々です(((o(*゚▽゚*)o)))


ブログを書いていたら、あっという間に2月に突入しそうなので、
それではこの辺で。。。2月も楽しく元気に過ごせますように!!

総合小児科の受診(2019.10)&風邪の悪化により。。。

メリー・クリスマス☆
今年も無事にクリスマスを迎えられ、感謝感謝です(o‘∀‘o)*:◦♪
・・・とはいえ、あと1時間ほどでクリスマス終わっちゃうけど(=∀=)

20191225231312748.jpg

↑ 今年は、あかり作のあさがおリースを玄関先に飾りました!
   夏休み中、あさがおの観察の宿題で、咲いた花の数を
   必死で調べましたが、最終的にリースになって帰還しました☆
   リースとか。。。最近の小学生は、作るものがオシャレで感心します。
   色々、家からも細かい材料を持っていき、頑張って作ってくれました!


前回の記事で、書きそびれた内視鏡検査後の総合小児科受診について
書きたいと思います。

今回の受診も、いつも通り、触診と問診による経過観察で、特に異常なく
済んだのですが、今飲んでいる薬のことで、少し心配な話が出ました。

食前に飲んでいるインタールという薬があるのですが、それが1年後に
製造中止になるかもしれない???(需要が少なく、採算が合わない
という製薬会社側の都合と思われるとのこと)という話が出ました。

今のところ、好酸球性胃腸炎の病状は安定しているので、インタール
を飲まなくなったからと言って、劇的に悪くなることはないと思う
(インタール以外に飲んでいる他の2種類の薬での継続治療の予定)
とのことですが、ちょっと心配だなぁ。。。とも思っています。

医療とは言え、経済性も重要なので、仕方ないのかもしれませんが、
需要が少なくて終売になるかもしれないというのは、ちょっと複雑な
気分になりますね。。。(汗)

また、今更ながら、好酸球性胃腸炎の治療法についての確認をした
のですが、やはり外科治療は不可(腸を切除するとかしかできないけど、
腸を切除したらしたで、困った事態になってしまうので)なので、今後も、
内服薬と通院で定期的に病状を見ながら治療するしかないそうです。
う~~~ん。。。とりあえず、自分にできることと言えば、薬を毎日
飲ませるしかないということですね。。。(つω-`。)


それから、好酸球性鼻炎についても聞いてみました。
以前、耳鼻科を受診した際に、『好酸球性胃腸炎』の治療をしている
ことを話した際に、『好酸球性鼻炎』というものもあるという話を聞き、
好酸球が関係しているから、他の人よりかかりやすいとかあるのかな?
と、心配になったので、聞いてみました。

先生の話では、「好酸球性胃腸炎(食物など口から入るものが原因)
だからといって、好酸球性鼻炎(花粉など鼻から入るものが原因)になる
わけではない。 アレルギー性鼻炎のように個人の体質の問題」
との話を聞き、ホッとしました。
勿論、個人の体質の問題だから、好酸球性鼻炎になる可能性もなくは
ないのだけど、正直、鼻炎までは勘弁してほしい。。。(;д;)


無事に内視鏡入院&術後の定期通院も終えて、ホッとしたのも束の間、
数日後に突然・・・「耳が痛い!!」と大騒ぎ!!!
慌てて耳鼻科を受診したところ、中耳炎でした((((;゚Д゚)))))))!!

風邪が悪化して、色々な不具合が起こるかもしれないと覚悟はしていた
ものの。。。やっぱり実際に、困ったことが起こると動揺するし、やっぱり
体調悪い時に、無理して内視鏡検査受けさせたから、いぶきの体に
負担かかってたんだ。。。と、今更ながら反省。。。Σ(´Д`*)

あかりも中耳炎になったことなかったから、完全に初めての経験だった
のだけど、かなり耳が痛そうだった・・・

ちょうどパパが休み&あかりのプールの日だったので、パパにいぶきを
お願いして耳鼻科に連れて行ってもらい、処置&薬をもらってきました。

鼻水がうまくかめないことで、中耳炎になってしまったようです(゚д゚)!!
中耳炎って、耳を痛がってたから、耳自体に原因があるのかと思いきや、
まさかの鼻が原因とのことで、ビックリしました!!

とりあえず、鼻がうまくかめれば良いらしいのですが、いぶきは鼻をかませ
ようとしても出てこない(奥の方で詰まっているのを出せるほど、まだ鼻に
力が入らない)ので、毎日のように耳鼻科に通い、鼻吸いをしてもらい
ました。

いぶきは鼻吸いや鼻に棒を突っ込まれる治療が大嫌いなので、毎回、
大騒ぎしての治療で、病院連れて行くだけなのに、私の方がグッタリして
しまいました(苦笑)。

ちなみに、今現在、数日前から咳&鼻風邪をひいていたいぶきですが、
咳き込みすぎて吐くというほど、咳がひどい状態になってしまったので、
毎日、耳鼻科で鼻吸いしてもらってます((((;´・ω・`)))

物理的に鼻水を除去するので、すごい効果がある(夜、寝ている時とか
咳き込んでいたけど、あまり咳き込まなくなった)のですが、病院での
イヤイヤっぷりがひどくて、大泣きするいぶきと一緒に、私も泣きたく
なります。。。ホント、毎回、先生や看護師さん達にご迷惑をおかけ
していて、大変申し訳ない。。。

もう2019年も、残すところ1週間ほどなので、是非とも鼻風邪が治った
状態で、スッキリと新年をお迎えしたいのですが。。。w( ̄o ̄)w
早く風邪が治ることを願うばかりです!!では、皆様、良いお年を~☆


ウルトラマン達が干されてる

↑ 洗濯物を干す私の隣で、いぶきがウルトラマンたちを干していたの
   ですが、拷問にしか見えない状態で、ウルトラマンたち可哀想!
   来年も、いぶきの歪んだウルトラマン愛が発揮されることでしょう。。。
04 | 2020/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

さるぼぼくろみ

Author:さるぼぼくろみ
胆道閉鎖症の息子(3歳)と健常者の娘(6歳)を育てる32歳(♀)

庭&畑つきの中古住宅(築40年)で、子ども達の成長と季節を感じながら子育中。

農作業と創作活動(絵を描くetc)が好き。特技を生かしたお金儲けを思案中( ´艸`)。

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
胆道閉鎖症に関する情報
カテゴリの「胆道閉鎖症」を選択すると、胆道閉鎖症に関する記事のみ抽出されます。 私たち家族の闘病記にすぎませんが、何かお役に立てる情報が含まれていたら幸いです。2つめの記事『胆道閉鎖症の特徴、入院&手術、術後の状態』というタイトルの記事が一番しっかりとした内容になってます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク(胆道閉鎖症サイト)
胆道閉鎖症の情報を得るのにオススメのサイトです☆ 良かったらチェックしてみてください。
お買い物
ボランティア
世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン